● 別館に戻る ● 表紙に戻る


石井久恵 作品集

「怪談の悦楽」(エッセイ 10枚・2000.12月号)TTZ
・怪談本のノウハウを検証。第1回ライター登録・リレーエッセイ作品。

「福を買う」(エッセイ 11枚・2001.1月号TTZ
・正月の福袋商戦を、シニカルな視線で分析 。

「おとなのコックリさん」(エッセイ 11枚・2001.2月号TTZ
・子供の頃の不可思議な体験を、瑞々しい感性で描写。

「言の葉の時代」(エッセイ 11枚・2001.3月号) TTZ
・本格的なIT時代を迎えて、言葉の役割を改めて考察する。

「異界の卒業式」(エッセイ 11枚・2001.4月号)TTZ
・海上自衛隊幹部学校の卒業式という特異なモチーフを扱った意欲作。

「大河ドラマに物思う」(エッセイ 11枚・2001.5月号)TTZ
・大河ドラマの制作現場に取材した経験のある作者が、今年の話題作を論評。

「夢想邪馬台国」(エッセイ 11枚・2001.6月号)TTZ
・「邪馬台国大論争大会」でのカンカンガクガクのやりとりをレポート。

「ミステリー・スポットin 高野山」(エッセイ 13枚・2001.7月号)TTZ
・日本仏教の聖地、高野山での不思議体験旅行記。

「駅弁ノスタルジー」(エッセイ 11枚・2001.8月号)TTZ
・ “食いしん坊”な作者の駅弁グルメエッセイ。

「反論のエチュード」(エッセイ 12枚・2001.9月号)TTZ
・ 海上自衛隊船上パーティのレポートと、安易なマスコミ報道への反論。

「魔法の絨毯」(エッセイ 11枚・2001.10月号)TTZ
・ パキスタン人店主の扱うアフガン産絨毯に、戦争の絵柄が……

「深夜の訪問者」(エッセイ 11枚・2001.11月号)TTZ
・ 深夜のホテルの一室で、突然、ドアをノックする音が響いた!

「女帝の時代」(エッセイ 11枚・2001.12月号)TTZ
・ 現役編集者が、時代小説執筆のノウハウを検証する。

「年賀状心理分析」(エッセイ 11枚・2002.1月号)TTZ
・ 年賀状に愛着を持つ作者が、年賀状の深層心理に鋭く迫る!

「会社内禁煙戦争」(エッセイ 11枚・2002.2月号)TTZ
・ 社内での煙草を巡る騒動を、諧謔味たっぷりにレポートする。

サイト・ツアー「大島編」(エッセイ 12枚・2002.3月号)TTZ
・ 大島の魅力を再発見する観光案内エッセイ。

「鼠のメルヘン」(エッセイ 12枚・2002.4月号)TTZ
・ 鼠の姿で眺めてみれば、人間の身勝手ばかりが目に映る……

「マボロシのG・W」(エッセイ 10枚・2002.5月号)TTZ
・ 人それぞれのゴールデンウイーク、仕事をするのもまた楽し!

「プロとアマのハザマには……」(エッセイ 10枚・2002.6月号)TTZ
・ 作家や漫画家のプロ志望者たちの複雑な心理を、編集者の視点で考察。

「怪談シーズンを前に」(エッセイ 12枚・2002.7月号)TTZ
・ 怪談本の禁断の裏側に、怪談フリークの作者が鋭く迫る!

「愛しのリゾートホテル」(エッセイ 12枚・2002.8月号)TTZ
・リゾートホテルマニアの作者が、リゾートホテル選びの秘訣を伝授する。

「タバコとポーズ」(エッセイ 11枚・2002.9月号)TTZ
・ タバコを吸うときのポーズを観察してみると……

「どこでなにを呑もうか」(エッセイ 11枚・2002.10月号)TTZ
・ 外でお酒が呑めないときは、頭の中でいろんな店をハシゴ酒。

「案内電話の活用法」(エッセイ 11枚・2002.11月号)TTZ
・電話による詐欺商法の手口を、作者の実体験から詳細にレポート。

「ナイス? ちょボラ」 (エッセイ 10枚・2002.12月号)TTZ
・ちょっとした親切と社会常識との間で揺れる心情を、読者に問いかける。

「戦国公園 第1回」(連載小説 36枚・2003.1月号)TTZ
・瀬戸内海の小島に、戦国時代の巨大なテーマパークが出現した!
全11回完結 396枚

「テーマは何ですか?」(エッセイ 11枚・2003.12月号)TTZ
・かくも悩ましき“テーマ”という言葉の正体とは?

「陽に伸びる影・第1回(連載長編ホラー 33枚・2004.1月&2月号)
・カルト教団絡みの暗い過去を持つ少年に、女性ライターが接近するが……
全19回完結 659枚

「私が悪人にならないために」(連作短編 37枚・2005.9月号)
・愛人宅に毎晩のように電話をかける母親の真意は?
・精神の荒廃を描く無法地帯シリーズ第一弾!

