世界のニュースあれこれ
  2008年6月入手情報


9月1日から施行される動物愛護に関するスイスの新しい法律のお話です(参考文献1)。法律の内容は以下のようなものを含んでいるようです。回答はこの文章の最後に掲載します。お楽しみに。

質問1)AとB(共にペット)は、一人だけで生活させないで下さい。同じ種類の動物と一緒に生活させるか、定期的に会える環境を整えること。AとBは、皆さんが良く知っておられるかわいい小動物(ペット)です。さて、AとBは誰?(AとBは、"Social species(社交動物)"と呼ばれ、みんなと一緒に生活しないといろいろな病気になると考えられています)

質問2)C(ペット)のご家族は、Cを理解するための有料セミナーに参加すること。Cが必要なこと、また、どんなことをしてほしいと思っているのかに焦点をあてた内容の講義と、どのようにCに話しかけたら良いか、そして、Cの行動について理解する目的の講義があります。さてCとは誰?

質問3)釣り針を使用して釣りをする人は、○○○○○をしなければなりません。○○○○○(文字数は自由)に当てはまる内容は?

質問4)農家では、馬、羊、山羊、豚、牛を室内の硬い床の上で●●●●●をしてはいけない。●●●●●の内容は(文字数は自由)?

質問5)観賞用の魚の健康に関しては、すばらしい内容。水槽の四面の内少なくとも一面は、不透明にすることとあります。さて、それに関連して、XXXXXすることが決められています。XXXXXとは?

・・・とまあ、スイスはペットにとってすばらしい国のようですが、この記事では最後に次のような疑問を投げかけています。
それは、スイスではネコの毛をはがして、毛皮を国内、国外の市場で販売することが法律で許されていることです。一部の人たちの間では、ネコの皮に接触することでリュウマチに関連した痛みを緩和すると信じられているためです(The Timesの報道によると)。

参考文献1:"Swiss law orders pet buddy system - Guinea pigs need friends, dog owners need classes" in Veterinary Economics, June 2008, pg 14.

答え
A: モルモットさん
B: オオムさん
C: ワンちゃん
○○○○○: 魚を丁寧に扱って釣りをする動物愛護の有料セミナーを受講
●●●●●: (そういう状態で)つないで飼育してはいけない
XXXXX: はっきりした明暗のサイクルを作ってあげこと(昼と夜の環境を
       整備してあげる)

  [人と動物との絆のホームページ]へ戻る


   タカサクラガーヤ動物病院 
        (
東京都世田谷区世田谷4−18−7)