Macであんなこと、こんなこと

7月30日(水) LAにいるGeorgesくんは、もうMacOS8をインストールしたそうで
       「ハチ(MacOS8)はとっても可愛いです。安定しているしちょっと浮かれている」そ
       うだ。ムムム。どう可愛くて、どう安定してるのか、詳細な報告を待ちたい。

        そんなとこへ「あけましておめでとう」復活の可能性の連絡をくださった
アップルジ       ャパン関連の方から、またまた嬉しいメールが届いたのだ。
        まず「MacOS8日本語版は英語版に輪をかけてとってもいいものになりそう」だそう
       だ。ムムム。どう輪がかかっているんだろう?
        それからここが何より皆さんに紹介したいところで「返事を出してないのはまずいけ
       ど、高橋さんのをはじめ皆さんのメッセージメールは、アップルジャパンのイントラネッ
       トのなかで掲載されてあり、どうやら
それを読んで原田社長がエンジニアリングとの
       ミーティングの時に
あけまして・・が欲しいと言った
ようです」だってさ!!
       皆さん改めて言いましょう!やったぜぃ!!

       
しかし「Welcome については、MacOS のままです。
MacOS はライセンスもされる
      OS ソフトウェアの名前
Macintosh は Apple の販売するハードウェアの名前
       
です。Mac はどうなのか知りませんが、愛称なので、ちゃんとした場所には出てきませ
       ん。確かに、個人的には Macintosh という名前もライセンスすることによって「このコ
       ンピュータについて
」なんて無味乾燥なメッセージを見なくてすむようにしてほしか
       ったと思います。これを変えるのはとても難しいとは思いますが、なにより結局はユーザ
       ーの方々の声が一番影響力があります。要望は発信しつづけるべきでしょう」
        わっかりました!続けましょうぞ!!

        MacOSとMacintoshをこういうふうに区分しようとしてるなら、Macintoshに入る
       MacOSだけには「Welcome to Macintosh」が出るようにしてもらうしかないのか?
        すると互換機はMacintoshではなくて、MacOSのインストールされているMacです
       か?それともMacと言ってはいけないのだろうか?

ぜひ感想をメールでください
tktr@sannet.ne.jp(tosiaki takahasi)