「彼女が化粧を落とすとき」(無法地帯2:36枚・2005.10月号)
・彼女はノーメイクなのか、それともすっぴんぽいメイクなのか……

「ヘルパー・ヘルター」(無法地帯3:38枚・2005.11月号)
・今日もまた、お祖母ちゃんとヘルパーさんの熾烈なバトルが始まった……

「スポーツフリークにあらずんば」(無法地帯4:39枚・2005.12月号)
・社内も恋人もスポーツの話題ばかり、孤立したオレは……

「崖っぷちの家」(無法地帯5:35枚・2006.1&2月号)
・あたしは家族のために一生懸命やってるのに、周囲は理解してくれない……

「アブナイ隣人・前編」(無法地帯6:42枚・2006.3月号)
・一軒家を借りた友人の家に遊びに行くと、隣家の老人が訪ねて来て……
「アブナイ隣人・後編」(無法地帯6:42枚・2006.5月号)

「通院のススメ」(無法地帯7:34枚・2006.6月号)
・猛烈な腹痛で受診してみると……、シニカルな実録(?)医療小説。

「ああ、カンチガイ」(無法地帯8:42枚・2006.7月号)
・編集のベテランの私が、どうしてあんな小娘に……

「スケープゴート・前編」(無法地帯9:36枚・2006.8月号)
・出来の良い弟に、両親の期待がすべて集まってしまい……
「アスケープゴート・後編」(無法地帯9:35枚・2006.9月号)

「あなたが幸せになるために」(無法地帯10:30枚・2006.10月)
・結婚は最初が肝腎なんだから……、女友達の強烈なアドバイスが炸裂!

「復讐の教室」(無法地帯11:39枚・2006.11月)
・クラスの問題児の家庭訪問した教師の前に現れた生徒の母親は……

「受刑者」(無法地帯12:35枚・2006.12月)
・マイホームのために懸命に働いた父親の哀しい独白。

「侵入者・前編」(無法地帯13:33枚・2007.1月)
・恋人との幸せな生活に侵入してきた謎の女の正体は?
「侵入者・後編」(無法地帯13:43枚・2007.2月)

「最終闘争」(無法地帯14:36枚・2007.3月)
・断末魔の悲鳴の秘密に気づいたのはオレだけだった……

「酒なくして・前編」(無法地帯15:38枚・2007.4月)
・アルコール依存症のOLの哀しい独白の結末は?
「酒なくして・後編」(無法地帯15:41枚・2007.5月)

「安心して子供を産むために・前編」(無法地帯16:34枚・2007.6月)
・子供を産むことを決意した妻の、孤独な戦いの末に得たものは?
「安心して子供を産むために・後編」(無法地帯16:40枚・2007.7月)

「自負出版のススメ・前編」(無法地帯17:34枚・2007.8月)
・オレの才能を理解してくれる編集者がどこかにいるはずだ!
「自費出版のススメ・後編」(無法地帯17:39枚・2007.9月)

「闇からの声・前編」(無法地帯18:33枚・2007.10月)
・高校生のハツミにだけ聞こえてくる赤ちゃんの異様な夜泣きの正体は?

「闇からの声・後編」(無法地帯18:39枚・2007.11月)

「ひろいもの・前編」(無法地帯19:39枚・2007.12月)
・ひろった携帯電話から聞こえてきた声は甘い女性の声だった……

「ひろいもの・後編」(無法地帯19:38枚・2008.1月)

「ゆるやかな傾斜・上」(短編小説:31枚・2008.2月)
・ひろった携帯電話から聞こえてきた声は甘い女性の声だった……

「ゆるやかな傾斜・中」(短編小説:40枚・2008.3月)
「ゆるやかな傾斜・下」(短編小説:48枚・2008.4月)

「粋な老後」(エッセイ:19枚・2008.5月)
・事務所のマンションの隣人は、80歳近くの現役の芸者さん!

「対決・番組制作会社」(エッセイ:18枚・2008.6月)
・番組制作プロダクションからかかってくる電話のあきれた内容とは?

「どこまでホント?」(エッセイ:21枚・2008.7月)
・奈良で出会った自称「外科医」のさえない男の正体は?

「自分が化ける」(エッセイ:13枚・2008.8月)
・幽体離脱? 作者の超常不思議体験!!

「見えない同伴者」(エッセイ:18枚・2008.9月)
・ホテルの予約にまつわる不思議体験、見えない同伴者とは?

「いつかインコに産まれたら (1) 獣道」(エッセイ:18枚・2008.10月)
・動物好きな作者の華麗なる(?)ペット遍歴!
「いつかインコに産まれたら (2) 食道楽」(17枚・2008.11月)
「いつかインコに産まれたら (3) 奇縁」(17枚・2008.12月)

「大掃除悲話」(エッセイ:12枚・2009.1月)
・年末の大掃除、積み重なった本の行き先は?

「読者からの物体X」(エッセイ:13枚・2009.3月)
・会社に届いた読者からお歳暮は、とてもミステリアス!


*枚数は400字詰原稿用紙換算

● 別館に戻る ● 表紙に戻る