私がMacでやってもうた失敗談 特集


1999年8月19日(木)05:00更新
Home 『tktrのMac Beginner's Diary』

あなたのMacでやってもうた失敗談をお知らせください。応募要項はこちらです。
我らMacなビギナーに勇気をください!

NO.21〜はこちらです

NO.20はやく使ってみたくって・・・

はじめてMacを買ったのは、近所の電気店。家からその電気店までは、歩いて15分ぐらいの距離です。店員に「歩きでは無理ですよ」と激しく止められたにもかかわらず、とにかくはやく使ってみたくって、ムリして1人で歩いて持ち帰りました。Performa5210、あんなにデカくて重いとは....購入された方は、あの箱のサイズと重さ、わかりますよねー。

店内でも数メートル進むごとに休んでいたぐらいで、店を出るのも一苦労。レジから出口までの距離の遠いこと遠いこと....店内で何度も「手伝いましょうか?」「やっぱり配送で」と言われましたがこっちはもう意地になっていました。店内でこれだから、店を出てからの苦労は言うまでもありません。しかも季節は真夏。そして、店の外には過酷なのぼり坂が...普段は徒歩15分の距離、家に着くまでに2時間半以上かかりました。結局その日は疲れ果てて寝てしまい、箱もあけなかったんです。宅急便にしておけば次の日に届いたのに...(笑)
99/08/19 by== YSSMUSIC.NET ==のyaSuさん yaz@alles.or.jp



NO.19■オスとメスの微妙な関係
ボクの飼っているマックはPerfoma5420君で、学生の暇な時間まかせにバイトをして、どんどんパワーアップをしていきました。230MOやISDN、G3カードをつけてあげて、もう向かうところ敵なし、の状態でした。そんなパフォーマ君もHDDが1.6というのはちょっとしんどい。そこで外付けのHDDを一台買おうと思い、秋葉原に出かけていきました。内蔵の方が安かったのですけど、一体型の場合は電圧が足りなくなるかもしれないから、動作の保証は出来ないといわれ、SCSIの外付けHDD 4.3GBを買いました。合わせて、乱雑に段ボールの中にまとめられているケーブルを1本買いました。しかし!家に帰ってみると、なぜかつながらない。ケーブルが差し込めないんです。なんだなんだと思ってインターネットで検索していろいろ調べてみるとピンにはオスとメス、凸と凹があるらしいじゃないですか。そしてボクが買って帰ってきたのは凸と凸。うまくいかないわけです。せっかく新品のHDDを買ってウキウキで帰ってきたのに結局使えたのは、次に秋葉原に行って新しいケーブルを買ってきた1週間後でした。これから増設をしようと思っている人にひとこと。「穴はしっかり確認せよ!」

■初期不良に涙を流すの巻』そしてハードディスクを増設したのもつかの間、なぜかパフォーマ君の中から異音が聞こえるようになりました。高周波数の耳障りの悪い、不安感を募らせる悲鳴のような音です。どうやら内蔵HDDが悲鳴を上げているようです。つい先週外付けHDDを増設したばかりだというのに、内蔵HDDがいかれてしまいそう。「外付けじゃなくて内蔵にしておけばよかった」「外付けを買ったんだから、中身は空っぽでも良いかなぁ」「イヤ、しかし中身がないのはやっぱり異常だ」と悩んだ揚げ句、内蔵のHDD4.2GBを増設してしまいました。そして今にも壊れそうな内蔵HDDのデータをいったん外付けに移して、パフォーマ君の背中を開けて移植手術を行ったのですが、いくらやっても認識されません。ジャンパーピンも確認したし、B'sでフォーマットしても、OS付属のでフォーマットしても全然認識されないのです。さらに!!何をどう操作を失敗したかまったのかまったく覚えてないのですが、なぜか外付けハードディスクの方も初期化しちゃったのです。ク〜、聞くほうは知らんけど語るは涙の大悲劇。そしてノートン先生に診察してもらってもファイルの回復は不可能とのこと。折しもページを立ち上げて、更新のコツというかペースをつかんだその時に起こった悲劇でした。そしてトボトボと問題のHDDを買ったお店に、初期不良じゃないですか?ともって行って確認してもらったところ、確かに初期不良で新しいのと交換してもらいました。しかしこの初期不良のせいで失ったものは計り知れません。大量のデータと加えていろいろ試行錯誤して、マウントしようとした時間と手間。MOにのこっている1月前のデータを使って復旧しようとするもメールや最近のデータは失われてしまったのでした。これから増設をしようと思っている人にひとこと。「とりあえず初期不良を疑え!」
99/08/19 by CLOVERさん clover@mb.kcom.ne.jp



