タンギング

今月のワンポイントレッスンは初心者が最初につまずきやすいタンギングの基礎についてお話をしていくことにします。まず楽譜AとBを見てください。Aはスラーがかかっているので、楽譜の最初の音以外はタンギングをしないで演奏します。Bは一つ一つの音をタンギングをして音を切って演奏します。ここで初心者が犯しやすい間違いはスラーの時とタンギングの時とで息の流れやアンブシュアを変えて吹いてしまうと言うことです。スラーの時もタンギングの時も舌がリードに触れるか触れないかの違いだけで後は全く同じなんだと言うことを知ってください。このことがタンギングをマスターする上で一番大切なことでまた勘違いをしている人が多いことなのです。決して息で音を切るのではないと言うこと、正しい息の流れが作られていればその息の流れに乗って自然に、決して力を入れずに舌をリードに触れると言うことを覚えておいてください。そしてタンギングとは舌の力によって、リードにぶつけるものではないと言うことです。むしろリードに触ったら素早く離すと言うイメージの方が正しいのです。タンギングの時に音がしゃくれあがったり、リードミスをしたり、音が堅い感じになったり、詰まって出にくかったりするほとんどの原因がこのことによるものなんですね。タンギングに関してよくある質問に舌のどの部分が触れているのですか?と言うものがあります。これは人によっていろいろです。このことも先月号のアンブシュアでもふれましたが教える人によっていろいろです。舌の長さやマウスピースが口に入ってくる角度などによって違ってくるのです。それよりも重要なことはリードのどの部分に触るかと言うことです。理想的には先端部分に触れることです。リードの中程に触れるタンギングも場合によって使い分けたりしますが、基本は先端部分に軽く触ると言うことです。より小さな動きでリードの振動を止められるからです。舌のどの部分かは自分のやりやすい方法でトライしてください。以上のことをまず頭に入れて練習に入りましょう。効果的な練習方法ですが、タンギングの練習はスラーと必ずセットでするようにしましょう。まずスラーで簡単な音階を吹きます、一息でふける程度の長さでかまいません。そうしたら次に同じことをテヌートでタンギングをして吹きます。その時の音を自分でよく聞いてみてください。スラーで吹いたときとタンギング(まだテヌートです。)で吹いたときの自分のクラリネットの音に差ができてしまってませんか?タンギングしたときの音がスラーの時に比べて悪い音ではないですか、基本はスラーの時もタンギングの時も決してアンブシュアや息の流れを変えてはいけないと言うことを思い出してください。顎がタンギングの時に一緒に動いてしまっていませんか?テヌートがうまくできるようになったら今度は徐々に短く音を切っていく練習に移ります、基本はこの時も同じです。舌が長い間リードに触れているかいないかの違いで息の流れは変えてはいけません。必ずスラーとタンギングを交互に練習しましょう。タンギングは音色を決定する非常に大切なテクニックです。きれいに、はっきりと音が切れるように、そしておしゃべりしているときのように意識しなくても自然に音が切れるようになるまで練習してください。そしてどんな小さな音でも、ロングトーンをするときでも必ずタンギングをしてください。タンギングをしないで音を出すと言うことは管楽器には特殊な場合を除いてはないのだ。と言うことを知っておいてください。意外にこのことを守っていない人が多いのです。必ず音の始まりはタンギングからなのです。タンギングもアンブシャや腹式呼吸とともに大切な基礎です。うまくいかないときはもう一度腹式呼吸やアンブシャをチェックすることも大切なことです。この三つの基礎はそれぞれに関係しあっているので、どれか一つでもできていないとうまくいかないものです。こつはありませんあくまでも練習することでマスターしてください。どの基礎もそうですが、人によってマスターできる時間はまちまちなものです。焦らず音がきれいに切れるまで、あきらめずに練習を続けてください。決してごまかして音を切ると言うことは避けた方が良いです。将来いろいろ難しい曲に遭遇した時に吹けない部分が必ずでてきてしまいます。


クラリネットあれこれメニューワンポイントレッスン目次