一覧表紙に戻る


「あらしのよるに」
(B5判)

 とうとうここまできたか、このチラシを見てそう思った。「あらしのよるに」に最初に出会ったのは絵本だった。シリーズ全7冊で、累計300万部を突破する大ベストセラー。しかし、いくらなんでも日本を代表する古典芸能である歌舞伎の舞台は場違いだろう、最初はそう思ったが、このチラシのイラストを見て、なんだかイケてるかも、そんな気持にさせてくれた。
 そういえば、歌舞伎の演目に「連獅子」がある。そのバリエーションを使えば、主人公のオオカミも演じられるはずである。それにしても、この舞台を企画した人は勇気があるなあ。
(神九頭 集介)