NO.18失敗というか昔話かな・・
自分が最初に購入をした機械は「Macintosh Plus」という機械でした。「Dyna Mac」という機械の後に出たもので、その頃のプライスリストには、本体機種はこの一種類のみで、どれを買おうかな?なんて悩む余地はありませんでした。ワイヤードットのプリンターと外付けFDドライブとセットで50万円。9インチのSONY製モノクロモニタの中でAゼロサイズの書類を作れたのは、やはり素晴らしいの一言に尽きます。でも一回スクロールするとコーヒー一杯飲めるほど時間がかかり、スクロールのせいで徹夜したこともなつかしい思い出です。

当然HDなんてものはついていなくて、昔のWPのようにOSはいちいちFDを入れて立ち上げるタイプで、ソフトもほとんどありませんでした。MicrosoftのExcelは確かおまけでついていました。自分から見ればMicrosoftもアップルと同じような「ベンチャー企業」のイメージがあってなかなか世界一のお金持ちのビル・ゲイツにはいまだにたどりつけないのが正直な気持ちです。その機械は「Single Task」で、ソフト間のデータのやりとりはすべてコピーアンドペーストにででき、我々のあこがれはRAMを増やして「マルチファインダー」にして使うことでした。

本体にファンはついていなくて、夏はうちわであおいで使い、人によっては後ろに穴をあけてファンをつけ、「すごいだろ」なんてみんなで楽しく使っていました。HDを購入したのはそれから半年くらい経ってからでしょうか?40MBのHDが30万円だったと思います。環境は確かに悪かったかもしれませんが、ソフトをコピーして使うことはできませんでしたし、工夫と改良は、個人レベルでいくらでもできたので、昔のほうが楽しかったような気がします。日本語版のソフトが少なかったので、英語版のソフトを日本語化して使うとか、スクロールの問題を解決するためにアクセラレーターを購入することを半年くらい悩んだりとか。ですから自分は、ATOKではなくEGBridgeなんです。「やってもうた」の中でのMukaiさんのおっしゃる気持ちはよくわかります。新しい機種に変えると速すぎて気持ち悪くなったりするのは、やはり自分もフツウの人間だからでしょうか?
99/08/18 by YOSHIDAさんその2 a-y-r-n-yoshida@mtg.biglobe.ne.jp



NO.17その1:コピーしたのに書類がない事件』友人からの電話。フロッピーにデータをコピーしたけど、フロッピーに何も入っていない。ちゃんとコピー中の表示が出ているのにこれって本当にコピーされているの?フロッピーの中を開いても何も出て来ないのだけれど…との問い合わせ。自分は、再びコピーをしてみるようにコメントしましたが、やはりきちんとコピーされている様子。ははーそうかと思い、そのウインドウを画面いっぱいにしてみい。はじっこのほうに入っているかも知れないよ。と再びコメント。あ、あった。こんな事ってあるの?その友人はそれからメディアをフォーマットしたあと必ず「リスト表示」にしているようです。

その2:圧縮フリーク』家のマックのHDにデータが入れられなくなっちゃった。まだHDは半分くらい残っているのに。ということで、機械を持ってやって来られた。確かにHDの中身は半分くらい開いている。じゃとりあえず、見るから、HDのバックアップを取りましょとPDにコピー。かなり前のパフォーマーだったので、HDは、400M位だったと思います。PDは650MBなので安心安心とコピーを始めたら、なんとデータ総量が440MBありました。オートダブラとかいうソフトで、一定期間書類を開かないと自動的に圧縮しちゃうヤツありましたよね。あれのせいで、HDの要領を越えるデータが登録されていた訳です。これじゃ壊れるのもしょうがない。むやみやたらに圧縮したらあかんときつく言いました。ちなみにHD要領の10%は必ず開けて置いてくださいね。400MBなら40MB。500MBなら50MB。そうしないとあした壊れても知らないよ、とも言ったと思います。余談ですが、最近の機械はHDが大容量になっている(自分にはそう思える)のでできたら3分の1位は常に開けておいたほうがいいです。自分も3.7GBのうち2.2GBは常に開けていますので。HDは万能ではないしサーバーではありませんから。注意注意です。

