更新情報 2018/10/19

【院内ヒアリング集会のお知らせ】
「止めよう核燃料サイクル政策」省庁vs議員と市民の院内集会の開催情報を追加しました。
ご確認の上、ぜひ広めてください!

【秋の集会のお知らせ!】
原発も核燃もいらん!戦争いやや! '18 関西集会の開催情報を追加しました。ぜひ広めてください!

止めよう核燃料サイクル政策
省庁 vs 議員と市民の院内集会


画像クリックでダウンロード
(約220KB)
’18 11/30 (金) 13:00開場/13:20開演
衆議院第二議員会館 多目的会議室(1F)


米・英・仏等、核大国がみなプルトニウムや核のごみを持て余し、核燃料サイクルから手を引いていく中で、なぜ日本の安倍政権はプルトニウム利用を続けようとするのか。次々と起きる天災は次なる大惨事の予兆です。一刻も早くこの超無駄で超危険な核燃料サイクルを中止させるため、米国からのプルトニウム削減要請を機に、省庁との議論の場が重要だと思います。
当たり前の日々の暮らしが不安と絶望の時代とならぬよう、ぜひ共に政策の変更を迫りましょう。多数のご参加をお待ちしています。


第一部 前段集会 13:20~14:20
・DVD上映
エドウィン・ライマン(米・憂慮する科学者同盟)講演録より
「プルトニウム利用を止めるために」

・講演
西尾漠(原子力資料情報室共同代表)
「核燃料サイクルの破綻」

第二部 ヒアリング集会
14:30~16:30
 I. 新高速炉計画の検証
 II. プルトニウム利用と処分
 会場質疑(10分)
 署名提出(全国各地より)
 III. 六ヶ所・東海村の再処理工場について
 IV. 核燃料サイクル政策総事業費について
 会場質疑(10分)

省庁 原子力委員会、経済産業省、原子力規制庁、文科省 要請中
パネラー 議員(予定) 阿部知子(立憲)、菅直人(立憲)、山本太郎(自由)、福島みずほ(社民)
辰巳孝太郎(共産)、近藤昭一(立憲)、川田龍平(立憲) 
市民 西尾漠(東京)、山田清彦(青森)、中嶌哲演(福井)
宮崎寛(京都)、池島芙紀子(大阪)


【主催】 脱原発政策実現全国ネットワーク
【共催】 ストップ・ザ・もんじゅ tel/fax 072-843-1904
【協力】 超党派国会議員連盟原発ゼロの会 
        事務局:阿部知子
      原子力資料情報室

原発も核燃もいらん! 戦争いやや!
’18 関西集会


画像クリックでダウンロード
(約780KB)
迫りくる南海トラフ巨大地震・大津波・火山噴火。一刻も早く原発も核燃サイクルも止めなくては日本は破滅です。
恐ろしい高レベル廃液663㎥も全国の使用済み核燃料18000トンも冷却できなくなれば、一巻の終わり。
世界から核疑惑の目で見られている猛毒のプルトニウム47トンも、再処理を続ければ更に増えます。この国の未来を奪う大きな危機に、力を合わせてNO!と叫ぼう。ぜひ多くの参加を!

【日時】1124日(土) 11:30開場/12:00開演
【場所】守口エナジーホール
    *京阪・守口市駅「東口」から徒歩2分
      アクセス:  
       http://moriguchi-bunka.life.coocan.jp/topenergy.htm

【チケット】
(高校生以下無料) 前売 当日
一般 1000 1300
避難者・障碍者・学生 700 1000


★12:00~
映画『フクシマ後の世界』(監督・渡辺謙一、2012年、77分)

●アピール
服部良一(社民党大阪府連代表、元衆議院議員)
下澤陽子(Go West, Come West!!!、東京から神戸への避難者)

★14:00~
講演 エドウィン・ライマン(米・憂慮する科学者同盟)
    「プルトニウム利用を止めるために」

講演 マシオン恵美香(ベクレルフリー北海道代表)
    「どうする 核のごみ問題」

●音楽 川口眞由美

主催:脱原発政策実現全国ネットワーク 関西・福井ブロック
    連絡先:ストップ・ザ・もんじゅ
         TEL 072-843-1904 / FAX 072-843-6807
共催:大阪平和人権センター
    原発反対福井県民会議
協賛:「しないさせない!戦争協力」関西ネットワーク
    核のごみキャンペーン関西
    緑の大阪

※講演(エドウィン・ライマン氏の来日)についてはアクト・ビヨンド・トラストの2018年度助成金を受けています。

いよいよ、
新署名
「原発・核燃・プルトニウム利用を止めて下さい」
のスタート!

