heaven's candy -epilogue-







 春。街を渡る風にさえ、青葉と花の匂いが混じる、春。
 白い天蓋の幌が風にたなびき、遠い口上役の長台詞を時折さえぎって聞こえなくさせる。
 韻を踏んだ楽しい言葉の間に、湧き起こる喝采。掛け合いと応酬。手馴れたものだ。今日もジギスムンドは人々の前で、絶好調だ。
 トウマは、もう大分伸びた髪の毛を揺らしながら、ベンチに座って、丁寧に手袋をはめる。新調したばかりの皮の手袋だが、几帳面なカーネルが慣らしてくれているから、硬さも適度に解れている。
「トウマ、シメイさんから、手紙だ」
 そのカーネルが小さな紙片を手に、入り口から戻ってくる。
「『見てるから、がんばれ』だって」
「えー。来てるのかあ」
「みたいだね。リンドちゃんも一緒かな」
「こないだ終わった後で、怒られたよ。追い込みが甘いって。やだなあ、また怒られるのかなあ。わざわざこんな下町の興行にまで来なくていいのに」
 わきわきと左右の五本の指を動かし、それから立ち上がる。カーネルがすぐ、剣をつけてくれる。
「何言ってんのさ、今度お礼を届けなきゃ。よく鍛えてくれて助かるよ。トウマは本当に、図々しいくらい、末っ子体質だよねえ」
 ぽんぽん! と、丸っこい手が背中を叩く。おふくろさん役のカーネルの、いつもの合図だ。
 準備完了。
「連勝中だからって、油断しちゃだめだよ。君はすぐに怠け心が出るんだから」
「末っ子だからしょうがねえやな。赤毛だし、勉強は嫌いだし、おまけに女好きで――」
 トウマは、言いながら、仕合前に女達からやたらと届けられた贈り物の箱の脇を歩いた。立ち止まった先に、彼の、運命の相手がいる。
 彼がその性分の果てに出会ってしまった恐ろしい連れである。
 それは小さな少女の姿をしている。
 彼は、膝を折って跪く。全てに服従するように。
 黒い瞳のジョヴァンニーナは、身を屈めて、その額に、口づけをする。
 瞬間。力が漲り、感覚が迸る。音を立てて世界は拡大し、全ての雑音が遠ざけられて、一瞬、世界に二人だけになる。
 さざ波のように広がる知覚の縁がどこまで伸びて行ったか、もう確かめる術もない。
 こうして、毎日二人は自分の未来を決定する。
 こうして、二人は互いの宿命を狂わせ合い、一層複雑に関与し合う。
 硬く結び合えば結び合うほど、破滅の危険は大きくなると了解しながら、今日も、二人はそれを選ぶ。もう誰に愚痴を言うこともなく。
「ファンプのおっさんは領地で死ぬまで蟄居だそうだが……俺もきっと、ろくな死に方はしないやね」
 トウマが独白の続きを呟くが、ニーナは別に否定したりしない。きょろりと大きな目であっさりと笑う。
「そうですね」
 恐怖も躊躇もない。善悪の別もない。びっくりするくらい、彼女は何も止めない。彼女は押すだけだ。ただひたすら。
 トウマは今日もそれが怖い。身が震えるくらいに恐ろしい。それでも指輪に唇を押し当て、そして彼女の手を取った。
 トウマは、あまり頭がよくないけれど、それが一般に勇気と呼ばれるものなのだと、最近、なんとなく理解した。


 人々の熱気と歓声が少しずつ近づいてくる。
 こうしてまた、後戻りできない時へと足を踏み入れる。
 一つ一つ、重荷を積み上げていく。
 怖くて、だるくて、嫌だけれど、そうしていいのだから。それこそが、生きるということだから。
 二人は手を取り合って、戦いの場へと踏み出した。
 感覚が満ちたりているもので、どこにシメイとリンドがいるか、すぐ分かる。
 口上はちょうどクライマックスで、ジギスムンドは現れた二人を、張りのある大声で観客に紹介した。




 さあ、皆様、覚悟はよろしいか?!
 彼らはある日、偶然に橋の上で出会い、ここへたどりついた。
 たとえあなたが知らないと言っても、
 この瞬間にも彼らはあなたを変えてゆく!
 神の導き手。純真無垢の、恐怖のニーナ!
 そして。
 その友連れとなった、我らが赤毛の友人。
 強運で不運な、トウマ・リーダス!




 それぞれが星のように輝く色とりどりのあめだまが、一斉にきらきらと瞬いて彼らを出迎えた。





=了=




<< 戻る 目次 >>
heavens' candy