2012/9/2

パオロ・バチガルピ『シップブレイカー』(早川書房)
Ship Breaker,2010(田中一江訳)

Cover Illustration:鈴木康士、Cover Design:岩郷重力+N.S

 数年前、劣悪な環境のもと廃船解体(シップブレイカー)を行うバングラデシュの人々が話題になったことがある。巨大なタンカーを人手のみで解体する作業場は、グーグルの衛星写真で見えるくらい大規模なものだ。バングラデシュに限らず、こういった解体場は各地にあるが、本書の舞台は海面の水位が上昇し、水没したアメリカ南部の海岸地帯である。この世界観は、『ねじまき少女』や『第六ポンプ』と共通する。

 主人公は解体屋の少年だ。かつて豊かだったアメリカは、海進と石油の枯渇で困窮化し貧富の差が極大化している。海岸に住み、無用となったタンカーを解体する彼らの中で、小柄な子供たちは船に残された貴重な金属類を回収するチームに属している。事故、貧困、父親による暴力が日常化し、どこにも希望はない。そんなある日、彼は嵐で座礁した豪華船から一人の少女を救い出す。

 少女は世界的な富豪の娘、支配権を巡る争いから逃れてきたという。その少女を助ける旅の中で、彼の知る世界は大きく広がっていくことになる。期待の作家バチガルピの翻訳第3作目だ。2011年のローカス賞ヤングアダルト部門の他に、全米図書館協会ヤングアダルト部門(YALSA)のマイケル・L・プラッツ賞(6つある賞の1つ)を受賞している。明確にジュヴナイルの設定で書かれたもので、既存の作品に比べると仕上がりはあくまでソフト。一連の作品の一部でもあり、お話が未完のままなのはちょっと食い足りない。バチガルピの場合、人気が上がっているものの単行本がまだ少なく、訳したくても本がない事情もある。

 

2012/9/9

 伊藤計劃が実際に書いたのは、本書のプロローグ部分のみだ。それは死後、2009年7月号の「SFマガジン」に未完のまま掲載された。ここで出てくる“死者の帝国”という言葉は、前年の「ユリイカ」2008年7月号に掲載された、スピルバーグ映画評(『伊藤計劃記録』所収)に現れている。21世紀以降に作られたスピルバーグの映画には、彼岸から我々を支配する“死者の帝国”の存在が見えるのだという。

 19世紀末、大英帝国の医師ワトスンは諜報機関の密命を帯び、第2次アフガン戦争下の中央アジアに派遣される。この世界では、産業革命の担い手は屍者たちである。彼らは死後、無償の労働者/ある種の機械装置として働き、世界を変貌させている。またバベッジの開発した解析機関は、世界を同時通信網で結んでいる。やがてワトスンは、アフガンの奥地にある屍者の帝国の存在を知る。しかしそれは、世界を舞台とする事件の始まりに過ぎなかった。

 出てくるものすべてがフィクションに由来している。いや、もちろん本書は小説だからフィクションなのだが、登場する物/者たちが過去のフィクションをreferしているのである。誰もが指摘するように、冒頭の《シャーロック・ホームズ》、《007シリーズ》や『フランケンシュタイン』はもちろん、スチームパンク社会を鮮やかに描き出したスターリング&ギブスン『ディファレンス・エンジン』(あるいは山田正紀『エイダ』)、『カラマーゾフの兄弟』(高野史緒『カラマーゾフの妹』でも分かる)、キム・ニューマン『ドラキュラ紀元』など、無数の既作品からの引用に満ちている。伊藤計劃がプロローグで提示した暗号を、解くというより小説中の小説として自己言及(self-reference)させたものといえるだろう。つまり、謎をもう一段抽象化した深みへと引きずり込んだのだ。
 本書は3年間をかけて、伊藤計劃の着想を円城塔が長編化したものである。小松左京賞落選の同期で、厳密に言えば友人でもない関係ながら、伊藤の構想を物語の枠組み(制約条件)に置き換え、何度もの中断を経て漸く書き上げられたものだ(円城塔インタビュー)。そうでなければ、円城塔がこれだけエンタメ寄りの話を書く動機がない。その間、伊藤計劃は海外で名を上げ、ベストセラーになるほど人気を得た。円城塔も芥川賞作家になり、広く名を知られるようになった。その変転も本書の中に反映されている。

 

2012/9/16

ウラジーミル・ソローキン『青い脂』(河出書房新社)
Голубое Сало(Goluboe Salo),1999(望月哲男・松下隆志訳)

装丁:木庭貴信(OCTAVE)

 1955年生まれのロシア作家ソローキンが、20世紀の終わり(40代半ば)に書いた、破天荒なファンタジー/SF小説である。スターリン時代を批判した、ある種の並行世界テーマのように見える。その後も、プーチン批判を込めた2027年の独裁国家ものを何冊か書いているので、著者好みの設定なのかもしれない。ただし、現在のソローキンは、むしろ(トルストイ風の)トラディショナルな大作を書く作家として評価されているようだ

 2068年、シベリアの研究所で青い脂を抽出する研究が進んでいる。その脂は量産できず、唯一「作家」からしか採ることができない。その「作家」とは、7体の大文学者生体クローンである。奇怪な外観をした彼らは、トルストイやドストエフスキー、ナボコフなどと呼ばれ、劣化コピーのような小説/詩/戯曲を出力すると同時に、青い脂を生成するのだ。そこをテロリストたちが襲撃し、出来上がったばかりの脂を奪い去る。

