メタリックな風景


メタルは卓球場によく似合う 町でよく見かける風景、とにかく左手でメタルを持つこと により、バランスが取りやすいのです。そしてなんて卓球 場に似合ってしまうのでしょうか。もっと増やそうメタル の輪。(阿佐ヶ谷のバタフライ卓球道場に於いて。。。) おっと危ないカメラマンにピンポンが!


小遊三副部長もご満悦。 この日は欠席していらっしゃいましたが部長はこんぺい師匠です。

おっと卓球台の上にメタルがあるじゃないですか。そうですもうみなさんお分かりですよね、新しい競技方法でした、今年のシドニーでは、種目の一つに加えられましたね。メタルを先に倒した選手が勝ちになる種目です。これでますますメタルの需要も増え我々の協会も大忙し。


もうすでにここバタフライ卓球道場に於いてはメタルクラリネットがシンボルとなっているのです。卓球で疲れた時ふと片隅にあるこのクラリネットを見たとき、「すーっと疲れがとれるよね。」と、部員みんなが口をそろえて語ってくれる。そんなときメタルを持ってて良かったと思えるまさに至福の時が僕の体中を包んでくれるのです。ほんとに良かった。


戻る