その3:救出された項目への疑問』何も捨てていないのに勝手にゴミ箱が膨らんでいるという現象をご覧になった方もいらっしゃると思います。開いて見ると「救出された項目」という名前のフォルダが出来ています。機械がフリーズしたり、強制終了したりすると、ソフトによっては、最終的な設定値を保存してゴミ箱の中にファイルを勝手に作ってしまうのです。システムフォルダにファイルを作らないタイプのソフトが、よくそうなります。Quark XpressやPhotoshop、Microsoft Wordなどがそうです。場合によってはIllustratorなどもそうなります。これを放っておくと結構な容量を食って、HDに負担がかかってしまいます。ので注意です。
99/08/18 by YOSHIDAさん a-y-r-n-yoshida@mtg.biglobe.ne.jp



NO.161:PPPがつながらない
MDR@Mac,Drug,Rock!! です(^_^)嫌な記憶はキリの彼方に封印していたのでおくれました(笑)私がMacを買った当初はInternetがボチボチ,流行だしたころでPPP接続ソフトが私のMacについてました。「さ〜これでInternetだ〜〜!」と何もわからず・・・ダイヤル・・つながらない・・・(-.-;)そっか・・かける場所がいるんだ〜(笑)じゃあ買って来たNIFTYのアドレスで・・・つながらない・・・・何をやってもつながらない・・(泣)3日ほど経った時にパソコン通信とInternetが違う事に気がつきました・・(-.-;)そりゃPPPじゃつながらんわね(笑)恥ずかし・・・

2:Finder』ファインダを一年ぐらいフェンダー(Fender:ギターのメーカー名)と読んでいたのは・・・私です・・・(-.-;)
99/08/16 by MDR@Mac,Drug,Rock!!さん hirosi22@ja2.so-net.ne.jp



NO.15Macの高速化は永遠のテーマ?
会社では何も知らない上司をだまし、最上級から2番目あたりのMacをゲットして仕事に使用していても、自宅用となると投資に二の足を踏んでしまうのは僕だけでは無いとおもいます。

そんな僕が最初に買った自宅Macは5220でした。最初はノーマルで十分満足していた自分もメモリ増設したり、OSのバージョンを上げたりと、ちょっとずつパワーアップしていきました。しかし、世の中は「G3」という言葉にあふれ返るようになり、「G3にあらずば人にあらず。」という感じがしました。(僕には)

初期のPowerPCである、5220用のG3カードはなかなか現れませんでした。5400シリーズまで対応しているのにどうして・・・とカードの開発会社をうらみました。人は何故、そんなに速さを求めるのでしょうか?月に行くにはロケット、となりのコンビニには自転車か歩き、でいいではないですか?頭でもわかっていても、身体は言うことを聞きませんでした。少しでもわが5220を高速化を!と考えましたが、メモリももう上限でしたし、クロックアップをするような技術も無いしということで、ハードディスクを内蔵のIDEから外付けのSCSIにすることでちょっとでも速度を向上させよう!という結論に至りました。

で、SCSIの外付けHDにて、OSをインストールしたまでは良かったんですが、環境を同じにしよう!と思って、元の内蔵HDからいろいろコピーして行ったら、なんと、デスクトップが二重に立ち上がるようになってしまいました。「大丈夫かなあ・・・」と思ったのは短い間でした。あるファイルをドラッグ・コピーしていたら、内蔵HDはウンともスンとも言わなくなってしまいました。修復ツールで確認してもHDの認識すらしなくなりました。結局そのHDにはさようならしました。で、SCSIのHDにして速く感じたか?というと、フツウの人間の自分にはまったくその差は感じられませんでした・・・
99/08/16 by Mukaiさん mukai_k@sannet.ne.jp



NO.14全てはそのメールから始まった・・・
これはtktrさんと、tktrさんのサイトのファンの方々への謝罪文でもあります・・(笑)

