2013/3/3

アガサ・クリスティー他『厭な物語』(文藝春秋)
Disturbing Fiction,2013(中村妙子他訳)

カバー:石崎健太郎、写真:Hulton Archive/Getty Images

 本書には編者が明記されていないが、編集者による方針はここに詳しく記されているので良く分かる。翻訳作品のマニア向けではないので、作品の知名度に囚われず(名作短編といっても一般には知られていない)、スーパーナチュラルなものも入れない(ホラーにすると読者が限定される)、薄く=安くする(概して高価な翻訳小説が、手軽に手にとれる)ということだ。結末がバッドエンドの厭なミステリ(=イヤミス)が、受け入れられているのも理由になる。“厭”といっても、生理的/文化的な不快感を通り過ぎると、必ずしも厭な読後感とは限らない。

アガサ・クリスティー「崖っぷち」(1927):資産家の男は美貌の女と結婚するが、女には私的な秘密があった
パトリシア・ハイスミス「すっぽん」(1962):厳しい母親に従う少年は、ある日料理用に買われた亀を見つける
モーリス・ルヴェル「フェリシテ」(1914):何も目立つところのない娼婦は、定期的に訪れる客に希望を抱く
ジョー・R.ランズデール「ナイト・オブ・ザ・ホラー・ショウ」(1988):高校生たちが巻き込まれる底なしの暴力
シャーリイ・ジャクスン「くじ」(1948):その村では年に一度だけ一人を選ぶためのくじが引かれる
ウラジーミル・ソローキン「シーズンの始まり」(1992):二人の男の、奇怪な森での狩猟シーズンの始まり
フランツ・カフカ「判決」(1912):友人に出すという手紙の是非を、老いた父に問う息子の心理
リチャード・クリスチャン・マシスン「赤」(1988):一心不乱に、道路に落ちたものを拾う男のありさま
ローレンス・ブロック「言えないわけ」(1998):強姦殺人の犯人と、被害者の兄との間に交わされる手紙の顛末
フラナリー・オコナー「善人はそういない」(1953):迷い込んだ田舎道で、逃亡犯と遭遇する家族の運命
フレドリック・ブラウン「うしろをみるな」(1947):贋札作りの職人だった男は、幻の相棒を見るようになる
 *初出年は著作リスト等からの参考情報

 短編集などで既訳の11編(翻訳も、過去の名訳を採用)、合わせて500枚に満たない。「くじ」や「判決」のような有名な作品、ベストミステリーの常連となる「すっぽん」の他、ランズデールやブロック、ソローキンといった現在の書き手まで幅広く収録されている。ストレートに読めて、結末が不条理な殺人/自死に落ちるというスタイルが共通する特徴だろう。広義のミステリの範疇は外していない。そもそも読者が厭な結末を求めるのは、余裕のない事態に直面したときこそ、人の本質/深みが見えてくるからだ。

 

2013/3/10

日本SF作家クラブ編『日本SF短編50 Vol.I』(早川書房)


カバーデザイン:コードデザインスタジオ

 日本SF作家クラブ創立50周年企画の一環として編まれた、年代順アンソロジイの第1巻目(全5巻)。編者名は明記されていないが、北原尚彦、日下三蔵、星敬、山岸真(+SFマガジン編集長)であったことが序文(瀬名秀明)に記されている。現在の作家クラブのメンバーで見る限り、ほぼベストの陣容といえる。選出にあたっては、1)作家クラブ員または物故時にメンバーである258名から選出、2)各年1作かつ作家名での重複のない50作、以上が条件で、あえて付け加えると、3)結果的に、過去から定評のある名作選になるのはやむを得ない(上掲の『厭な物語』と同様、名作といっても一般読者には知られていないからだ)、といったところなのだろう。

