一覧表紙に戻る


「エフェメラル・エレメンツ」
(A4判)

 ティーファクトリーによるSF演劇。ヒューマノイドロボットがテーマ。感情を持つ人間そっくりのロボットとの共生を覚悟しなければならない近未来の世界。はたしてそれは、人間にとってのユートピアなのか? あるいはディストピアなのか?
 髪の毛がまるで神経組織のように頭部に絡みついている。人工物の配線コードのようにも見える。はたして人間はロボットを演じることができるのか……、そんな逆説的なことを考えてしまった。知的好奇心を刺激するデザインである。(神九頭 集介)