メタリックな風景

メタルはこんなホールによく似合う


ここは東北新幹線白石蔵王駅から歩いて5分の所に立っている「ホワイトキューブ」と言うホールです。来てみてびっくり、なんてメタリックなホールなのでしょうか。こんなところでメタルクラリネットだけの演奏会が開けたら、夢のようではないですか。

プログラムまでがメタリックそのものこだわりが伝わってきます。

写真提供は東響のホルン奏者の坂本氏。副会長はうかつにもカメラもメタルクラも持参せず、反省。



反省は発明の母

愛のトリプルケース

と言うことで愛を語る副会長として深く反省をいたしました。よってここにいつでもどこでも隙を作らないため、普通のクラリネットA&B♭とコーンの分解ダブルウォールメタルクラリネット用の「愛のトリプルケース」(case by case 製)を制作いたしました。


戻る