兵庫県加西市北条町周辺で毎年4月第一土・日曜に行われる北条節句祭りは、
播州三大祭りの一つとして、800年以上前に始り長い伝統と歴史を引き継ぎ、
春を呼ぶ播州最大の春祭りであります。
祭りは、金銀眩い各地区より14基の勇壮な屋台の練り歩きと電飾鮮やかな宮入
神輿の渡卸、県民族文化財の指定を受けている龍王の舞、東西地区より雄鶏を
高く差し上げて見合わせる神事の鶏合わせ、少女が巫女姿で奉納する浦安の舞
子供みこしなど豪華絢爛な模様で終日賑わいます。




屋台の宮入

土曜日(宵宮)
正午頃14基の屋台が住吉神社(本社)へ
午後4時頃屋台の大歳神社(御旅所)入り
日曜日(本宮)
午前11時頃屋台の大歳神社(御旅所)入り
午後5時頃電飾鮮やかに住吉神社(本社)へ

屋台の紹介(東郷)

東郷氏子紹介
御旅町・栗田・南町・西高室・古坂・東高室
・横尾・本町、各地区8基の屋台を紹介


屋台の紹介(西郷)

西郷氏子紹介
谷町・小谷・笠屋・西上野町・市村町・黒駒
、各地区6基の屋台を紹介

龍王舞・鶏合わせ

日曜日(本宮)
午後1時頃大歳神社(御旅所)での龍王舞
午後7時過頃住吉神社(本社)での龍王舞
午後8時頃住吉神社(本社)での鶏合わせ


祭りのみどころ

みどころ
祭りには、熊野神社・神明神社への敬礼
や浦安の舞・子供みこし、千秋楽での打別
などのみどころを紹介


ご意見、ご感想はこちらへ。(節句祭りNET CB)