大好きなAppleにひとこと

「もうAppleは・・でも私は絶対Macintosh!」

97.3.16   きのうのAppleのレイオフについてもかなり情報があったが
       全社員13400人中4100人の解雇だそうだ。
       Opendoc、Cyberdog、OpenTransportもこれ以上開発しない。
       Newtonは売りたいけど買い手がついてない。
       ピピンの開発はセガバンダイにまかせる。
       Performaは中止になる。
       支払いを延ばして、国内16店舗をダイエーに売ったヤオハンより
       もっとやばいじゃないですか。
       いいです、もう。
       お客の私がどうしてAppleにこうもヤキモキしなけりゃいけない
       んでしょう?
       Macがあればいいです。
       SE/30NeXTをいまだに大事になさっている人達のように、
       このあいだ会ったお得意先の同年代の方のように、いまだに
       初代セリカを乗られていたり、友人のようにHonda S800を
       実家の車庫に磨いたままおいているように、いまあるMacを
       だいじーに使っていくんでもいいです。
       
       何しろこのホームページは、「Mac」で「ビギナー」という
       世間(シェア)からしたら、そうとう特化したニッチ(悲し)
       な個人の小さな存在と認めざるをえないけど、それでも1日に
       100人も見にきてくださるMac仲間がいるのだから・・

       これはあくまでも私の見解だが、Appleはダメかもしれない。
       でもこのような熱狂的ファンがいる限り、Macは絶対に存在
       し続ける。

       2月1日以降にMacintoshの指定機種を購入した人には、Mac
       OS7.6を1200円で販売するそうで、申込書など一応downlord
       したが、なんか気が乗らない。

ぜひ感想をメールでください

tktr@sannet.ne.jp(tosiaki takahasi)