STABO Harnessのページ

スタボハーネスを製作する際の資料として、このページを作成しました。

訂正箇所等が有りましたら連絡を頂ければ幸いです。(日本語のみ sorry! japanese only 難しい日本語も不可)

報告フォームはこちら

使用部品 

品名 数量 形状 備考
V-RING
MS22045-1 もしくは AN6563
4 ベトナム戦中STABOに一般的に見られる形状
D-RING
MS22046-1 もしくは AN6546 
(4) ベトナム戦時STABO採用例未確認?
QUICK FIT ADAPTER
MS22040-1 もしくは AN6517
2 ベトナム戦中STABOに一般的に見られる形状
QUICK FIT ADAPTER
MS22019-1
(2) パラシュートハーネスなどに採用しているが
STABOに使用しているかは?
QUICK EJECTOR,NON-ADJASSTBLE
MS22017-1
(2) 採用例は少ない?
構造が複雑でコストなどの問題か?
QUICK EJECTOR
MS22018
(2) ベトナム戦時STABO採用例未確認?
LONG SNAP,NON-ADJUSTABLE (B-12 TYPE)
MS22044-1 もしくは AN6516
2 ベトナム戦中STABOに一般的に見られる形状
LONG SNAP,ADJUSTABLE (B-12 TYPE)
MS22043-1
(2) 70年台初頭のTM10-1670-262-12が制定された頃から
使用されている?
現行?STABOでも使用されている。
WELDED D-RING
サイズいろいろ有り
2 装備品リングに使用
WELDED O-RING
SIZE 1 1/2"
(2) 装備品リングに使用
TYPE7 NYLON WEBBING 1 3/4" Wide
MIL-W-4088,
約6m 素材拡大写真参照 デザインなどで長さは変わる
設計時に採寸すること。
 1" WideWEBBINGもしくは
1 3/4" WideWEBBING
少々 素材拡大写真参照 装備品リング取り付け用
メインハーネス素材を使用する場合もある
THREAD
SIZE"5"NYLON CORD  No.346
一般的ハーネス縫製に使用される太さ
引っ張り強度19kg
THREAD
SIZE"6"NYLON CORD  No.415
一般的ハーネス縫製に使用される太さ
引っ張り強度23kg
SLING,UNIVERSAL INDIVIDUAL LOAD CARRYIG
8465-753-3257 分解してテープのみ使用
1 素材拡大写真参照 裏当て(緩衝材として)を着ける場合のみ
TYPE6 NYLON WEBBING 1 23/32 Wide
MIL-W-4088,
約3m 素材拡大写真参照 裏当てに使用する場合のみ
このWEBBINGは補強部材として使用される場合が多い

数量に () が無い部品で製作したほうがベトナム戦争時風味に仕上がると思われます。
金具はMS規格品の方が入手しやすい? AN規格品での入手確認は出来ていません。
金属表面処理は、-1(銀)が望ましい。しかし、-2(黒)を採用している例も写真で確認。

素材拡大写真


左:TYPE7 WEBBING 幅約43mm 両側にIdentificationLine(黒) 厚手
右:TYPE6 WEBBING 幅約43mm 真ん中にIdentificationLine(黒) 薄手


左:SLING,UNIVERSAL INDIVIDUAL LOAD CARRYIG 全体
右:スリング マーキング部


1"テープ(装備品リング取付けに使用) 幅約25mm 個人装備品によく使用される素材です。

デザイン
 

大まかに分類すると

上:調整部上部型 下:調整部下部型(チャーリー製) 
                                    装備品リング位置に注意

製作図面

STABO図面  PDFから戻るにはブラウザの「戻る」を押してください。
      
自分で手持ちのSTABO(80年代の物など)から採寸して、寄せ集めのデザインになっています。
縫製指示の都合上、メートル法で寸法を記入しています。当然ながらデフォルメ(=でっち上げ)です。
本来はインチサイズで製作されています。    
        
BRIDLE図面  PDFから戻るにはブラウザの「戻る」を押してください。

ハーネスを吊り上げる際のアダプターです。色々な形状の物が有りますがとりあえず撮影用に製作しました。
このタイプは、現行装備の形状です。(製作寸法は、写真から推測で大嘘です。)
角川書店映画「野生の証明」に出ていた物と似ています。

完成品装着例

各画像をクリックすると拡大します。

吊り上げ実験


総合案内に戻る