 さて、そこまでで物語の4分の1だ。奪われた脂は、不気味な組織の潜む地下へ地下へとを運ばれ、ついに最終目的地、1954年のソビエトに時間転送される。そこは、スターリンが夜な夜な大宴会を催す帝国だ。脂を手にした麻薬中毒者のスターリンは、愛人フルチショフと共に、スイスに作られたヒトラー第3帝国の巨大な別荘へと旅立つ。
 本書全体を貫くのは、驚くべき猥雑さだ。暴力/拷問/強姦/殺人/人肉嗜食/糞尿と、過去の権威、権力に対する強烈な嫌悪が全篇を覆っている。その上、文学クローンと各作家のパロディ、未来の教条主義者たちの儀式、同様のレベルで描かれるスターリン治下の晩餐会、ヒトラーが勝利したもう一つの1954年の描写、スターリンとフルシチョフとの同性愛などという、ちょっと他では味わえない異様な創造物が溢れている。小説としての結構より、まずその文学的暴力の印象が圧倒的だ。

 

2012/9/23

 著者の樺山三英は、2006年に第8回日本SF新人賞を受賞している。6月に出た第3作目となる本書は、「SFマガジン」2008年2月号から2010年12月号まで、ほぼ3〜5ケ月間隔で掲載された連作短篇を収録したものだ。ユートピアを主題として「先行作品の蓄積をつくっていき、その情報と文体を再構成してフィードバックすること」(「SFマガジン」2012年8月号インタビュー)により出来上がったものだという。そのあたりの経緯は、2010年の「SFセミナー」で企画された鼎談でもうかがうことができる。

「一九八四年」(オーウェル):オーウェルがたどり着いたディストピアと、それを形作ったスペイン内戦の光景
愛の新世界」(フーリエ):社会主義者フーリエの著作とはかけ離れて見えるラヴホテルの残酷な顛末
「ガリヴァー旅行記」(スウィフト):カリヴァーと下僕であるヤフーらとの質疑で語られる戯曲風対話
小惑星物語」(シェーアバルト):小遊星パラスに住む異星人たちが打ち立てる巨大な塔の建設物語
無可有郷だより」(モリス):川から始まり、源流に溯っていく6つの手紙から成る物語
「すばらしい新世界」(ハクスリー):質問者と回答者が語る、幻覚剤の見せる世界のありさま
世界最終戦論」(石原莞爾):最前線の塹壕や廃墟、そして日常的に繰り広げられている戦争
収容所群島」(ソルジェニーツィン):東西に分割され、やがて東側=収容諸国家に吸収される世界
「太陽の帝国」(バラード):バラードが見た上海の現実と虚構に、著者の私体験とが交雑していく
「華氏四五一度」(ブラッドベリ):文字が失われようとする2040年から振り返るブラッドベリ
的焚書の意味

 広い意味での“ユートピア/アンチ・ユートピア/ディストピア”小説をベースに書かれた小説集である。寓話や評論のようであり、あまり連作のように感じられない(インタビューでは、「ぼく」「きみ」という人称の問題にこだわった点が共通要素とある)。また、フィクションを題材にしてフィクションを語る形式で、元ネタはあるが、オマージュ/パスティーシュといった原作に従属する内容ではないのだ。作家論に近いもの(オーウェル、バラード、ブラッドベリ)から、原作に忠実な設定(シェーアバルト)、ほぼオリジナルな物語(フーリエ、モリス、石原莞爾)など、1つとして同じ書き方がない。作者にとっても、小説の可能性を試す実験的な意味があった。マイナーな元ネタもあり幻惑されるが、読者は、まずその多彩さを楽しめばよいだろう。

 

2012/9/30

小野不由美『残穢』(新潮社)
小野不由美『鬼談百景』(メディアファクトリー)

装幀:司修、ブックデザイン:祖父江慎+鯉沼恵一(cozfish)

 メディアファクトリーの怪談専門誌「幽」(東雅夫編集)で、2004年7月から2010年8月まで掲載された怪談に、新たに18編を書き下ろして99話にしたものが『鬼談百景』(連載時は「鬼談草紙」)である。その百物語目を、これもノンフィクション風に描いた長編が『残穢』なのだ。著者の作品としては『くらのかみ』以来9年ぶりの書下ろしとなる。

 知人のライターからマンションで起こる怪異を聞かされた著者は、そのマンションが建つ地域の来歴を調べるうちに、さらに過去に起こった事件の存在を知ることになる。バブル期、高度成長期、戦後すぐ、戦前、怪異の系譜は次々と溯っていき、やがてその源流にたどり着くが。

 ファンタジイ《十二国記》やホラー《ゴーストハント》を書く著者が、なぜいま「実話怪談」なのか。まず著者は、霊や怪異を信じているわけではない。そもそも本人は、怪奇現象を体験したことがないのだ。しかし、人が語り/書く「怪談」は、実際に物理的な影響を与えることがある。「言葉」になって世に放たれると、聞いた人の中に棲みついて、怪異を生じるようになる。それが精神的な病を産めば、実在したも同然になるからだ。心を汚染する「死の穢れ」はいわゆる自然現象ではない。人間の意識の中でしか「怪しきもの」は生きられないのである。本書では、そういったメカニズムが明らかにされている。