ソフトを使いこなしたい!

インターネットその他

97.4.7    移動の新幹線の中で読んだMACLIFEに、Opentransport
       複数ブロバイダ設定の方法を390Pにみつけた。
       いままでどこにもこの方法の説明がみつからず、不安ながら
       サーバーアドレスとドメインをずらずらと書き重ねて
       それで再起動しなくてもPPPの切り替えだけでつながるので
       Web上でも人にその設定法を教えたりしていた。
       だけど、切り替え時に引っかかったような感じのときや、
       1回でつながらないときがよくあったので、Opentransport
       の性能の問題かと思っていたのだけど。
       家に帰りさっそくやってみたのだが、この雑誌の説明がすごく
       はしょったものでちっともうまくいかずメゲてしまった。
       そこでMacintosh Tree MLにこの質問をアップしたら、ごく
       丁寧な解説で西村さんと佐々木さんにReをいただき、これを
       プリントアウトしてやってみたら見事できました。
       改めてありがとうございました。

       Opentransport1.1.2Eを設定した方法は下記のとおり。
        1.TCP/IPを開く
        2.FileからConfigurationsを選択
        3.RenameでブロバイダAの名前をつける
        4.Duplicateでコピー     
        5.これをブロバイダBの名前をつける
        6.Make Activeを押す
        7.Bのアドレス、ドメインを記入する
        8.TCP/IPを閉じる
        9.出てきたダイアログのSaveを押す

       後はアクセスするときは、TCP/IPからConfigurationsを
       選択して、使うブロバイダ設定のほうを押せばいいのだ。
       再起動しなくていいだけで、Mac TCP Swicherと同じか。
       Cyber Gateなら、ワンクリックでTCP/IPもPPPも切り替え
       ができて便利。
       いままで違うことを私が教えてしまった皆さん!
       つながっていたとはいえ、ゴメンなさい。

97. 3. 23 
電子メールソフト「MUSASHI-J」をダウンロード。
       ウインドウの中にあるアイコンをクリックしたりの操作はMac
       的だと思うけど、全体的に手作り的で馴染めない。
       Eudoraも書簡箱間の移動などMacっぽくないが、慣れ親しんで
       しまい今更変える気がしない。
       Eudora Proもスターターキッドに付いてきているのに、複数
       設定などをまたするのがめんどうで、J1.3.8.5のままにしてる
       くらいだから。
       今度のバージョンアップでドラッグ&ドロップ対応など機能が
       かなり強化されるようなので、そしたらその時思いきろうか。

97. 3. 2  OpenTransport1.1.2を、JEFFさんのソフトコレクションから
       ダウンロード。
       英語版で漢字トークでの使用はAppleは保証してないらしいが。
       700kほどの4つのディスクを約20分で。
       先に捨てるのがこわくて、上書きしたらそれぞれダブってインス
       トールされてしまい、コントロールパネルは入れ替えたが機能拡張は
       いまいちどれがどれだかよくわからない。
       でも新たに起ち上げてみたら、キモチ動きがきびきびしたとは思う。
       J1.1から1.1.1をとばして1.1.2となり、OSも7.5.5で環境だけは
       最先端である。
       先日7.5.5は7.5.3.1だと息巻いたが、Satoさんに「まあまあ、タダの
       ものにそんなにつっかからないでも」とメールで諭され、言われれば
       おっしゃるとおりである。

97. 2.27  
Internetの友、CyberGate
       あのヤボなアイコン以外は大変使いやすくて便利だが、ひとつダメなのは
       アクセス中、フリーズしてやむなく再起動をかけると、その時のそれまで
       の時間を足さない。
       だから1ヶ月中なんにも起きなきゃいいけど、いくらNetscape3.0で安定
       したといっても、時々落ちるわけで、そうするとその時のアクセス時間は
       結局メモしておかないと、累計とブロバイダの請求書は合わないのデス。
       もうチョイ、勉強してね

97. 2. 1  
いまMacを起動して、いちばん使っているのは断然Eudoraになる。
       手紙を出そうと思ったり、年賀状を大量に書く前にはそれなりの覚悟
       がいるのに、Eudoraだとスイスイ書けちゃうのだ。
       受送信の黒いバーがグッグッっと伸びるとき、いかにもメールがMac
       から電線を伝って送られていくような達成感のようなものがあり、
       あれが何とも言えない。
       Eudoraなら、宛名も署名ももちろん切手も要らないし、返事を書く
       ときいただいたメールを切り貼りして、会話をしている感覚でできる
       ところなんか、まったくよくできている。
       Netscapeはコスト・パフォマンスは安いが買うものだし、その点
       フリーウエアのEudoraはInternet時代を切り開いたMVPではないか?