●1999年3月28日:その日tktrさんは自分のサイトの「バーバリーっぽい背景画像」がどうもザラザラしか感じになっている事に気が付き、バックアップを調べて最初の背景画像を見つけ出した。「サウナに2回くらい入って垢スリでもしてもらったかのように」とtktrさんが表現されているように、背景画像はオリジナルの背景に置きかえられた・・・本来ならこれでめでたしめでたしのはずであった。

●1999年3月30日:tktrさんの元に1通のメールが届く。そしてその内容をWEBで公開した。「いつも読んでくださっているという方から、NTで256色のモニタからだと、とても見づらくなってしまったというメールをいただいた。」ううむ、そもそもNTの256色でtktrさんのサイトを見ている人が一体何人いるというのか。しかし、tktrさんは色々と確認を行ない、MacでもNetscapeの256色でみると「チカチカしてとても見にくくなっている」ことを発見した。この日tktrさんは後日対策する旨をWEBに書くとともに、"いつも読んでくださっているという方"にちゃんとメールで「見にくいとは存じますが、いましばらくご猶予ください。」とメールを出したのだった。

●1999年3月31日:先日のメールがあってから、tktrさんは試行錯誤し、結局思いきって「ずっと使ってきた背景を変える決心をした。」なんと、たった1通のメール、しかもNTで256色で見ていた人からのメールをきっかけに、サイト立ち上げ当初から使い続け、すっかりトレードマークとなっていたあの背景画像を変えることにしたのだ!

●1999年4月1日:男は昼休み、NTの256色ディスプレイで、いつものようにMac系サイトを眺めていた。そしていつものように「tktrマック・ビギナーズ・ダイアリー」にアクセスした。しかしその瞬間、いつもと背景画像が異なっていることに気づいた男は慌てて日記本文を読み進める。そして、自分の出したメールがきっかけで、何と言う事であろう、トレードマークともなっていたtktrさんの背景画像が変わってしまったことを知るのである。「な、なんて事をしてしまったんだ〜俺は〜・・・」男はちょっとした軽い気持ちでtktr氏にメールしたのだった。きっとWin,Mac共通256色とかに変換すればすぐに直るであろうと・・・しかし事態は彼の予想を軽く飛び越え、tktrさんのサイトは鮮やかにイメージチェンジしてしまっていた。

あれから既に半年、男はtktrさんのサイトを訪れる度に罪悪感にさいなまれつつ日々を送っている。しかしそんな彼もいまでは自分のサイトを持ち、日々細々と更新していた。本当はtktrさんのページを最初にLINKし、「その節は・・・LINKさせて頂きました!」というメールを出したかったのだが、罪悪感がそれを妨げたまま今日に至っているのである。そんなおり、tktrさんのサイトで『私がMacでやってもうた失敗』談の募集を始めたではないか!公開懺悔するならこれだ!これしかない。言ってすっきりしてしまおう!男は会社のNTから(笑)メーラーを立ち上げた・・・・そんなやってもうた男、藤原yが私である。
99/08/16 by METAL APPLE WEBの藤原yさん metal-apple@mue.biglobe.ne.jp



NO.13Macにやきもちを焼かせ続けていること
サミいが長年Macと接してきて一番困ることはMacがやきもちを焼くことです。新しい機種の購入を検討したり、実際に新しい機種を購入したりすると必ずといっていいほど深刻なトラブルに見舞われます。最も典型的なのは「爆弾」でしょうね。それまで何の問題もなく使ってきたMacに爆弾が出ると本当に手を焼きます。例え里子に出されるとしても、個人売買で買いたいという人の殆どはMacをよく知ったベテランの方が多いですよね。だから嫁ぎ先でも大切にされると思うのですが。え?最近?今Cometを購入して爆弾出まくりです。まだ手元にあるDuoの怨念?('-')ウーン。Macでやってもうた失敗になりますでしょうか。
99/08/16 by Click & Pressのサミいさん vzd04072@nifty.ne.jp



NO.12プロのMacTreeでもやってもうたバックアップのポカ系失敗』
岸田@mactreeです。高橋さんが失敗談を募集されているようなので、さっそく思い出したくないものをまとめてみます。岸田@mactreeは仕事としてコンピューターを管理しているので、本来ならばあってはいけないことなんですけど、やはりバックアップ関係です。

