夏のタカサク・ニュースあれこれ
  2009年8月入手情報


今年の夏も、休暇中の小学生、中学生と楽しく交流を持つことができました。

小学生との交流では、城山小学校でサマーワークショップ「わんにゃんペット教室」を7月28日午後に開催させていただきました。私たちの参加は今回で三回目になります(2007年夏2008年夏)。

実行委員会の皆様のご協力があり、1年生から6年生まで40人近い児童に集まってもらいました。クーラーのある図書館で行い、サイタマ犬の「マーヤ」も参加してもらいました。「わんにゃんペット教室」では、児童から事前にいただいた質問に答える形式でペットの生活、病気、予防などについてお話しましたが、質問が大変多く、残念ながら十分時間をかけて説明することができませんでした。マーヤといっしょに遊ぶ時間もあり、思いっきりマーヤに触っていただくこともできました。「来年もマーヤに会いたい!」と言ってくれた児童とまた交流できることを楽しみにしています。来年はもっとマーヤとの交流に時間を取りたいと思っています。

お盆過ぎは、目黒区八雲の都立桜修館中等教育学校の3年生が3人一組になり、二組がそれぞれ二日間の職場体験で来院。8月17、18日が
元気いっぱいの男子3人で、24,25日がおとなしい女子3人でした。この職場体験も昨年と同じように、私たちの普段の生活を見て体験していただきました(2008年夏)。特にエキサイティングなことはありませんでしたが、昨年と同様、今年も桜修館中の生徒の方々と楽しく過ごすことができました。もっと、中学生参加型の職場体験になればよいのですが、なかなか難しいと感じています。

18日は大日本住友製薬の馬場健司さんに「ペットの食事について」、そして、25日はノバルティスの志田浩樹さんに「心臓の病気について」中学生たちにお話をしていただく機会を持つことがで、さらに有意義な職場体験となりました。お二人ともパワーポイントを使って、分かりやすく説明されていました。職場理解することの一環として、動物病院の外から私たちの仕事を支えていただいているお二人のお話をお伺いで幸せです。
このショートセミナーは森久保薬品の中村千鶴さんにアレンジしていただきました。皆様、ありがとうございました。

 [人と動物との絆のホームページ]へ戻る


 タカサクラガーヤ動物病院 
    (
東京都世田谷区世田谷4−18−7)