大好きなMacintoshのAppleにひとこと

10月 3日(金) MacOS8日本語版の起動時に「8」を押していると日本語版の開発者の名前が出てくる
       というイースターエッグを知ってはいたが、きょう初めてやってみたのだ。
        出てきたリストを見ていて「えっ!」と声を出してしまった。
        それは私が進めていた「
もう一度Welcome to Macintoshを」運動に対して、Apple
       関連の方から「秋にはあけましておめでとうは復活できると思いますよ」とお知らせくだ
       さった方のお名前を発見したからだった。
        すぐ「
素敵なOSをありがとうございました。初めてMacに触れたときに準ずるくらい
       にMacOS8日本語版に感動しています。謹賀新年もHappyBirthdayも確認いたしまし
       た
」とメールを送ったら、すぐに返信が届いた。
        関連どころか日本語版開発の中心におられる方のようだ。そして驚いたことに、あえて
       私がメールで触れなかったことだったのだが、どうもトビトビ日記を読んでくださってい
       るようで「来年には
謹賀新年の社員一同というのもMacからにします。エンジニアリ
       ングでも「そうかー」なんて話題になりましたし、AJ の原田社長からも Mac から、と
       いう感じにしてくれと頼まれました(ちゃんと知ってる)」とのこと。
        常々語られているユーザあってもMacというのはホントでした。感激です。


ぜひ感想をメールでください
tktr@sannet.ne.jp(tosiaki takahasi)