世界のニュースあれこれ
  2007年6月入手情報


イギリスの動物愛護法の改正
すばらしい「人と動物の絆」を目指して


今年4月から施行されるイギリスの新しい動物愛護法の内容は、すばらしいものです。日本の動物愛護関係の法律も、これくらいのものにしないといけないと思います。

その内容は、動物を放置する人や動物を虐待する人に対して、最高約500万円(2万ポンド、US4万ドル)、または、51週間の刑務所生活、そして、今後、動物と一緒に生活に生活することを禁止するという内容です。さらに、今まで12歳以上は、一人で動物を購入することができましたが、今後は16歳までは、保護者(成人)の監督下でしかペットの購入ができないということに変わりました。

法律では、最低でも、ペットとの生活に対して、以下のように規定しています。

  1)良い環境を整えてあげること
  2)良い食事をあげること
  3)異常な行動を起こさないようにすること
   4)他の動物と一緒に生活、または、その子のために他の動物とは別にしたりしてあげたり、それぞれの最善の生活を考えてあ     げること
  5)痛み、苦しみ、ケガ、病気などから守ってあげること

(参照: May 2007, Veterinary Economics, pg 17


ワンちゃんの尻尾(シッポ)が表現するものは
Quaranta A. et al. (2007) Asymmetric tail-wagging responsesby dogs to different emotive stimuli. Curr. Biol. 17: R199-R201.
この研究は、間違いなく追試が必要な内容ですが、イタリアのTrieste大学からの驚くべき面白い研究です。

ワンちゃんが何かを見て、気に入った時、、尻尾を右側で振り、反対に、そこから逃げたいときは尻尾を左側で振るというものです。

この研究では、そのワンちゃんの家族、他人、ネコ、知らない大きなイヌなどに対するワンちゃんの尻尾の反応を見ました。 ワンちゃんがご家族やネコと一緒のときは、常に尻尾を右側に振ったそうです。大きな威嚇してくるワンちゃんでは、ほとんどの場合、尻尾を左側にして振ったということです。また、特別な刺激を与えないときは、尻尾を左側にして振ったそうです。この研究者たちの結論は、ワンちゃんの感情表現は、尻尾の振り方で分かるということでしょうか。

生後すぐに、美容?と称して尻尾を切られるワンちゃんたちがいます。このようなワンちゃんたちは尻尾で感情表現できません。大変残念なことです。散歩で他のワンちゃんと出会った時は、そのワンちゃんの尻尾に注目です。これなんか夏休みの自由研究に最高のテーマだと思いませんか。

(参照 Conpendium April 2007 pg197)

  [人と動物との絆のホームページ]へ戻る


   タカサクラガーヤ動物病院 
  
東京都世田谷区世田谷4−18−7