光瀬龍「墓碑銘二〇〇七年」(1963):数々の危険な探検から、たった一人で生還した男に告げられた新任務とは
豊田有恒「退魔戦記」(1964):蒙古襲来の直前、伊予の国の海岸に空飛ぶ船が姿を現す
石原藤夫「ハイウェイ惑星」(1965):縦横に走る道路で覆われた惑星では、そこに特化した生命が生まれていた
石川喬司「魔法つかいの夏」(1966):太平洋戦争末期、昼夜の空襲下で生きる中学生の男女
星新一「鍵」(1967):奇妙な鍵を拾った男は、生涯をかけてその鍵穴を探し続ける
福島正実「過去への電話」(1968):編集者がかけた電話は、かつて知っていた過去とつながっていた
野田昌宏「OH!WHEN THE MARTIANS GO MARCHIN' IN」(1969):視聴率に悩む番組の採った破天荒なアイデア
荒巻義雄「大いなる正午」(1970):高次元世界で〈海〉の侵攻を防ぐ工事を進める超越種族たち
半村良「およね平吉時穴道行」(1971):偶然手に入れた江戸の文献に書かれていた内容と現在との相似
筒井康隆「おれに関する噂」(1972):ある日突然、平凡な主人公の日常がマスコミのニュースとなる

 スタートが63年ながら、ほぼ1960年代の傑作選となっている。最近復刊された筒井康隆選『60年代日本SFベスト集成』(1976)と読み比べてみると分かるのだが、前者がリアルタイムから10年前後だったのに対し、50年を経てより客観的な評価になったと見なせるだろう。ちなみに筒井版日本SFベスト集成は、自身が主催した第14回日本SF大会(1975年のSHINCON)を盛り上げる目的もあった。歴史的意義を周知するという今回の企画意図と、状況はある意味よく似ている。
 本書の冒頭「墓碑銘二〇〇七」で描かれるのは、失われた未来である。半世紀前から見た40年後の未来、有人探査機が遠く木星まで飛ぶ“現在”は、どこにも存在しないが、本書の中では明確なリアリティを持って息づいている。気が付くのは、各短編が妙に細かな薀蓄に満ちていることだ。古文書の確からしさ、惑星進化論、業界の裏事情や、ニーチェ哲学、マスコミ論など、今では省略されてしまうような説明が、物語の始まりにわざわざ置かれている。当時は、読者を現実から異界に導くために、こういう手順も必要だった。今読むと、そこが却って新鮮に感じられる。

 

2013/3/17

チャイナ・ミエヴィル『言語都市』(早川書房)
Embassytown, 2011(内田昌之訳)

カバーイラスト:星野勝之、カバーデザイン:渡邊民人(TYPEFACE)

 このところ毎年新作を書き下ろす著者の、これは2011年に書かれたローカス賞長編部門受賞作である。コミュニケーションをテーマとした宇宙SFで、サミュエル・ディレイニー『バベル17』(1966)や、アーシュラ・ル・グイン『所有せざる人々』(1974)を思わせる雰囲気からスタートする。とはいえ、本書はイアン・ワトスン『エンベディング』(1973)のような、言語そのものをテーマとした小説ではない。言葉を媒介とした世界変容自体に興味の焦点があるので、川又千秋『幻詩狩り』(1984)に近いといえるだろう。

 辺境の惑星アリエカ、そこにはホストと呼ばれる非人類の知的生命が存在し、人々は小規模な都市〈エンバシータウン〉に植民するのみだった。アリエカ人とのコミュニケーションは奇妙な形で行われる。彼らは人類の言葉を解しようとしないが、唯一クローン化された純粋な双子の言葉だけが通じるのだ。双子は植民者から厳選され、何組かの〈大使〉としてホストとの窓口任務に就く。そんなある日、人類の中心地から新しい大使が派遣されてくる。

 主人公は、植民地を出た超空間飛行の技術者。新任大使の着任と同じころに帰国していた。しかし、その〈大使〉が放った麻薬のような発話により、ホストの文明は安定を失い自壊していく。人類社会との間の平和的均衡すら奪われていくのだ。ホストの言語体系では一切の嘘がつけない、(表現法で)直喩があっても隠喩がないという制限がある。その単純さのために、言語崩壊は彼らを酩酊させ、ある種の麻薬依存症を引き起こす。ホストの外観はヒューマノイドと全く異なる。彼らの都市は、生物的な材料で作られた異形のものだ。大使たちは、ホストの二枚の舌に対応するため二人一組で会話する。主人公は、セックスレスの夫とのディス・コミュニケーション問題を抱える。物語は、アリエカ社会の崩壊、事件を誘発させた発話の真相、混乱からの収束まで一気に語りあげられる。ミエヴィル得意のビジュアルな設定により、SFが陥りがちな抽象性を排し、印象を深めたところがポイントだろう。

 

2013/3/24

日本SF作家クラブ編『SF JACK』(角川書店)


