大好きなMacintoshのAppleにひとこと

7月 8日(火) 香港が中国に戻って1週間、すぐには変わらないだろうがこれからどうなっていくだろ
       うか?
        中国の人とマーケティングの話をしていて、なかなか噛み合わなくて、すごい労力を使
       ったことがある。計画経済の中で育った人には、「サービス」というのがどうも理解し
       にくいらしい。
        彼らは原材料があって、経費と利益があって、だからいくらで売りたいと言う。こっち
       はまず競合を考え、いくらにしないと売れないから、お客様に買っていただけそうな価格
       に対してどう費用を詰め、さらにサービスの差別化で頭を悩ませる。
        ずいぶんディスカッションしていて、運賃が原価計算から抜けていたのに気づいて指摘
       したら「なあに、いい商品さえ作れば問屋や小売屋がトラックやリヤカーで工場ま
       で取りに来ますよ
」と何言ってんだという顔をする。おぃおぃ、冗談じゃないよと、
       また激論になったものだ。

        だ・け・ど、どっかのAとかいう会社とちょっと似てませんか?
          1.いいものは多少高くても、お客は林檎マークがあればついてくる?
          2.売れちゃうから生産が間に合わないけど、お客は順番待ちをしてくれるだろ
           う?
          3.競争になると利益が減るので、ノートのライセンスは出さない?
          4.熱烈なユーザーを作って?あるから、広告は無駄だ?
          5.WinはどうせMacのマネだから、機能が上のものがあっても気にしない?
          6.精巧な機械なんだから、多少の間違いがあってもしょうがないだろう?

        これだけ殿様商売をやっていても「Macが好き」と、こっちは言っちゃってるんだから
       情けないのだけど、これからの新しい顧客層には、もう通じないことくらいは気づいても
       らいたいですよ。


ぜひ感想をメールでください
tktr@sannet.ne.jp(tosiaki takahasi)