会社の仕事でも何度かありました。バックアップを取っているつもりで消してしまったら実は取っていなかったという、ポカ系のミスですね。特にLOGなどの最新の状態が常に変わっていくものについては注意が必要のようです。そう、バックアップは2日前とかでも使い物にならない場合もありますから。

同じバックアップでも、僕がMOを使わなくなった理由となったメールログ紛失事件は 、ミスといえばMOを過信したことでしょうか。あのころはまだMOは128MBの出始めで、光系のということでけっこう信じていたんですが、あっさりと裏切られました。

システムフォルダを再インストールしようとして、僕はいつものようにシステムフォルダをMOにバックアップを取ってパーティションの初期化、そして、新規にインストール・・ユードラのフォルダを戻そうとしたら。。MOがマウントしない。そうなんです。MOは読めなくなっていたんです。あのあとから、僕は必ず2つ以上へのバックアップを心がけています。ひとつは外付けのHD、としてもうひとつはJAZという感じです。それに本当にバックアップを必要とするフォルダをひとつにまとめて、簡単にバックアップを取れるようにしてね。日常的なバックアップももちろん取っていますが、それとは別に何かするときには取るって感じでしょうか?これを読んでくれた人も、ご注意をね。
99/08/16 by MacTreeのKishidaさん hkishi@sannet.ne.jp



NO.11やよいさんと涼平くんが語ってくれたいおり先生の失敗
やよいさん「親分てえへんだぁ〜〜!!」
涼平くん「てへんはよこたてよこの順番で書くんやで」
やよいさん「誰がてへんの話をしてるねん!大変やって言うてるの」
涼平くん「なんや違うんかいな(笑)で、何が大変やねん?」
やよいさん「Macでやってもうた失敗を語ってくれって依頼があってん」
涼平くん「へぇ。で、なんでやよいが大変やねん?」
やよいさん「いおり先生、自分で答えたらええのに恥ずかしいから二人でやれって」
涼平くん「二人っておれも入ってるの?」
やよいさん「当たり前やん」
涼平くん「そりゃ大変や(笑)」
やよいさん「そうやろ。まず涼平から言うてや」
涼平くん「なんで俺からやねん。やよいから言えよ」
やよいさん「うちらも恥ずかしいからいおり先生の失敗を言うたろか?」
涼平くん「そうしよう(笑)でも、いおり先生の失敗なんて知ってるん?」
やよいさん「当たり前やん。ネタはいっぱいあるで(笑)」
涼平くん「よっしゃ、決定(笑)」
やよいさん「いおり先生がまだPowerBookを持っていたとき」
涼平くん「PowerBookを使ってたわけや」
やよいさん「そう。なんでもリビングで使ってたらしい」
涼平くん「ほうリビングで?」
やよいさん「床に寝転がってやってたらしい」
涼平くん「無精なやっちゃ」
やよいさん「一息ついてうーんと伸びをしたら」
涼平くん「伸びをしたら?」
やよいさん「後ろでバキッと音がした」
涼平くん「ほう、音がした」
やよいさん「イヤな予感がしていおり先生は振り向いた」
涼平くん「すると?」
やよいさん「洗濯物を山ほど抱えたいおり先生のおかんが通り過ぎていった後やった」
涼平くん「イヤな予感や(笑)」
やよいさん「慌ててPowerBookを開けてみたら?」
涼平くん「開けてみたら?」
やよいさん「思い切りひびの入った液晶が見えた」
涼平くん「うわー予感的中(笑)」
やよいさん「おそるおそる電源を入れたら?」
涼平くん「電源を入れたら?」
やよいさん「ひびの隙間からファインダーが見えた(笑)」
涼平くん「で、その後PowerBookは?」
やよいさん「困ったいおり先生、修理に持っていったら」
涼平くん「修理に持っていったら?」
やよいさん「買った値段より高い修理代を請求された(笑)」
涼平くん「お後がよろしいようで(笑)」
99/08/15 林檎の木の下でのいおりさん webmaster@iorimix.com



NO.10デレクトリーってなんですか?と質問して絶句されても・・
失敗かどうかわからないですがPBG3/300MHzを70万以上で購入したのに、今では40万前後で400MHzが出ているのは胃が痛いと言うか、なんなんですかね(^-^;)これは失敗といいたくないですから(^-^;)。絶対!iBookが出ようとなんだろうが、これは失敗ぢゃないです(^-^;)

