一覧表紙に戻る


「高畠那生のなつやすみ展」
(A4判)

「奇想天外でナンセンス、それでいてスタイリッシュな絵本の世界は遊び心であふれています」、裏面の解説文を読んで、その通りだと納得した。
 絵の題材は招き猫とダルマ。縁起物がダブルだが、それを揶揄するように、猫には不気味な笑み、ダルマの頭はリーゼントにして、シニカルな笑いに変換している。一度見たら忘れられない絵だ。まさに、ナンセンスだがスタイリッシュ、「おしゃれ」なのである。
(神九頭 集介)