一覧表紙に戻る


「笑う101歳×2」
(B5判)

 日本初の女性報道写真家、笹本恒子。孤高にして伝説の新聞記者、むのたけじ。ともに101歳になる奇跡のような男と女を追い続けたドキュメンタリー映画。監督・脚本は河邑厚徳。
 101歳の顔のアップに圧倒される。とくにむのさんは、じいさんなのかばあさんなのか判断できないような顔で、物の怪じみている。顔が二人の人生を雄弁に語っているのである。
(神九頭 集介)
追記:先月の「あらしのよるに」は、今年の1月にも紹介していたのを健忘してしまった。言い訳できないひどいミスである。戒めのためにも、そのまま掲載することにした。