歴史人物講座  偉人の肖像
西郷隆盛 ペリー対佐久間象山 大山捨松 大山巌

              
白州次郎(しらす じろう)   1902〜1985

                        1
この人は「日本で一番カッコいい男」と、ある書籍のサブタイトルで評されている。

「僕らはあなたに憧れる」というインターネット上の投票では、ダントツの1位になっている。ちなみに、第3位が坂本竜馬だが、彼はその10倍の票を獲得している。( サラリーマンスタイル・ドット・コッム を参照)

 白州次郎は、昭和60年に83歳で没しているが、比較的最近の人である。こんな凄い日本人がいたことを、私が知ったのは、今年の5月に雑誌「サライ」の特集を見てからである。
 
写真を見るとたしかにカッコいい。写真1は49歳の時である。戦後間もない頃なのに、ジーパンとTシャツ姿をしている。アメリカ映画の一場面のようで、何となくジェームス・ディーンを彷彿させる。写真2は、同じく49歳時のスーツ姿で、公式の席ではイギリス流の紳士スタイルを貫いた。
写真3は27歳の結婚式の時のものである。相手は樺島伯爵令嬢正子で、後に古美術や古典文学関係の作家として有名になった「白州正子」である。

  
写真1              写真2              写真3



 兵庫県芦屋の富豪・白州商店の御曹司。イギリス・ケンブリッジ大学を卒業し、イギリス流の紳士道を身につけた。身長180cmのハンサムボーイで、生涯スポーツカーを乗り回した。
 生まれも、育ちも、容姿も申し分ない。しかし、これだけでは「日本で一番カッコいい男」とは言えない。白州次郎が、「カッコいい」真骨頂を発揮したのは、戦後占領下である。

 1945年8月の敗戦から、1951年9月のサンフランシスコ講和会議までの6年間、日本は独立国でなく、他国の占領下にあった。連合国軍総司令部(GHQ)が日本を支配し、最高司令官マッカーサーが、最高権力者だった。
 昭和20年9月29日、新聞の一面に、天皇陛下とマッカーサー司令官の二人が並んだ記念写真が掲載された。正装の天皇に対し、マッカーサーはノーネクタイの略装だった。
この写真は日本国民に衝撃を与えた。政府は直ちに新聞を発禁にしたが、GHQは発禁を解除した。国民のだれもが敗戦を痛感した。そして、支配者が誰であるのかも思い知らされた。
 日本人は自信を失い、GHQの顔色を見て右往左往した。そのような時、白州次郎は吉田茂外務大臣の要請で終戦連絡事務局参与となり、GHQとの交渉にあたった。GHQに対して卑屈な官僚や政治家の中にあって、白州次郎は筋を通し、一歩も退かなかった。GHQは舌を巻き、「従順ならざる唯一の日本人」と、本国に連絡した。
 代表的なエピソードが二つある。
 昭和20年12月のクリスマス。マッカーサー司令長官に白州次郎は天皇陛下からのプレゼントを届けた。部屋のテーブルの上はプレゼントでいっぱいだった。マッカーサーは床のどこかに置いていけというという仕草をした。すると次郎は「いやしくも天皇陛下の贈り物である。床などにおけない」と怒りを爆発させた。驚いたマッカーサーは、急いで新しい机を運ばせた。

 GHQ民政局長ホイットニー将軍が「白州さんの英語は大変立派な英語ですね」とお世辞を言った。そこには、勝者としての奢りが込められていた。これに対して、白州次郎は「あなたももう少し勉強すれば立派な英語になりますよ」と答えたという。

 日本人が歴史上最も自信を喪失し、卑屈になっていた時期、支配者に対し、日本人の気概を示した人物が白州次郎だった。この姿こそ、まさに「カッコいい」と言える。


参考文献
・青柳恵介「風の男 白州次郎」 新潮文庫
・「サライ」 2004.5.6号 小学館


               2    (2004.9.12掲載)   

国立国会図書館の図書検索システムで見ると、白州正子の著書は145冊もある。一方、白州次郎の著書は「プリンシプルのない日本」の一冊きりである。これは、1951年から69年に、週刊誌や新聞に掲載された記事を死後にまとめて出版したものなので、白州次郎が意図して出した本ではない。
 作家である夫人と著書の数を比較してもしょうがないが、激動の昭和史を駆け抜けた人物としては、自身の著書の少なさは残念である。
 ところが、白州次郎が誕生に関わった有名な「作品」がある。日本国憲法である。
 日本国憲法の草案はGHQ(連合国軍総司令部)が作成し、日本政府は、ほぼその通りに翻訳して公布した。その翻訳の中心になったのが白州次郎だった。
昭和20年12月、外務大臣吉田茂(後の首相)に要請されて、白州次郎は「終戦連絡事務局」参与に就任し、GHQとの交渉の窓口となった。
 昭和21年2月13日午前10時、GHQ民政局長ホイットニー准将は、ケイディス大佐、ラウエル中佐、ハッシー中佐を引き連れ、外務大臣官邸を訪れた。吉田茂外務大臣、松本憲法担当大臣、長谷川外務省通訳、白州次郎の4人がこれを迎えた。
 アメリカ側4人は太陽を背にして座り、向かい合いになった日本側4人に顔には日光が当たっていた。太陽を背にしたホイットニー は、「日本が作成した憲法草案は受諾できない。GHQが作成した草案を採用するように」と要求し、15部の憲法草案(英文)コピーを日本側に渡した。そして、アメリカ側は一時退席するから、すぐに文章を検討するように伝えると、庭に出て行った。外務省到着からわずか10分間だった。
 日本の憲法草案をアメリカがつくる。日本側は愕然とした。
 15分後、白州次郎が庭で日光浴をしていたアメリが側を迎えにいくと、ホイットニーは「われわれは戸外に出て、原子力エネルギーの暖を取っているところです」と語った。日光を原子力エネルギーと表現したのだろうが、これは原爆を連想させる。太陽を背にして座ったり、原子力エネルギーという言葉を使ったり、アメリカ側は心理的圧力をかけてきた。
 再び会談が行われた。2月26日には極東委員会が発足し、多くの連合国が日本の占領政策にかかわってくる。それまでに、アメリカ主導で日本の基本方針を決めておかなければならなかった。ホイットニーは強硬だった。