ひとつだけMacを使っていて困った?というのは、サイトを作って初めてアップしたとき「どこそこのデレクトリーにおいて下さい」とプロバイダーの人に言われたので、「デレクトリーってなんですか?」と質問したら絶句された事でしょうか?(^-^;)既にMacユーザーとして、自分はかなりいけるぜ、へへんとか思っていたので、こればかりは困ってしまいました(^-^;)。今もってデレクトリーってよくわかりません。階層、要するにMacでいう、フォルダーの事ですよね(^-^;)?違うのでしょうか?
99/08/15 by BonZokoのやっくん yakkun@kis-net.ne.jp



NO.9Adult Onlyの文字についフラフラっと買ってもうたソフト
"Adult Only Soft"よく行くMallのソフト屋で日頃目にしないソフトを見つけました。Adult Onlyのソフトでした。思わず手にとって箱の底のsystem requirementをチェックしたらMacintosh CD ROM: Power PCとありました。早速購入してiMacにインストールしようとCDをWクリックしたら一見してWindows用のファイルと分かるものばかりが現れました。思わず我が目を疑いました。

一呼吸おいてCDを取り出し、見てみるとIBM PC Compatible CDと表記されていました。思わず何でかいなと心の中で叫びました。冷静になって、もう一度箱をよーく見てみました。箱の底にはIBM PC Compatible CD: Pentium 90とありました。箱の周囲全てを念入りに見直したらWindows 95と一カ所、書いてありました。この時自分の失敗に気がついたのです。Windows用ソフトを買ってもうた。Macを使い始めて6年目の初めてのなさけない失敗でした。

買う前に良く見ればこんな失敗はしなかったのでしょうが、このてのソフトをじろじろ長く店頭で眺めるほどの勇気は持ち合わせていませんでした。それにスケベ心が冷静な判断力を失わせていました。この件でかみさんからバカにされたことは言うまでもありません。
99/08/15 by ニューヨークからNISHIDAさん SAMNISHIDA@aol.com



NO.8ハードディスクが暗号名に
初めて買ったMac、Perfoma5210。新車購入者が車を磨くように、あちこち掃除。キーボードを綺麗に拭いて、いざモニターを見ると、Perfoma HDだった名前が、なにやら暗号めいた名前。一瞬真っ青になるが、その暗号HDをダブルクリックすると、いつもの中身。たまたまHD名のところが入力モードになっているときに、キーボードを拭いたためと、Macならハードディスクの名前を変えても、何の問題も無い事を知ったのは、しばらく後のことでした。
99/08/15 by 夢荘にての夢荘さん yumesou@mail.hidecnet.ne.jp



NO.7いざメモリー増設にパンツ1枚・・しかし認識せず
去年の春の終わりごろメモリーが底値から上がり始めたころ、マシン購入48MBでもまだ使えてたのに、あわてて秋葉原の問屋系のショップで64MB1枚を買いました。「ご自分でつけられる場合はサポートできないので、初期不良などは直接メーカーへお願いします」なんていう店員さんの話も上の空で聞いて、さっそくつけましたよ。同じPM7600の増設経験のある友人達の「静電気さえ気をつければ簡単だよ」というアドバイスを受けて、慎重に、定説どおりパンツ一枚になって・・。

でも、これが何回やっても全然認識してくれません。思い余ってメーカーに「初期不良だから交換してくれ」と電話で交渉。「ウチのメモリーに問題ないはず。取り付け方は大丈夫ですか?」という担当者に「とにかく認識しない」といって交換してもらいましたが、やはり認識せず。そうです、怖くて上から力を入れてぐっと押し込んでいなかっただけだったようです。メーカーさん、ショップの人ごめんなさい。もう時効ですよね。
99/08/15 by SESさん sumeyes@netlaputa.ne.jp



NO.6いろいろあるけど、まずカスタマイズで
初めてのマックを買って2日目にして、カスタマイズを試みる。雑誌を買ってきて、様々な機能拡張・コンパネを一気にインストール。当然のように起動しなくなる。(「?」のフロッピーアイコンが点滅)慌ててマニュアルをめくる。そして、なにやらHDのフォーマットというものがある、ということを知る。HDフォーマットをいきなりやってみる。今思えば、最悪でもシステムを入れ替えるだけで良いトラブルやった・・

