大好きなMacintoshのAppleにひとこと

10月 4日(土) きのうに引き続き、「8」を押しながら起動させると出てくる「おまたせしました
       Mac OS 8」の日本語版開発メンバーの方からメールをいただいた。
        それも驚いちゃいけませんぜ、正真正銘の「
あけましておめでとう」などのイースター
       エッグを漢字Talk6.04からコツコツ作り続けてられるというご本人からからなのだ。
        しかも「
Apple Computer 社員一同」について言い訳させてくださいとおっしゃる。

         『
初期の頃から右下に必ず「Apple Computer, Inc.」という文字を入れていまし
          た。これはなぜかといいますと、いきなり何の説明もなしに「あけましておめでと
          う」といわれると「これは怪しいウイルスなのではないか?」と考えるユーザさん
          が必ず出るだろうという懸念があるからです(最近はそんなにおとなしいウイルス
          はいませんが、初期の頃のウイルスといえばクリスマスに「Merry Christmas!」
          といきなり表示するようなモノでしたよね)。つまり「社員一同」は、「謹賀新
          年」なり「Happy birthday」はアップルが出しているメッセージである、という
          ことを明確にするためのものなのです。とはいうものの、たしかに「アップル社員
          になんかじゃなくてうちのマックに言われたいんだ!」という皆さんの気持ちも充
          分わかります。なにかお知恵がありましたら、ぜひともご一報ください。では、今
          後ともアップル/マッキントッシュをご支持いただけますようお願いいたします


        なーるほど、そういうことでしたか。
        私が人から見ればしょーもない食べ物を売るのに、おおげさでもなく命がけで毎日がん
       ばっているように、Macらしさ、遊び心などと言われる「あけましておめでとう」ひとつ
       に、これだけいろいろ考えておられる方がいるのですね。
        そこで私の代案ですが、そもそもしゃっちこばった「
謹賀新年」の表現がMacに似合わ
       ないのであって、よけい「
社員一同」が浮いたのだと思う。
        「Apple Computer, Inc.」が入ったとしても元々の「
あけましておめでとうございま
       す
」に戻るのがいちばん自然で楽しいと感じますがいかがでしょうか。

        もし、これを読まれた方でアイディアがあればご連絡くだされば、このWebページに掲
       載するかご本人にメールを転送します。もしかして皆さんの案でお正月が来るかも
        さあ、どうぞ!

10月5日() 携帯電話もとうに圏外のスキー場が隣にある山奥にて、1泊2日で延べ20時間の会社の
       行事からいま帰った。
        さっそくチェックするといつもよりたくさんのメールをいただいていた。みなさんも
       「
あけましておめでとう」って言ってくれるようなMacが好きなのだ。
        その中で私のメールフレンドでありアドバイザーでもある
Fujitaさんのご意見は同感
       なので紹介させてもらいます。

          
結論。「あけましておめでとうございます」だけで良い。起動途中に、ぽ〜んと
          「あけましておめでとうございます」が顔を出すのです。まだ、プロバイダにもイ
          ンターネットにも未接続の段階じゃあありませんか。なにを余計な心配をしている
          のでしょうか。考えすぎ、考えすぎ。「角を矯めて牛を殺す」という言葉がありま
          す。少しの欠点を直そうとして、その手段が度を過ぎ、かえって物事をだめにして
          しまうということです。漫才では、大まじめが笑いをとることもありますが、「遊
          び心」は100点満点からは生まれない。お役所仕事を見てごらんなさい、つまらな
          いでしょう。俳句や川柳の、あの簡潔でキレのよさを、Appleさん、思い出してく
          ださい。余計なものは、添えないことです。パシッと一発!


        MacOS8でOption+Deleteで出来るゴミ箱ポイのショートカットは最高ですねえ。
        デスクトップのどこにあっても選択さえすれば、シュシューっと一瞬にゴミ箱に飛んで
       いく。
        まるで部屋にあるごみ箱に、紙をまるめてポーンと投げたらスポッと収まって「ナイッ
       シュー!」「ストライークッ」っていう感じなのだ。消去に関連するのでわざと両手を使
       うショートカットにしているのだろうが、左手キーボード、右手マウスで軽快にポイポイ
       したいので、初めてファンクションキーを設定しようと思っている。


ぜひ感想をメールでください
tktr@sannet.ne.jp(tosiaki takahasi)