2008年1月27日新年山行(鈴鹿国見岳急登コース)

1月27日、かわせみ山楽会の新年登山に参加した。昨年は藤内沢を登り、今年は国見岳の急登コースを登ることになった。このコースは好きなので夏は1年に1回は、冬は今までに2回登っている。人があまり入らないので、氷っていて結構危なかった記憶だ。少し不安だったけど、今年に入って雪山らしいところを歩いてないので、ちょっとわくわく。「雪は少ないですよ」と聞いていたけど、3日ほど前に降ったおかげで、どっさりの雪。藤内小屋からいよいよ登ろうとしたら、「トレースがないので引き返します」と戻ってきた人がいた。「地図では尾根をつめればいいのだから行けるよ」というSさんの言葉に勇気づけられ一歩を踏み出した。最初心配だったので、Sさんに先頭を歩いてもらったけど、やはり、新雪を歩きたかったので、途中から代わってもらった。「前はテープがしっかりついていたはずだがなあ」と首を傾げるほどテープもリボンも少なかった。時々後ろの2人に「この道で良いい?」と聞きながら、よく見ると遠くにテープが見える。それに、笹がなく道らしいところもわかる。「尾根からはずれなければ大丈夫だよ」と言われながら、どんどん登っていった。ゆらぎ岩あたりまでくると、雪は深く、木の枝を持ってのよじ登りも多くなりなかなかのものだった。私はこんなちょっと危ない系が好きなので「やったー」と心でつぶやきながら先頭を歩いた。膝で雪を固めてからでないと進まないとこもあり、「ちょっと疲れてきたなあ」と思う頃、国見峠からの道にやっと出た。「よかった。無事に歩けた」どっと安心感が体を満たしていった。人の歩いた跡がしっかり見える、これで、道が見えなくなることはない。何度も見た「石の門」を見て国見岳の頂上に立った。鈴鹿の山は奥が深い。八ヶ岳に負けないくらいのすばらしコースがある。これからも歩きたいなあ。その夜は、日向小屋で新年宴会。私は朝早く帰らなければいけないのに、興奮状態で眠れなかった。かわせみ山楽会のすばらしい新年雪山登山だった。