Macでぷよぷよ』ファーストマックを買う直前、何故か「マックはコンピュータなのだから、きっとぷよぷよが出来る」と楽しみにしていて、スーファミ購入をやめた。そのぷよぷよMac版が出たのはそれから何年もたってから。当然そのとき既にわたしはぷよぷよに飽き、スーファミはおろかプレステも持っていた。

強制再起動が好き』メニューバーから「再起動」を選ぶのが面倒で、トラブルでもないのに、いつも強制再起動をかけてリスタートしていた。それを友だちのマックでもやったら非常にいやがられ、やめた。今思えば恐いことを・・

救出専用フォルダ』ゴミ箱に残る「救出された項目」を「救出」フォルダまで作って、大事に保管していた。だってわざわざ救出なんてされたファイルなんやもん、大事なもんやと思うではないですか..

シリアルとADB端子って違ったの?』シリアル端子とADB端子が違うものだとは知らず(形がそっくりやから)無理矢理ADBにシリアルを差し(なぜ?)ケーブル側の接続部の芯が一本折れた。

私の落として壊すクセ』PowerBookDUOの入った鞄を落とし、PowerBookの蓋を止めるところを壊した。その後、デスクトップ機のキーボードを落とし、キーボードも壊した。マウスも落として壊した。やっぱり私にPowerBookは向いていないかも、と思った。と、色々あるけど、ちょっと思い付くのはこれくらいです。思えば、色々やってるんですが、殆どが私の「きっとこれでいい」という強烈な思い込みによるもの。きちんと調べなくても使えてしまうMacがニクイ・・あと、物の扱いは慎重にしましょう、ということも大切ですね、私にとって。
99/08/15 by MaccoMacのMakikoさん maccomac@pos.to



NO.5教訓:システムの入替えはたいがいにしましょう
PowerBook100を入手したときのこと。当時は、既にPowerBook520cを使っていたので全然必要ではなかったものの、長い間憧れていたPowerBook100を個人売買で入手しました。

PowerBook100発売当時のOSバージョンはSystem6.0.7.1。PowerBook520cに入れていたのはSystem7.5。この使い勝手の差は我慢の限界だったため、System7.1に変更して少しでもPowerBook520cの環境に近付けようと、システム入替え。しかし、今度は死ぬ程動作が遅い。

PowerBook100のCPUのスピードではSystem6が限界かと悟り、再び漢字Talk6.0.7.1をインストール。この状態でしばらく使用するも、今度は2.1変換のヘボさ加減に嫌気がさして、機能拡張削りまくりでなんとか使えないものか、との淡い期待を胸にSystem7.5をインストール。が、やっぱり立ち上がらない。当たり前か。まあいい。あわてず、さわがず、冷静に、再度System7.1をインストール。しかし、今度は立ち上がってくれない。ちょっとあせりつつもSystem6をインストール。アレッ?ハッピーマックが表示されない。「?」フロッピーアイコンが明滅している。HDDから異音も聞こえる…。結局PowerBook100に内蔵されていた100MBのHDDは、フォーマットをしようと何しようと、二度とニコチャンマックを表示することはありませんでした。合掌。
99/08/15 by polymoog's Webのpolymoogさんpolymoog.shinomiya@nifty.ne.jp



NO.4もしもしアップルさんですか?最新のをください!!
マック購入前の失敗です。同窓会で「アップル、マック」と聴いたeddieは早速、紹介者の友人に「そんなに勧めるならお金出してくれる?」と頼んだのです。友人曰く「OK」、これでeddieのマック地獄がはじまりました。そのアップルを巡る大失敗談です。

福岡の同窓会で「マック」購入を決めたeddieは早速大分に帰り電話したのです。プルルルル、「はい、アップルです」「アップルさんですか、最新のやつがほしいのですが」と私は機種名も知らずに注文しょうとしていました。「ありますよ、昨日入ってきたやつがありますよ、どんなものをお求めですか」と訊かれたので、「素人なんでよくわからないんだけど、一番人気がある奴なんかいいな」と言いますと、「免許取り立てなんですね、まかしといてください」との返事。「え、マックって免許がいるのか、そう言えば、友人はシステムエンジニアの免許を持っていたな」なんて考えながら、面度うっちいなんて思い始めていました。

