This Week's NewArchive of Various Book ReviewsSome of articlesMap of this Homepage

陳楸帆(1981生)「鼠年」(2009)遺伝子改良されたネズミ駆除のため、駆り出された大学生たち。「麗江の魚」(2006)メンタルの療養で訪れた田舎町は過度に観光地化していたが、主人公はそこで不可思議な女性と出会う。「沙嘴の花」(2012)深圳と香港に挟まれ、開発から取り残された小村で身を隠す主人公は、一人の娼婦と知り合う。
夏笳(1984生)「百鬼夜行街」(2010)妖怪だけが棲む長大な街路に、ただ一人だけの人間がいた。「童童の夏」(2014)幼い少女の家に、老いた車椅子の祖父と介護ロボットがやってくる。「龍馬夜行」(2015)龍の頭と馬の胴体を持つ機械の龍馬は、荒れ果てた博物館の中で目覚める。
馬伯庸(1980生)「沈黙都市」(2005)あらゆる言葉が検閲される世界では、許可された言葉以外が使えなくなった。
郝景芳(1984生)「見えない惑星」(2010)恋人が語るカルヴィーノ「見えない都市」のような、さまざまな惑星のありさま。「折りたたみ北京」(2014)8000万人が住む北京は、厳密に階層化された表裏に分かれ、1日ごとに上下反転する。
糖匪「コールガール」(2013)少女は、金持ちの大人に特殊な能力を提供して金銭を得ていた。
程婧波(1983生)「蛍火の墓」(2005)消えた母を追って、少女は〈無重力都市〉の魔術師と出会う。
劉慈欣(1968生)「円」(2014)秦の始皇帝のもとに、一人の学者が天の声を解明する壮大な計算方法を進言する。「神様の介護係」(2005)空を埋め尽くす巨大宇宙船から、創造者だと名乗る老人たちが大量に出現する……。

もっと詳しく(Last Update 2018.02.25 22:43

 1997年開設、2017年で20周年を迎え、SF小説のレビューをメインとするサイトです。一部ファンタジー、ホラー、ミステリ等を含みます。古くからGoogleのディレクトリ(現在は、もうこういう分類はありませんが)にも登録されていた専門サイトです。初めてお読みになる方は、まずSite Mapにて全容を見ていただいた方が良いでしょう。

 何度も来ていただける方は、このページのトップが常に最新のレビューになるため(概ね週刊で更新されます)、そこを起点に「もっと詳しく」とあるリンクをたどってください。各ページの末尾にある「Back to Index」に行けば、月ごとにレビューされた全作品を見ることができます。また、This Week's Newではfacebookで同じ記事を読むことができます。facebookでは、本サイト本サイトの一部(2015/12以降のレビューのみ)が読めるようになっています。簡単に読むのなら、140字の要約版であるtwitterの方が良いかもしれません。

 掲載する最古のレビューは、ネット紀元前の旧「SF宝石」(1979-81)誌、旧「SFアドベンチャー」(1981-92)誌に掲載された、SFチェックリストと呼ばれたブックレビュー群(SF Checklist参照)、週刊読書人他掲載分(Review Archives参照)、最新のものは、現在も続くオンライン・ブックレビュー(This Week's New及びReview Archives参照)です。

 また、ファンジン大賞(2000年)研究部門受賞作、夏をめぐるSFの物語(Infinite Summer参照)や、作家・翻訳家の方々に協力をいただいたファンジン(NOVA Quarterly参照)、各種エッセイ(Articles参照)も、併せてご覧いただくことができます。詳しくはSite Mapでお確かめください。掲題45周年(コンテンツ)に由来するものはprofileに記載されております。

 なお、最新のページでは「文字サイズを14point」、またWindows10/8/7環境では、フォント「メイリオ」をご使用いただくのが最適となっております。Explorer、firefox、Chromeの最新版でチェックしておりますが、旧version(特にIE7以前では、正常に表示しないページがあります)での互換性は十分ではありません。ご容赦いただきたく。

作家及び作品の検索にご利用ください。

WWW を検索 BookReviewOnlineを検索
 本サイトでは、一部にFlash/Javascript等を使用しております。Windowsのセキュリティによりブロックされることもありますが、許可/不許可によらず閲覧することは可能です。また、書籍販売サイトの、旧bk1、Amazonと提携を結んでおり、明示的なロゴ/または書影からリンクが張られております(サイトによってcookieを生成します)。ただし、これらをクリックすることによって、自動的に課金や書籍購入がなされることはありません。評者の考え方はこちら

 なお、本サイトで引用しております各種書影、図版につきましては、特に断りがないものについて、対応する書評/評論に対する批評的引用(著作権法32条)とさせていただいております。これら引用につき、個別に出版社/著作者の許諾を求めてはおりません。出典は、図のサブテキストとして記載している場合があります。また、リンクにつきましても、それがインターネット上でアクセス可能なものである限り、別ウィンドウでの表示とすることで、特に許可を求めずに本文中でリンクしております。本サイトも、上記条件の範囲でリンクフリーとします。