フランス〜スイスそのC

/1

今日もとても良いお天気です。シャモニーのバス停からベルビュー迄20程乗車

ベルビューからロープウェイでラ,シャレトッゥ駅から、モンブラン登山の入り口となる、

,デーグル駅迄登山電車に、モンブランに登る人たちのザックには、ピッケル、ヘルメット、装備が、しっかり固定され、これから登るんだと言う充実した、表情が、こちらにも

C:\Users\標準\Pictures\2009-07-02 着物\着物 005.JPG C:\Users\標準\Pictures\2009-07-02 着物\着物 008.JPG

伝わってきます。2005年モンブランを目指し、準備していた時の事が蘇ってきました。

今日のランチタイムは、氷河の塊も眺めながら、町で購入してきたオープンサンドです。

6ユーロもしました。でもかなりボリュウームがあり、一人では食べ切れません。写真で、お見せできなくて、残念です。

可愛らしい花が沢山咲いています。私は此の花が大好きです。

バックに白く見える山から沢山の花を『綺麗!綺麗!の連発で下ってきました。

 

C:\Users\標準\Pictures\2009-07-02 着物\着物 023.JPG

折りきったところは、牧草地で、カウベルをぶら下げた牛もノンビリしています。

駆け足で通りすぎてしまえば、こんな喉かな時間を味わう事もできません。 

 

 

ベルビュー駅に戻ると雷で、ロープウェーが止まってしまい、行列も長くなってくる。

私は、早速国際交流をはじめました。伊語で ゼロ、ウノ、ドゥエ、トゥレ〜ディエイチ(10)の数を披露したら。フランス人からパーフェクトと笑顔で帰ってきました。

それから、そのフランス人も、富士山に登った話、京都に行ったと話してくれました。

私達は、静岡と京都の中間地の名古屋から来た事を手振り、身振りで楽しい国際交流をして、退屈な待ち時間も意外と楽しく過ごすことが出来ました。