御嶽山  雪訓練

12月19日(土)9時半、刈谷オアシスで集合。Sさんの車で御嶽ロープウエイへ。中津川のICを降りたら雪がある。ここ4日ばかり前からの寒気で、北陸や東北の日本海側で雪が降り続いている。1時過ぎに到着。テンを張りしばし談笑。2時半過ぎには寝たと思う。

 

12月20日(日)寒くて何度か目が覚め、睡眠不足。6時には周りが騒がしくなり起床。朝食を済ませテント撤収したのが7時半。ロープウエイチケット売り場の温かいロビーでいるとWさんじゃないが行く気が萎む感じ。30分始発に乗り山頂駅へ。寒い!スキーヤーやスノボー族が滑り始めている。

 

ワカンを付け動き出したのが9時10分。「何度だろう、温度計を見てくれば良かった」上にある神社の斜面を利用して、どこかの会のメンバーが4列でピッケル使ってのラッセル練習をしていた。その傍を過ぎやや南方向へ歩き、御嶽神社裏の樹林帯に向かう。ここからは、もう凄い積雪。Sさん先頭でラッセルする。腰あたりの雪だ。よく見ると神社脇にトレース跡がわずかに見える。そこを目指す。ようやく樹林帯のトレースに入ったが昨夜の雪で跡は微かに解る程度で、歩くと雪は膝上まである。ラッセルをSWMIの順に2回繰り返した後、Mさんが体調不良に。顔色悪し。S、Wさんはラッセルしつつ前進、IはMさんの姿確認後進む。

 

10時過ぎ、テントが2張り。この人達が尾根を利用して訓練をしていた。雪の深さ、Mさんの体調を考慮して、これ以上を無理とSさんリーダーが判断。丁度Mさんの顔色も赤みが差してきたので、休憩を兼ねつつ訓練場所を捜す。尾根を利用しての訓練開始。ロープとATCで確保しつつ下降。谷に降りた。雪が深い。ピッケルを使って尾根を登りつつラッセル訓練。これは何故かIのみが行う。Sさんが40メートルロープをヌンチャク2本使って固定。ブルージックで登る。この時無線連絡の訓練も行う。時折旨くつながらず。

滑落停止訓練を行ったが雪が深く柔らかいため、思うようにスピードが出ず。12時近くなったので訓練を終了。谷に入っていたため冷たい風が当たらなかったので、訓練場所として最適だった。

 

ロープウエイ駅を目指して戻ることにした。Iが先頭。12時25分神社脇に出る。見るとコースにスキーヤーがいない!ここで滑落停止訓練をする。圧雪されているからよく滑る。滑落停止を何度か各自が訓練する。Iはもっと脇を締め、ピッケルを持つ腕が伸びないで停止が出来るようにと指摘を受けた。携帯で写真を撮る。

 

13時前にロープウエイ駅に着く。装備を外しゴンドラに乗り込み着席。ところがWさんがストックを忘れたことに気づき、飛び出る。我ら3人はゆったりと座った。下のロープウエイ駅で待っている時、温度計があり−4度を指している。上はきっと−8度〜−10度位だったろうなと感じた。立ち寄り湯に入り、お蕎麦を食べ6時半には刈谷オアシスに無事着いた。

最後に暴露話。

Sさんはカメラを持ってきたが、充電不足で一枚も写真が撮れなかった。Mさんの体調悪しは二日酔いだった。ワイン、ウイスキ、ビールの飲み過ぎ。

                    (文責I、編集S)