野伏岳報告

メンバー:CLテレ式、ハッパフミフミ、ちょこ
4月9日(日)
7:30駐車場発
10:00和田山牧場跡
12:30山頂
14:30駐車場着

テレ式は3月に続いて2回目の野伏、ハッパフミフミさんは以前二日酔い敗退の経
験あり、ちょこは初野伏でした。
林道は前回と同じ場所から積雪がありました。テレ式、ちょこはつぼ足、はっぱ
フミフミさんはシールで歩きました。長ーい林道歩きのあとようやく牧場跡地に
着きました。
牧場からは野伏の眺めが素晴らしい、しかし風が強烈...ダイレクト尾根でこの風
はかなり嫌だな〜と思いつつ牧場を横断(縦断かも?)しました。しかし、ダイレ
クト尾根の取り付きに着くとあんまり風を感じませんでした。
牧場からダイレクト尾根に出る斜面はかなり急で、ちょこがへこたれます。ハッパ
フミフミさんもシール登高に苦労(この後スキーアイゼン装着で歩きやすくな
ったそうです)しました。
ダイレクト尾根上を黙々と登りました。途中ちょこのテレマーク滑降限界斜度付近
で、ツエルトを広げてちょこを残置、滑れない山は登らないのがテレ式流
テレ式とハッパフミフミさんで山頂を目指します。雪質は前回クラストして緊張
したあたりも、新雪がやわらかく歩きやすかったです。山頂着、白山が感動的に
美しいが、風が強く寒いのでさっさとスキーを履いて下山しました。
テレ式は、牧場のゆるい登りを考慮して、手作りのうろこ板をチョイス、彫刻刀
で削ったうろこの精度が悪いので、湿雪がブレーキになって滑りにくいことこ
の上なし...いつもの板でくれば良かったとちょっと後悔しました。
それでも、ちょこ残置地点まで戻る頃には多少板に慣れてきました。
さあ、ここから3人で滑降です。ハッパフミフミさん今シーズン初スキーとは思え
ない余裕の滑り、ちょこは、腐れ雪でテレマークポジションができません、テレ
マークターンにトライして2回ほど爆コケした後は、アルペン滑りに切り替えて、
ハッパフミフミさんに「アルペン滑りうまいね」と変なお褒めをいただいてまし
た。
後は、各々牧場まで欲望の赴くまま滑りました。傾斜が無くなるあたりでダイレ
クト尾根からトラバースするとどんぴしゃ牧場に出ました..晴れてたんだから当
たり前か...
牧場から林道までは緩やかな登りです。ハッパフミフミさんとちょこは板を担ぎ
ましたが、テレ式はうろこ板の本領発揮です。「うろこ最高〜!」といいつつ林
道に出ました。
後は駐車場目指してひたすら下ります。途中、雪面に飛び出した木の枝にひっか
かり、テレ式爆コケ...つぼ足の人を何人か追い抜きましたが、皆さんゆるんだ
雪で歩きにくそうでした(スキー万歳)。
帰りは、美人の湯で入浴して帰りました。天気、雪質、メンバーに恵まれて楽し
い一日でした。

振り返るハッパフミフミ氏

振り返るテレ式、板が細いでしょ!

ラッセルしてるように見えるけど、ただのラッセル泥棒

ちょこを残置して山頂を目指す二人

帰ってきたテレ式

そしてハッパフミフミ氏

更にハッパフミフミ氏

テレ式はなぜか木の陰

道具はテレマークだが、何故か踵を上げないちょこ...上げると転ぶんだもん

攻めるハッパフミフミ氏

和田山牧場跡を歩くちょこ

ハッパフミフミ氏も歩く

野伏、左側が滑ったバーン

手彫りのうろこ、これぐらいの物でも結構登れますよ、板は細いし、リーバー2はシンプルだし、
いつものカービングスキーよりもテレマークらしくていいかも?