[an error occurred while processing this directive]

ペットの運動不足(肥満)解消 犬専用ランニングマシン(歩行器・ルームランナー・トレッドミル)「犬の散歩道」PAT No.3797647でトレーニング 
English Page here 

特許番号3797647

Google
 

獣医学部での運動効果データ第一回 約1カ月の運動で体重は最高約-14%平均約-8%、安静時心拍数は最高約-16%平均約-13%(平均時速5.5km/h、運動時間10分、運動回数2回/日)今回、実験に協力してもらった犬は肥満犬ではなかったので、肥満犬での運動効果はもっと大きいと考えられます。※データ更新有り次第アップします。 

市販ランニングマシンを人・犬兼用にする改造受注開始しました。詳しくはこちらへ

中古品情報

このコンテンツは著作権法並びに国際条約により保護されています。 注意事項をお読みください。

投資家の皆様、ライセンス生産、業務提携ご希望の皆様へ

各項目をクリックすると説明ページへジャンプできます。


製造発売元 有限会社スナガインパルス 足利商工会議所 会員番号250287  

※機種は小型犬用、中型犬用、大型犬用(各家庭用と業務用スタンダードタイプorデラックスタイプ)がございます。家庭でのペットトレーニング機器として、またスポーツセンター、ペットショップ、ぺットサロンやペットホテル、動物病院などのペット運動ビジネス機器として

問合せ・資料請求はこちら 


 近年、犬の飼育数は約1,000万匹(平成9年ペットフード工業会調べ)ともいわれ、 犬の肥満を起因とする病気も増加しております。犬のダイエットは人間と同様に食事量法、運動などで対処しますが、 特に運動は飼い主にとって大変な負担となります。また、散歩代行は1回約1,500〜2,500円と言われております。多く の飼い主の方から、省スペースな専用ランニングマシンのニーズも高まってきました。このようなニーズに対応し、 室内で手軽に運動させる事のできる待望の犬専用のランニングマシンが「犬の散歩道」です。 

本製品の特徴 Topへ

注意 運動させる前に水を飲ませて下さい。また、運動の途中での水休憩も必ず取って下さい。 


肥満 ダイエット 予防 Topへ

人の肥満は万病のもとといわれておりますが、ペットの飽食、運動不足が問題の今、犬や猫の約30パーセントが肥満といわれております。
※10%〜15%の体重増加で体に悪影響が出てきます。

肥満の犬にはぜひともダイエットが必要です。ダイエットの二大要素は、食事改善と運動です。太った犬の運動は、心臓や肺に負担がかかり難しいので、いままでは食事改善をしてから運動へ移っていましたが、犬用ランニングマシン「犬の散歩道」は運動の負荷と量をコントロールできますので、食事改善と運動を並行して行えます。

※自分でもできないダイエット、ペットだって大変です。気長に行きましょうね

肥満度は触ってチェック 判断の基準は背骨とろっ骨(あばら骨)です。理想的な体形をしていると、さわったときに背骨やろっ骨の感触がわかります。ろっ骨がうきあがって見えるほどではやせすぎですが、反対にさわっても背骨やろっ骨の位置がうっすらとしか感じられないようでは太りぎみ。骨の位置がぜんぜんわからなくて、指で脂肪がつまめるようなら完全に太り過ぎです。
※その種の標準体重を知るり日々体重を計測する習慣をつけよう。
肥満を起因とする病気(おもなものを抜粋) ?@ 心臓病やある種の高血圧(約74%の発生率増加)
?A 呼吸器病
?B 糖尿病
?C 肝臓病(脂肪肝)
?D 便秘
?E 足、腰の無理による関節炎、椎間板ヘルニア(約57%の発生率増加)
?F 腫瘍(癌)など(約50%の発生率増加)
?G 皮膚病になりやすくなる。
?H 難産 
なぜ肥満に 入るカロリー量(食事によって摂取するカロリー量)と出るカロリー量(運動などで消費するカロリー量)のバランスによって体重の増減が起こります。そして、犬の習性として、食べられるだけ胃につめこむ習性があります。ペットを甘やかす飼い主のもとではつい食事量が増加傾向にある事に対して運動不足で消費するカロリーが少ない事が大きな原因と思われます。
?@ 原因(肥満の原因は一に食べ過ぎ、二に運動不足、三にストレスである。)
ダイエットの方法

ア) 食事(ドライタイプのフードが適している。)
当初は栄養バランスの良い食事(脂肪分の少ない)を適正量与えます(食事は除々に減らしていきます)。それでも長期間(3カ月以上)効果がない場合は減量食や肥満予防食などのドックフードで体重調整をする。
イ) 運動
定期的に散歩、ランニングマシン運動を行えば、新陳代謝もよくなり、ストレスも解消される。結果、食欲も適正になってきて、過食傾向も収まってくる。

ウ) ダイエットの注意事項
?@ 成長期の食事減量は厳禁、必要な運動
特に減量食は禁忌です。成長不良を起こし様々な病気の原因になります。減量は、成長期が終わってからゆっくりとおこなってください。それよりも運動量を増やして下さい。
?A 肥満が解消されない場合
獣医師の指導を受ける。肥満がひどいときには、市販のフードではなかなか効果がありません。獣医師は、その犬の理想体重を算出して、その犬向けのダイエット法を指導して、ダイエット食を処方してくれます。
減量も、一歩間違えれば大変なことになります。是非動物病院に相談する事をお勧めします

肥満の予防方法(贅沢はさせない)

ア) 適正で良質な食事(一般食でうまくいかない場合には、減量食を使います。)

イ) 日々の運動(適正運動が無理なくできる「犬の散歩道」が効果的です。)
運動量を増やすことによって満腹中枢が刺激されて少ない量の食事でも満腹感が得られるようになります。また消化管運動も活発になりきちっと消化吸収が出来るようになります。注意 運動させる前に水を飲ませて下さい。また、運動の途中での水休憩も必ず取って下さい。
<正常な状態>
◎ 体温  子犬:38.5〜39.0℃、成犬:37.5〜38.5℃℃
◎ 呼吸数 1分間に10〜30回
◎ 脈拍  子犬:80〜120回、成犬:70〜80回



こんな事でお困りではないですか?Topへ

 昨今のペットブームで、多くの人が犬を飼っているが下記のような問題は解決されていない。


注意事項
このサイトをご利用になる前に、次の条件をお読みください。
本ホームページ上のテキスト、画像、データの著作権はスナガインパルスが保有しており、第三者の著作によるものである場合は、当該第三者に帰属しています。このコンテンツは著作権法並びに国際条約により保護されています。
上記著作物について、非営業目的で、かつ、個人でのみ使用される場合に限り、ダウンロード、プリントアウトその他の方法により複製することを許諾します。しかし、いかなる場合にもその方法を問わず、複製物を第三者に移転(ネットワークを通じた送信等の行為を含みます)することはできません。
事前にスナガインパルスの文書による許諾がない限り、如何なる方法でもコピー、複製、改変・修正、発行、掲示、送信、頒布することは出来ません。
他のメディアで公開するときは御一報ください。

E-Mail -

[an error occurred while processing this directive]