一覧表紙に戻る


「大相撲五月場所」
(A4判)

 栃の心の大関取りが最大の売り物の五月場所。このチラシでも、左側の力士が栃の心。しかし、どう見ても右側の琴奨菊の存在感の方が大きい。肩から二の腕の大きくふくらんだ筋肉は、「ディス・イズ・チカラビト」。片や飛ぶ鳥落とす勢いの大関候補、片や大関を陥落して力の衰えが目立つベテラン力士。意味深な取り組みだが、こと写 真の迫力では文句なく琴奨に軍配が上がる。2016年の1月場所、日本人力士としては59場所ぶりの優勝したときの感激は忘れない……、もう忘れてる? (神九頭 集介)