雨の銚子が峰         6月28日

C:\Users\imao\AppData\Local\Microsoft\Windows\Temporary Internet Files\Content.IE5\KPOW8LU6\__ 1.JPGC:\Users\imao\Desktop\__ 1.JPGC:\Users\imao\AppData\Local\Microsoft\Windows\Temporary Internet Files\Content.IE5\EG565MP8\__ 2.JPG朝の5時半のヤフーの銚子が峰の天候は終日、曇の予報だった。郡上を過ぎ白鳥の街に入ると薄日も差してきて期待した。石徹白川沿いの林道は狭くカーブも多いのでSさんは慎重に運転してくれている。更に道には頭くらいの石や一抱えするような石が転がっている。予定より早く9時に到着。身支度整え駐車場の前が登山口。                         420段の自然石の階段だ。濡れていて慎重に420を数えながら歩く。               登り切ったところに天然記念物の石徹白の大杉。幹回りが14mあり1800年と看板にあった。暫し見上げる。

尾根沿いに登山道があり、ずーと登り続ける。

蒸し暑く汗が出る。途中、“おたけり坂”の標識があり、“雄たけび”の間違いじゃあないかと

心の中で毒づく。

C:\Users\imao\AppData\Local\Microsoft\Windows\Temporary Internet Files\Content.IE5\EG565MP8\__ 2.JPG雨が降ってきたのでザックカバー着用。3人は傘。2人は合羽を着る。途中雨が多くなり3人も合羽を着る。

 

急坂が続いても、余裕のSIさん。

“雨宿りの岩屋”で「雨宿りのできるスペースは無いぞ」と言って写真に納まった。

                        

C:\Users\imao\AppData\Local\Microsoft\Windows\Temporary Internet Files\Content.IE5\EG565MP8\__ 1.JPGC:\Users\imao\AppData\Local\Microsoft\Windows\Temporary Internet Files\Content.IE5\EG565MP8\__ 3.JPG

やっと鳩神宮の避難小屋に着く。

ガッチリした造りで中は備品なども良く管理されていて綺麗だ。

虫が多く、戸を開けて入る時注意。

何故かSIさんとIさんは小屋の外で行動食を、WさんとSさんと私は靴まで脱いで小屋の中で食事。

先客が居て6人パーティで5人は山頂へ、1人残っている人と四方山話。

C:\Users\imao\AppData\Local\Microsoft\Windows\Temporary Internet Files\Content.IE5\KPOW8LU6\__ 2.JPG1120分小屋発C:\Users\imao\AppData\Local\Microsoft\Windows\Temporary Internet Files\Content.IE5\KPOW8LU6\__ 1.JPG    

雨は止まず、樹木も

低くなりはじめた。

母御石が見えてきた。  

C:\Users\imao\AppData\Local\Microsoft\Windows\Temporary Internet Files\Content.IE5\KPOW8LU6\__ 3.JPG              

これが母御石。C:\Users\imao\AppData\Local\Microsoft\Windows\Temporary Internet Files\Content.IE5\KPOW8LU6\__ 4.JPG  雪渓も見える

母御石を登り切ったら笹に覆われた開けた場所に出た。天気に恵まれていたら、素晴らしい眺めの処だろう。SさんのGPSのアラームが鳴り山頂近しと教えてくれる。

C:\Users\imao\AppData\Local\Microsoft\Windows\Temporary Internet Files\Content.IE5\KPOW8LU6\__ 5.JPG

1215分山頂に。5分程いて、すぐ下山する。

 

 

 

 

 

1327分小屋に着いたら、10人くらいのパーティーに小屋は占拠されていて入り辛い。

メゲズニ Wさんと私は中で雨に濡れた服を拭いたり、おにぎり食べたり。

 

下山は慎重に下っていくが滑る!滑る!SIさん1回、Iさん1回、佐藤さん1回

私は2回、Wさんはシンガリを歩いていたので不明。

無事に登山口に着いたのが1440分。靴もズボンも泥だらけ。泥を川で洗い流し

疲れは満天の湯でとり、金山に着いたのが1830分だった。

C:\Users\fumi\Documents\My Garmin\2014銚子ヶ峰.jpg