装画:田中達之、装丁:國枝達也(角川書店装丁室)

 本書もまた、日本SF作家クラブ創立50周年企画のアンソロジイである。1000枚余りのボリュームだが、全12編とも書下ろし新作なのが特徴だ。日本SF大賞や新人賞を始めとして、何らかの賞を受賞した有力な作家が収められている。

冲方丁「神星伝」:遠い未来、木星圏を支配する神道的な宗教国と、国家思想主義者との戦い
吉川良太郎「黒猫ラ・モールの歴史観と意見」:恐怖政治下の革命後のパリで、犠牲となった少女が見た存在とは
上田早夕里「楽園(パラディスス)」:主人公は、仮想人格として存在する死んだ女友達と接触する
今野敏「チャンナン」:空手の指導者でもある作家は、突然琉球空手が始まった時代にタイムスリップする
山田正紀「別の世界は可能かもしれない。」:識字障害の娘が育てていたマウスには、恐怖心が欠落していた
小林泰三「草食の楽園」:一切の暴力を禁じた隔絶された惑星は、楽園となるはずだったが
瀬名秀明「不死の市」:神話の名前を持ち、時空を放浪する登場人物たちが目指す不死の市
山本弘「リアリストたち」:バーチャルが当たり前で、リアルがおぞましいとされる近未来
新井素子「あの懐かしい蟬の声は」:第六感を持たない主人公が、手術でそれを得たあとに知ること
堀晃「宇宙縫合」:失われた自身の記憶を探り続ける男は、それがある一点に収斂することに気付く
宮部みゆき「さよならの儀式」:古いロボットが廃棄される工場で、窓口を担当する青年と相談に訪れた娘
夢枕獏「陰態の家」:その資産家の豪邸には、妖異を増殖させる何ものかが存在する

 このうち巻頭の冲方丁、巻末の夢枕獏は長編の一部、シリーズものの1編という雰囲気の作品。吉川良太郎、上田早夕里は生命観に対する2つの見方、今野敏はクラシックなアイデアSF、山田正紀は遺伝子をキーとした中編級の力作、瀬名秀明は雄大な叙事詩、小林泰三と山本弘は著者流の皮肉が印象深い。また、新井素子、宮部みゆきは心情を前面に出し、堀晃はもっともSFらしいが、小松左京の長編に対するオマージュ作品でもある。と、各作品とも個性豊かだが、現在という時点で書かれたため、テーマ面で似通ったものや時事的なものもある。読み応えでいけば、山田、瀬名の両作が劈頭で、宮部のいかにも日本的心情も楽しめるだろう。

 

2013/3/31

ミハル・アイヴィス『もうひとつの街』(河出書房新社)
Druhé město, 1993(阿部賢一訳)

装丁:坂川栄治+永井亜矢子(坂川事務所)、装画:伊藤彰剛

 アイヴィスは、1949年プラハ生まれ。先祖は、幻の王国ハザールの血を引くという。本書は、一昨年に出た高野史緒編のアンソロジイ『時間はだれも待ってくれない』で、チェコ語からの翻訳として一部が紹介された作品の完訳である。本日付の毎日新聞書評欄(沼野充義評)でも、「文学が本来持っていた荒々しい想像力の手ごたえを感じさせる」と高評価だ。

 プラハの古本屋で菫色の本を偶然手に取った私は、それが全く見知らぬ文字で書かれていることに気が付く。本の由来を探すべく私は街を彷徨うが、次々と異様な出来事に遭遇する。丘の上に襲い掛かる津波、図書館の奥に広がる荒野、別世界で重要な役割を担うカフェの主人と娘、夜に開催される大学の奇妙な哲学講義、夜間に繰り広げられる祭典、鐘楼の高さから襲い掛かる空中を泳ぐ鮫。

 SF的なアルタネートユニバース(平行世界)かというと、かなりニュアンスが異なる。確かにプラハと重なり合った別の街のお話ではあるが、そこは現実からは隔絶された幻想の世界であるからだ。現世のリアリティとは全く違う。初版が1993年、本書の底本は2005年なので文章も改定されていると思われるが、22章400枚余にわたってほとんど段落を設けず、言葉の1語ごとに凄まじい想像を凝集した力技には感心する。読み通すには、それなりの集中力を要する。しかし、その余裕さえあれば十分に“もう一つのプラハ”を堪能できるはずだ。