「車種は?」と訊かれたので、「機種の間違いだろう」と内心思いながら、「パワーがあるやつで、操作が簡単なやつがいいですね」と答えると、「パワーがあるやつと言いますと、3000クラスですね、操作はどれも簡単ですよ」と答えが返ってきた。新しく出るのは確か5220とか言っていたから、「5000クラスをお願いします」といいますと、受話器の向こう側が一瞬「?・・・」と息が止まった状態になっているようです。「お客様、大変失礼ですが、悪戯電話されておられるのですか」と言うので、「え、どうして悪戯電話なんかするの、パソコンを買いたいから電話してるのに」と言いますと、「中古車販売屋にパソコンは売ってません」と言ってガチャっと切られました。数分間、状況が解らなかくて放心状態でした。これがeddieとマックの出会いの前哨戦だったような気がします。それから、ずっと失敗を重ねながら現在に至ってます。
99/08/14 byトキドキ日記のeddieさんeddie@fat.coara.or.jp



NO.3Macの電源だけでいいのに、TAの電源まで切ってしまって電話がぶちっ
これは私の父(当時70歳)にマック(Performa5440)を退職祝いに送ってあげてすぐの話です。弟の意見でISDN工事もしてもらっていましたが、設定のしかたが私にもまだよくわからず、TAにマック内蔵のモデムを接続してインターネット接続していました。

父はこの日インストールされている将棋で遊んでいました。ところがマック相手に王手をかけたとたん、マックではおなじみのフリーズ。強制リスタートもだめ。そこで最後の手段、マックの電源を落とし、接続されているすべての周辺機器を外してもらうことにしました。

私と父は離れて住んでいるので、これらの操作をすべて電話で指示。ところが、「じゃ、電源全部切るよ」の父の声とともに、電話が「ぶちっ、ツー、ツー、ツー、」。なーんと父はTAの電源まで切ってしまったのでした。もちろん、電話は通じません。私はもう少しで「TAノデンゲンヲイレヨ」という電報を打とうかと思いました。(幸い1時間ほどして電話が通じないのに父が気づいて事なきを得ました)
99/08/14 byおじいちゃん家にマックがやってきたのTOMOKOさんer-susan@sam.hi-ho.ne.jp



NO.2やっぱり一番の失敗はサイトを立ち上げたことかな
1.ファイル共有してて、HDの名前が替えられないってサイトで2回も聞いてしまったことかな。2.○○さんは元○○○○屋さんって書いて本人から怒られたことかな。3.SpringCleaningで、ひとつづついらないものを消している時に間違えて全部消しちゃった。

やっぱり一番の失敗はサイトを立ち上げたことかな。なんか生活になっちゃって、もちろんそれが楽しいんだからいいんだけど、人生変わっちゃったもんな。もっと言えば、Macを買ったことかな?あ、あんまり参考にならないですね。Go to Trash!
99/08/14 bysomethin' good... のSAMさんosato@sannet.ne.jp



NO.1ほっ本物はどれだあ〜?!パーテーションっていくつまで切れるんだろう???
今年の春先に、友達のMacのメンテに行った。何をやってもフリーズと爆弾の嵐でニッチモサッチもいかない。もう、1年以上ゼッ不調なので「いっそ内蔵HD丸ごと初期化しよう!」ということになった。外付けHDから立上げて、「ドライブ設定」を起動したまでは良かったが、パーテーション数を打ち込むときに、悪魔が微笑んだ。「パーテーションっていくつまで切れるんだろう???」だが・・・指はすでに100を打ち込んでいた。初期化ボタンを押してみると・・・おお!おおお!おおおおお〜!

ディスクトップがHDで埋まってる!!!もう、画面丸ごとHDだらけ!!外付けHDと同じアイコンなので、ひとつ移動したら「本物はどれだあ〜?!」状態。もう友達と二人、椅子から転げてボロボロと悶絶泣き笑いの一日だった。起動したらモニタがHDだらけだったら怖いぞおー。皆さんも友達のメンテを頼まれたら、是非試してみましょう!知ーらないッと。
99/08/13 byへんてこ日記のIshidaさんnekoya@din.or.jp


                           NO.21〜はこちらです

                       TOPに戻る  HomePageに戻る