97. 1.31  末摘花日記のみつ子さんは、いまだにワンちゃんが走り回るFetch
       こわいという。
       とても正直だと思う。
       私もついこの間まで、その都度、もうドキドキしながらやっていたし
       Fetchは、私たちビギナーにとって大きな関門だと思う。
       だいたい、初めてホームページをアップロードしたとき、フォルダを
       まるごと送ってしまって、アクセスしてもフォルダそのものが出て
       きたもんだ。
       それでフォルダを開くと、ようやくメインのページにたどりついて
       これっていつブロバイダの人が開いてくれるんだろう?と、一週間も
       待っていたのに、いつまでたってもフォルダのまま。
       そりゃそうだ。
       2〜3度ブロバイダの担当の方に問い合わせて、やっとindex.htmlを
       外に出してアップロードすればいいことがわかったという、せつない
       経験を持っている。
       その後もハウツー本で、Fetchの操作は、だいたいわかったつもり
       だったのに、更新するファイルだけを送ればいいこともわからず、
       毎回時間をかけて全ファイルを転送していたり、削除したいファイル
       の消し方がわからず、ずっと置きっぱなしにしたことや、ショート
       カットの設定を知らず、これも毎回カツカツ設定を打っていたこと
       など、失敗はいつものことながら山ほど。
       ようやくいろいろ便利な使い方を理解してきたら、やっとドキドキ
       しなくなってきたばかりだ。
       ところが先日、日本語版をダウンロードし、さあ使おうとしたら、
       クリックの場所とうろ覚えの英単語で慣れてしまったようで、かえって
       日本語だと操作がもたつき、いちいち考えてしまうので、結局そのまま
       英語版を使っている次第。
  
97. 1.18
  きょう買った「Mac Fan internet」に、Eudoraのスイッチ設定
       が詳しく載っており、「新着チェック時に送信」にチェックを入れ
       ると、メールの確認をするときに、溜まっている送信メールを送信
       するんだそうだ。
       これにチェックが入っていたので、お年賀メールを31日夜に送る
       失敗をしたことがわかった。
       1180円で1つの収穫。
       ソフトの値段に敏感になっているわりに、本ではかなり散財して
       しまっていそうだ。

97. 1.17  
福建語と北京語と英語と、片言の日本語がまだ頭を駆けめぐって
       いる。
       東南アジアのさる国からの大事な来客があり、2日間丁々発止の
       やりとりが続き、商談はまとまったわけではないが、通訳を介して
       ではやはり少し疲れた。 
       Eudoraで顔の見えない方と知り合い、思わぬコミュニケーションが
       芽生える喜びを知ったが、面と向かっても言葉が通じないとなかなか
       気持ちや考えが伝わらないなんて。

97. 1. 1  
 正月からもう失敗。
        1997年になる12:00直後におめでとうのメールを送ろうと、夕方
        からEudoraの送信簿にQの状態にいくつもしてあった。
        10時頃メールが来てないかと(3通いただいていた)コマンド+Mの
        ショートカットを入れると、あれー?
        いっちょ、にーちょっとスイスイ送り出しちゃった。
        送信待ちのメールがあって、受信のチェックをすると送信を始め
        しまうのかあ。
        知らんかった!
        こうしてせっかく1月1日づけで年賀状メールを送ろうとしたのに
        12月31日の夜の日づけでおめでとうって
        まぬけだ!

96.12.31  
 年が明ける12時過ぎに年賀状メールを送ろうと考えていたら、やっぱり
        みんな考えることは同じで、すごく混むそうだ。
        つながるだろうか?
        Eudoraではあらかじめ打っておいて、それを送信する時間まで保存して
        おいて、別のメールのやりとりがそれまで出来るのか?がわからないので
        12時前に打っておいて、時報の後一斉に出すことになる。
        年賀状なら大変だが、コピー&ペーストや同報ができるからそんなに手間
        じゃないだろう。
        これこそInternetメディアの真価発揮だ。
        ちゃんと届くだろうか?

ぜひ感想をメールでください
tktr@sannet.ne.jp(tosiaki takahasi)