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
★★★★★★★★★訂正とお詫び★★★★★★★★★
アップロードした署名用紙に誤植がございました。以下、訂正してお詫びいたします。
なお、下の画像クリックでダウンロードできる分についてはすでに訂正済みです。
訂正箇所 ×
原子力資料情報室の住所 住吉町-5曙コーポ2F 住吉町8-5 曙橋コーポ2F B
原子力資料情報室の電話番号 03-3357-3801 03-3357-3800
ストップ・ザ・もんじゅのメールアドレス stopthemonjyu@sannet.ne.jp stopthemonju@sannet.ne.jp
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


署名用紙
画像クリックでダウンロード
(約260KB)
全国の皆さん、
猛暑の夏もようやく峠を越えてしのぎやすくなりましたが、いろいろな災害もあり、いかがお過ごしでしたか。
さて、久しぶりに「原発・核燃・プルトニウム利用を止めて下さい」という大きな全国署名を開始することになりました。
昨年より何度も会議で検討し準備を進めてきましたが、いよいよ8月末にスタートします。
是非とも、ご協力のほど、お願いいたします!

核燃料サイクル政策の問題をわかりやすく解説したカラーリーフレット(A3サイズ・二つ折り)も作りました。必要部数をぜひご連絡ください。このカラーリーフレットと署名用紙を6万部ずつ制作しました。

署名用紙は、できれば各自でコピーしてご使用いただきたいのですが、大量に必要ならば、こちらも一緒に送ります。
6万分の制作費用は事務局で負担しましたが、今後さらに増刷したいので、できれば「送料プラスいくらかのカンパ」をいただけるとありがたいです。

大変な危機感をもって、全力投球しています。
是非、力を合わせて頑張りましょう!!


署名事務局 ストップ・ザ・もんじゅ
池島

期日 第一次集約:2018.11.20
第二次集約:2019.5.31
集約先 ストップ・ザ・もんじゅ
  573-0028 大阪府枚方市川原町 1-5
  TEL 072-843-1904 fax 072-843-6807
  E-mail stopthemonju☆sannet.ne.jp
   (☆を@に変えてください)
原子力資料情報室
  162-0065 東京都新宿区住吉町8-5曙橋コーポ2F B
  TEL 03-3357-3800 FAX 03-3357-3801
  E-mail cnic☆nifty.com
   (☆を@に変えてください


原発・核燃サイクルの問題点を
解説するカラーリーフレット

画像クリックでダウンロード
(約4MB)

※本リーフレットの制作には、アクト・ビヨンド・トラストの2018年度助成を受けています。
カンパにご協力を!
ゆうちょ口座 00950-2-119556
     名義 ストップ・ザ・もんじゅ
  【注】署名カンパと明記して下さい。

6.1 緊急集会のお知らせ
   原発ゼロ基本法の成立を!
   市民と野党の共同アクション

↑画像クリックでチラシダウンロード
61日(金) 18:45~21:00
大阪ドーンセンター 1F
    パフォーマンススペース


※終了しました

野党議員と多くの市民の間で活発な議論ができ、成立に向けて非常に力強い動きが生まれました。
御参加された皆さま、ありがとうございました。

止めよう核燃料サイクル政策 省庁VS議員と市民の院内集会

↑画像クリックで
チラシをダウンロード

【日時】2018年68日(金)
     1:00開場/1:20開演
【場所】議員会館(未定・決定し次第更新いたします)

※終了しました

およそ100名の参加者となり、省庁と有意義な議論をすることができました。また、前半部の講師・渡辺謙一さんには、非常に貴重な写真を用いながらお話し頂き、再処理がいかに長期間にわたる放射能汚染・健康被害をもたらすのかが肌でわかる内容となりました。
講師の渡辺さん、窓口になって下さった阿部知子議員および事務所の皆さま、パネリストの皆さま、スタッフの皆さん、そして御参加された皆さま、本当にありがとうございました。


止めよう核燃料サイクル政策 プルトニウム利用はごめんだ 関西集会

↑画像クリックで
チラシをダウンロード

【日時】2018年610日(日) 1:00開場
【場所】國民会館大ホール

※終了しました

およそ160名の参加となり、講演後も非常に活発な質疑応答が行われました。東京での集会同様、講師の渡辺さんには貴重な写真を用いて非常に危機迫るお話を伺うことができました。米国の再処理現場で起きた(そして現在も続いている・この先も長期間続く)深刻な放射能がフランスでも露わになってきている。それを直視すれば、日本で再処理をしたらその先どうなるのかは明確になる・・・それを肌で感じるお話でした。
講師の渡辺さん、集会実現をご支援下さった皆さま、スタッフの皆さん、そして開場にお越し頂いた皆さま、本当にありがとうございました。


(←PDFへリンク)

台湾が原発全廃へ 福島第一事故受け、25年までに停止(朝日新聞2016年10月22日)
台湾の蔡英文政権が2025年に「原発ゼロ」にすると閣議決定

原発の安全神話は崩壊しました。
日本中の原発の再稼働を止め
このまま原発のない日本に進みましょう。
意見広告、御協力いただいた皆様ありがとうございました。
2016/10/30意見広告毎日新聞朝刊全国版に掲載

2015/2/21福井新聞再稼働反対意見広告
に掲載
2014/8/23意見広告朝日新聞朝刊(大阪本社版)に掲載
2012/2/25意見広告朝日新聞朝刊(大阪本社版)に掲載
東京を襲った「見えない雲」
特別寄稿 自治体に落ちる原発からの税収入 「浜岡廃炉の影響評価」