綿向山       11月27日

薄明りの朝6時、5人集合。しかしMさんは風邪で欠席に。みかんの差し入れをして下さる。第二名神の土倉で高速を降り県道41の細い道をカーナビ信じ走る。

鹿のファミリーか8頭程が左の山側に逃げる。大きな角をもった1頭の鹿は右側の沢に。

8:00御幸橋駐車場に停める。林道を歩きヒズミ谷出会小屋に着き右手の道に入る。

水無山北尾根コースだ。ヒノキの植林の道は手入れがされているが陽が届かず肌寒い。

一旦林道に出るが直ぐに登山道となる。危険な道ではないが処によっては安全のため

虎ロープが設置されている。鈴鹿の山らしい雑木林の道は落ち葉で柔らかい。

結構急な斜面を行くが、「雨の日はごめんだ」とSさん。

文三ハゲに出たのが9:55.どうしてこのような名を付けたのか知りたい!カメラを

忘れたのでお見せできないのが悔しい!興味のある人は是非その目で見て欲しい。

金名水の水は涸れているのではと心配していたら表参道コースと合流し8合目に着く。

10:10だった。急な階段を詰めると山頂のお社に到着。

   説明: C:\Users\imao\Desktop\2011112711190000.jpg

 靄がかかったような天気でクッキリとした稜線は望めなかったが、この3人の後ろは

雨乞岳。イブネ、クラシ、鎌ケ岳。雲の中に浮かぶ御嶽も見えた!

Wさんのユニホームはグランパスのもの。前日試合観戦で買ってきたものらしい。

勝った試合なので験が良いと今日着てきた。

11:20 Gさんもコンパスをセットし竜王山に向けて出発。

5分も歩かないうちに山頂とは違う風景になる。笹に覆われた尾根が素敵だ。イハイガ岳への尾根で、視界の広がりは抜群だ

綿向山はブナの木が多い。太いブナは余り多くない。ところが、この珍変木と看板に

書かれたブナの木は太い。

地面をよく見て!

説明: C:\Users\imao\Desktop\2011112711290000.jpg 4人でこの木の周りを回り、カーブしているところを潜って楽しんだ。   

また急坂を下っていく。シャクナゲの木が多い。咲くころは素晴らしい道だろう。

ドッシリとした綿向山の山容に惚れ惚れとしてしまう。

ようやく鉄塔の下に出たのが13:00.伊吹山や琵琶湖が眺める場所だ。

13:23竜王山山頂に到着。

急な階段を下り、ジグザグの坂を下ると竜王山登山口に出る。14:00

 

綿向山や竜王山にはこのようなしっかりした道標がある。ヒズミ谷出小屋も立派だ。

地元の方々のご努力や気持ちに感謝して山行を終えた。

説明: C:\Users\imao\Desktop\2011112713260000.jpg