御池岳冬合宿(T字尾根)

2011年1月8〜9日)

 

年末の御岳での雪トレの成果を確認・実践する冬合宿である。今回は会長のNさんやGさんなど会のフルメンバーが参加するものと期待されたが、結局はCLのIさん、SLのMmさん、それにベテランSさん、Wさん、新人のMhの5人の参加となる。会としてはT字尾根からの登攀は過去にも経験があり、テーブルランドでの周遊などゆとりのある計画となった。

1月8日

 7:15 春田駅集合、新人Mhのザックの小さいのが目立つ。   

全員揃い、Sさんの車で八日市ICを目ざす

10:00 東近江市の君ヶ畑駐車場、積雪を踏み駐車場を確    

保。Mhの共同装備最小でメンバーに負担となる

10:28 登山開始、CLのIさんを先頭に積雪の君ヶ畑林道を

進み、T字尾根への取り付けを探す

11:00 T字尾根取付、Mmさん果敢に急斜面にアタック、尾根に取付く。878m地点より、林間の雪原をラッセルは決して楽なものではない。処女雪を踏みしめ、時に野ウサギの足跡に先導され、トップを交代しながら一歩一歩高みに挑む

13:45 T字尾根918m地点、T字尾根の中心部。緩い雪原がどこまでも続き快適。Sさんのスパッツの失念、Mhのワカン装着の不具合などほころびが散見される

14:15 テント設営、918mよりしばらく進んだ平坦な林間にテント設営し、今宵のねぐらに生気がともる

17:00 夕食、Sさん肝入りのトマト鍋が山上での夕食の華となる。これで明日の登攀への英気も十分まかなえるに違いないだろう。しばし、食後の雑談に花が咲く

21:00 就寝、持ち寄りのアルコール類も飲み干して、Wさんやや物足りなそう。手持ち無沙汰で就寝に

 

1月9日

 5:20 起床、朝方猛烈に寒く眠れない。朝食は先夜のトマト鍋に手を加えたリゾット。2日続きのトマト味にややヘキエキ。寒気で体が凍てつき、出発準備がなかなかはかどらない

 7:35 出発、予定時間をやや過ぎての出発。晴れ間ものぞき鈴鹿の峰々も雄姿をあらわす

 8:30 967mピーク着、Mhがアイゼン装着の際左指にケガ。ここでも薄手の手袋が必需なことを身に沁みて知る。いよいよ最大の難所やせ尾根はアンザイレンで無事通過する

10:20 テーブルランド着、朝のうちの晴れ間が見る見るうちにガスで視界不良。風も強く、やっとの思いでテーブルランドに到着。長居は出来ず早々に退却し、テーブルランド周遊など縦走はあきらめる

12:00 テント撤収、帰路、やせ尾根も無事通過し、テント場へ帰着。直ちに撤収作業に

12:50 下山開始、登攀の際のラッセルを頼りに下山コースを下る

15:20 下山、出発地点の君ヶ畑駐車場に全員無事に帰り着き、冬合宿を終えた