更新情報 2019/3/22

【集会のお知らせ】
「さよなら戦争さよなら原発市民のつどい」の情報を掲載しました。ぜひ広めてください!
署名収集状況
「原発・核燃・プルトニウム利用の中止を求めます」


20,288筆に到達! (2019.3.1現在)

引き続きご協力をお願いします!
署名の詳細は「さよなら原発’19関西アクション」のセクションのすぐ下に掲載しています。署名用紙およびカラーリーフレットもダウンロードできます


さよなら戦争 さよなら原発 市民のつどい


画像クリックでダウンロード
518日(土)
枚方市民会館 小ホール


DVD上映
「終のすみかを奪われて―福島原発被害東京訴訟―」
「もんじゅ 問われている叡智&明かされた真実」ダイジェスト版より

お話
アーサー・ビナード(詩人・絵本作家 「ドームがたり」など)
    「子どもたちに平和な未来を!」

うた
アカリトバリ
  ふるさと福島への想いをうたで

★喫茶・チャリティバザーあり

主催:自然環境センター&ストップ・ザ・もんじゅ
共催:脱原発政策実現全国ネットワーク・関西ブロック
    北河内平和人権センター
    平和で豊かな枚方を市民みんなで作る会



画像クリックでダウンロード
(約3.6MB)

39日(土)、13:00開場/13:30開演
エルおおさか 大ホール


※終了しました。
会場には700名もの方に足を運んでいただきました。
集会後のデモには、さらに100分増えて800人が参加しました!
講師の吉原毅さん、澤井正子さん、アピールをいただいた菅野みずえさん、素晴らしい歌声とトークを披露してくれたカテリーナ・グジーさん、スタッフ・関係者の皆さん、そして当日参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。

実施中! 署名「原発・核燃・プルトニウム利用の中止を求めます」


署名用紙
画像クリックでダウンロード
(約260KB)

昨年8月末より、「原発・核燃・プルトニウム利用をの中止を求めます」という大きな全国署名を展開しています。

核燃料サイクル政策の問題をわかりやすく解説したカラーリーフレット(A3サイズ・二つ折り)も作りました。現在、カラーリーフ第2弾を構想中です。

署名用紙は、できれば各自でコピーしてご使用いただきたいのですが、大量に必要ならば、こちらも一緒に送ります。
6万分の制作費用は事務局で負担しましたが、今後さらに増刷したいので、できれば「送料プラスいくらかのカンパ」をいただけるとありがたいです。

大変な危機感をもって、全力投球しています。是非、力を合わせて頑張りましょう!!

署名事務局 ストップ・ザ・もんじゅ
池島



期日 第一次集約:2018.11.20
第二次集約:2019.5.31
集約先 ストップ・ザ・もんじゅ
  573-0028 大阪府枚方市川原町 1-5
  TEL 072-843-1904 fax 072-843-6807
  E-mail stopthemonju☆sannet.ne.jp
   (☆を@に変えてください)
原子力資料情報室
  〒164-0011 東京都中野区中央2-48-4
  小倉(おぐら)ビル1階
  TEL 03-6821-3211 FAX 03-5358-9791
  E-mail cnic☆nifty.com
   (☆を@に変えてください

原子力資料情報室の住所は新住所に変更してあります。ご留意ください。
                          
           カンパにご協力を!
ゆうちょ口座 00950-2-119556
     名義 ストップ・ザ・もんじゅ
  【注】署名カンパと明記して下さい。


原発・核燃サイクルの問題点を
解説するカラーリーフレット

画像クリックでダウンロード
(約4MB)

※本リーフレットの制作には、アクト・ビヨンド・トラストの2018年度助成を受けています。

止めよう核燃料サイクル政策
省庁 vs 議員と市民の院内集会


画像クリックでダウンロード
(約220KB)

’18 11/30 (金) 13:00開場/13:20開演
衆議院第二議員会館 多目的会議室(1F)


※終了しました
窓口になっていただいた阿部知子議員事務所さま、その他ご協力いただいた皆様、そしてご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。


【主催】 脱原発政策実現全国ネットワーク
【共催】 ストップ・ザ・もんじゅ tel/fax 072-843-1904
【協力】 超党派国会議員連盟原発ゼロの会 
        事務局:阿部知子
      原子力資料情報室

原発も核燃もいらん! 戦争いやや! ’18 関西集会


画像クリックでダウンロード
(約780KB)

日時】1124日(土) 11:30開場/12:00開演
【場所】
守口エナジーホール
    *京阪・守口市駅「東口」から
徒歩2分

※終了しました
120名の参加となり、ライマンさんの講演後は質疑応答も活発になされ、MOX・プルサーマル政策の問題に対する理解が深まったと思います。
ご協力いただいた皆様、ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。

講演(エドウィン・ライマン氏の来日)についてはアクト・ビヨンド・トラストの2018年度助成金を受けています。

6.1 緊急集会のお知らせ
   原発ゼロ基本法の成立を!市民と野党の共同アクション

↑画像クリックでチラシダウンロード
61日(金) 18:45~21:00
大阪ドーンセンター 1F
    パフォーマンススペース


※終了しました

野党議員と多くの市民の間で活発な議論ができ、成立に向けて非常に力強い動きが生まれました。
御参加された皆さま、ありがとうございました。

止めよう核燃料サイクル政策 省庁VS議員と市民の院内集会

↑画像クリックで
チラシをダウンロード

【日時】2018年68日(金)
     1:00開場/1:20開演
【場所】議員会館(未定・決定し次第更新いたします)

※終了しました

およそ100名の参加者となり、省庁と有意義な議論をすることができました。また、前半部の講師・渡辺謙一さんには、非常に貴重な写真を用いながらお話し頂き、再処理がいかに長期間にわたる放射能汚染・健康被害をもたらすのかが肌でわかる内容となりました。
講師の渡辺さん、窓口になって下さった阿部知子議員および事務所の皆さま、パネリストの皆さま、スタッフの皆さん、そして御参加された皆さま、本当にありがとうございました。


止めよう核燃料サイクル政策 プルトニウム利用はごめんだ 関西集会

↑画像クリックで
チラシをダウンロード

【日時】2018年610日(日) 1:00開場
【場所】國民会館大ホール

※終了しました

およそ160名の参加となり、講演後も非常に活発な質疑応答が行われました。東京での集会同様、講師の渡辺さんには貴重な写真を用いて非常に危機迫るお話を伺うことができました。米国の再処理現場で起きた(そして現在も続いている・この先も長期間続く)深刻な放射能がフランスでも露わになってきている。それを直視すれば、日本で再処理をしたらその先どうなるのかは明確になる・・・それを肌で感じるお話でした。
講師の渡辺さん、集会実現をご支援下さった皆さま、スタッフの皆さん、そして開場にお越し頂いた皆さま、本当にありがとうございました。


(←PDFへリンク)

台湾が原発全廃へ 福島第一事故受け、25年までに停止(朝日新聞2016年10月22日)
台湾の蔡英文政権が2025年に「原発ゼロ」にすると閣議決定

原発の安全神話は崩壊しました。
日本中の原発の再稼働を止め
このまま原発のない日本に進みましょう。
意見広告、御協力いただいた皆様ありがとうございました。
2016/10/30意見広告毎日新聞朝刊全国版に掲載

2015/2/21福井新聞再稼働反対意見広告
に掲載
2014/8/23意見広告朝日新聞朝刊(大阪本社版)に掲載
2012/2/25意見広告朝日新聞朝刊(大阪本社版)に掲載
東京を襲った「見えない雲」
特別寄稿 自治体に落ちる原発からの税収入 「浜岡廃炉の影響評価」