Macであんなこと、こんなこと
9月26日(金) うれしい!
        MacOS8日本語版は想像していたよりずっと使い心地がいい。わずか1時間くらいいろ
       いろやっただけでも、もう手に馴染んでくる感じ。
        きょうMacを初めて、というよりパソコンに初めて触れた人でも、このOSなら夢の入
       り口に立てる、きっと。開いたり閉じたりするだけでも、とにかく触っていたくなる。

        ゴミ箱を空にするメニューが一番上になって、それだけでもずいぶん使いやすい。メニ
       ューを開いてマウスボタンから手の放せるようになった「
ステッキーメニュー」も、フ
       ォルダを重ねるだけでフォルダがどんどん開いていく「
フォルダナビゲーション」も違
       和感はないし、なによりいままで通りの使い方もできるところがいい。
        新しい機能の中では、開いたウインドウをデスクトップの一番下に、まるで机の引き出
       しのように使う「
ポップアップウインドウ」は、エイリアスを分類してまとめといたら
       いいかも、なんて思いついた。

        さていちばん心配していた手持ちのソフトのOS対応だが、Internet関連も、Adobe、
       マイクロソフト、オンラインソフトもちゃんと動いた。
        別の理由かもしれないが、StuffIt Dx4.0だけがいまのところぴくともしない。

        他の用もあったのだが、昼に超・超特急でソフマップへ行ったのだ。
        走るように店内に入り、おぅ8だ!とよく見たらOffice8の似たデザインの大陳じゃな
       いの。
        Mac、Macと店内を見渡したら入り口の真ん前にOffice8より小ぶりに積んであった。
        その店内の雰囲気を一言でいうと、ちん!としている。
        新規版が19800円、安いね。アップグレード版は11800円、高いじゃないの!ま、ご
       祝儀だ!とレジに急ぐと7.6のCD-ROMの提示を求められ、Appleマーク入りの小銭入れ
       をくれた。
        朝並んだ人はいました?と聞くと「少し・・」、結構売れました?「イマイチ・・」
       って。
        いいです!!
        Appleがこれからどうなっていくのかわからないけど、この素晴らしいOSという作品
       さえ持っていれば幸せになれますから。

9月27日(土) 8の手応えに自分が興奮しているので、つい周りのMac党に声をかけているが、バージ
       ョンアップを申し込んだという1人以外あとはみんな様子見をしていて、結局セカセカ買
       っているのは私だけなのだった。
        曰く68Kだから・・パフォーマなので・・ソフトの対応がわからないから・・と理由は
       いろいろで、OSは安いものではないから慎重になるのも当然かもしれないが、いづれに
       しても一応にMacのトラブルでは苦労をしてきているから、新たな投資に不安なようなの
       だ。

        きのう、きょうと、私が目を通した新聞には、Win98の発売が来年の7月になることは
       載っていても、MacOS8が発売されたという記事はみつからなかったし、アップルジャパ
       ンの広告もなかった。
        そうなら微力ではあるが、使用感などをWebページで伝えることにより、このOSの素
       晴らしさを語り合える仲間を増やせたらと思う。

        そのMacOS8を1日使っての感想をひとことで言うと、「Mac独特の不安感がない」
       だ。フリーズや爆弾が出そうでMacがヒクヒクしだす予兆みたいな危なっかしさが漂わな
       い。
        特にスクロール、ウインドウの開閉、文字入力(ATOK8、ことえり2.0は未だ)の反応
       と、どれもとてもなめらかだ。OpenTransportも1.1.2から1.2になって、安定と特にモ
       デムでのクリックから接続までのスピードアップを感じる。
        ウインドウが開くのは速いけど、中のアイコンの認識にうんしょと時間差が出るのは
       チトかったるいが、今度の8.01へのバージョンアップで解消されるらしい。
        またソフトで今のところ唯一動かなくなったStuffIt Dx4.0は、アップルのWebページ
       の対応製品情報をみたら△印になっており、4.5で対応のようだ。ホームページや
       Internetでの必需品となっているので、新たな出費もしかたないと思っている。
        △というのがニクイ。

9月28日() 国立の結果に触れるのはよしましょう。
        WebページにもMLでも、そしてMac仲間からもMacOS8の使用感が次々に寄せられてい
       るが、もうエラーやバグの話などが出てきている。
        私の方は
MacOS8QuickDrow3DOT/PPPだけのインストールをしていて、い
       まのところ快調だ。
        Internetはやっぱり
DragThing 2.0PPPNetscapeEudoraFetch
       
GraphicConverterJeditPageMillらをスモールアイコンで並べるほうが使い
       勝手がいいので、デスクトップにアイコンがはられるWeb共有は最初から入れるつもりが
       なかったし、
OpenDocCyberdogも、自分のホームページのレイアウトや色が
       
NetscapeI.Eと表示のされ方が違うので、あとの楽しみにするつもりで入れなかっ
       た。
        もちろん、エプソンのプリンタドライバが今は対応されておらず、セレクタで認識され
       なくなる
QuickDrowGXは入れられない。

        MacOS8を入れたけどシェアウエアで体験済みのことが多くてそれほど・・という方も
       おられるが、こういう方はだいたいMacのベテランで、そりゃMacというのは10年先に出
       来そうなことを10年前に実現しちゃったようなOSなのだから、その当時の感動に比べれ
       ば今度のOSは継ぎ足しのように感じるのかもしれない。
        その点私のようなまだ2年程度のMacビギナーは、最初にエイリアスが作れて大喜びし
       たときと同じような歓喜を、このMacOS8でも感じているのだ。
        特にメニュー〜編集〜Finderの設定で、フォルダナビゲーションがスピードアップでき
       るのと、ラベルをダブルクリックすると出てくる
カラーピッカーの「HTML」と「
       
」は楽しいですよ。
        特にクレヨンはこれぞMacの洗練さじゃないですか。なんだが子供の時36色入りクレヨ
       ンを買ってもらったときみたいに眺めてしまっています。そしてoptionを押しながらクレ
       ヨンの下の方をクリックすると少し薄い色も出てくるのだ。
        デスクトップピクチャには「ナスカ高原の地上絵」があって迷ったが、やっぱりデフォ
       ルトの立体的MacOSパターンに当分しておこうと思う。この色も気に入っているのだが、
       よく見ると鼻をたらしているようにも見える。


ぜひ感想をメールでください
tktr@sannet.ne.jp(tosiaki takahasi)