野伏岳山行報告

2006年3月25日日帰り

メンバー テレ式(単独)

7:05白山仲居神社P発-8:30和田山牧場跡-11:00山頂着

11:15山頂発-12:30白山仲居神社P着

一宮-白鳥IC東海北陸自動車道を利用、通勤割引の時間まで大和Pで待機、そのため神社着は6:45になりました。
、すでに神社Pは満車状態で、川原の空き地に駐車(ここも帰りには満車になっていた)しました。
和田山までの林道はでこぼこのアイスバーンで板を担ぎました。和田山牧場に着くとこれから登る野伏、白山等が綺麗に見渡せました。沢山のスキーヤー、登山者が休憩していました。ルートに使うダイレクト尾根の取り付きは急斜面でしたが、既に先行者のステップがあったので楽に登れました。ダイレクト尾根から山頂までは黙々と歩きました。下部は雪が緩んでいましたが、上部はクラストした部分もあり、アイゼンを使用しました。このコンディションで長靴、ノーストックで登っている人もいてびっくりしました(地元の人らしい)。
山頂で大展望を楽しんだ後、ダイレクト尾根取り付きに戻り、南西斜面に滑り込みました。出だしは多少急でしたが、中間部からは、斜度、雪質ともいいかんじになりダイレクト尾根下部まで気持ちよく滑ることができました。和田山牧場から林道までは、だだっ広いので、視界が悪いときは苦労しそうです。
林道の下りは倒木が多いうえに雪がでこぼこでつらい滑りで膝がガクガクになりました。

天候(無風、快晴)、雪質に恵まれ充実した山行が楽しめました。

白山仲居神社

和田山牧場跡から野伏

ダイレクト尾根

南西斜面〜山頂

テレ式のシュプール..見えない?

ここ滑っちゃいます