 他の連合国から、天皇を戦犯として取り調べよとの圧力がかかっている。
 マッカーサー(アメリカ)は、天皇を守ろうとしている。この憲法草案が受け入れられれば、天皇は安泰である。
 この憲法案を受け入れるよう「要求」しているわけではないが、日本がやらなければ、アメリカが自分で行うつもりだ。
 
午前11時10分。ホイットニーらは、外務大臣官邸を後にした。たった、1時間10分の会談で、日本政府は大騒ぎになった。まさに、ペリー来航後の日本と同様だった。
3月2日、日本政府の意見がまとまらないうちに、白州次郎は翻訳者とともにホイットニーに呼び出された。そこで、GHQ内の一室において、一晩で憲法草案の全文を日本語に翻訳するよう要求された。結局、翻訳には3日かかったが、白州次郎らは一睡もせずこの大仕事を成し遂げた。
 天皇の地位は、英文の草案では 「シンボル オブ ステーツ」になっていた。外務省の翻訳官が「シンボル」をどうするか白州に聞いた。「井上の英和辞典」を引いたらどうかと白州が言うので、翻訳官の小畑薫良がみると「象徴」とあったあった。日本国憲法第1条の「天皇は日本国の象徴であり…」という日本訳は、このようにして決まったという。
 日本国憲法は、国会を従来と同じく二院制にした以外は、ほぼGHQの草案通りになった。日本語訳は、専門の法律学者の手を経ることなく、白州次郎と外務省翻訳官らがGHQ内にカンヅメになってつくったものである。「従順ならざる唯一の日本人」と称された白州次郎も、憲法に関してはGHQの強硬姿勢に従わざるをえなかった。
 翻訳後、白州次郎は憔悴しきっていたが、弱音を吐かなかった。それでも、英語の寝言で「シャット アップ(黙れ)」「ゲット アウト(外へ出ろ)」と怒りを示していたのを正子夫人は聞いたという。
 3月5日、政府は閣議でGHQ草案を受諾する方針を決定した。
5月、吉田茂は内閣総理大臣に就任した。それまで兼任していた「終戦連絡事務局」総裁の座を白州次郎に譲ろうとしたが、白州は「僕は政治家じゃないんだ」と要請を断り、事務局を辞め政治の場を退いた。

日本国憲法日本語訳を白州次郎の「作品」とするのは、あまりにも皮肉的である。余計なことは書かない。

「葬式無用 戒名不用」の簡潔な2行が、白州次郎の真骨頂だろう。

              
 3    (2004.10.10掲載)

 白州次郎唯一の著書となる『プリンシプルのない日本』を読んでみた。
 「…いつも書いていることは何か怒ってばかりいる様なことが多いので、知らない人はほんとうに朝から晩まで怒っていると思われると迷惑するから…」
 と言い訳しているように、白州次郎はあらゆることに怒っている。ただ、他人を批判するだけでなく、自分の意見もはっきり述べている。
 その中でも、最も注目したいのは憲法改正に関してである。
日本が独立して2年後の昭和28年に次のように書いている。

 
憲法を改正するということ自体は私は賛成である。現在の新憲法は占領中米国側から「下しおかれた」もので、憲法なんてものは、国民のもり上った意志でつくるべき本質のものだと思う。占領もすんで独立を回復した今日、ほんとの国民の総意による新憲法が出来るのが当然ではないかと思う。.
 長く大事に持っているものは人に貰ったものよい自分自身の苦心の結晶に限る。今でも憲法は「どうせアメリカさんの貰いものだ」なんていう様な言葉をよく聞くが、聞くたびにほんとに我々がつくった我々の憲法がほしいものだと思う

(昭和28年「文藝春秋」記事  『プリンシプルのない日本』メディア総合研究所より)

 白州次郎は憲法改正を熱望している。強制されたとはいえ、日本国憲法誕生に直接携わった人物の言葉だけに、重みがあると思う。特に、「我々がつくった我々の憲法がほしい」ということは、現憲法は日本人がつくったものでないことを明確に示している。
 私(筆者)も憲法改正に賛成である。憲法の内容は、第9条論争を除いて満足できるものだと思う。しかし、誕生のいきさつからすれば、独立国家として再制定すべきである。内容を議論していては時間がかかってしまう。そこで、わずか3日間で日本語訳したという文章のを見直し、表現を若干修正して第1回目の憲法改正を行う。形式的とはいえ、「我々のつくった憲法」とした上で、内容を見直した改正を行っていくという手順がいいのではないかと思う。

               4    (2004.12.12掲載)
 中学生時代からの友人である作家・今日出海は、白州次郎のことを「育ちのいい野蛮人」と呼んだ。
 兵庫県芦屋の貿易商、大富豪の御曹司で、ケンブリッジ大学へ留学。イギリスの貴族たちと親交をむすび、本場の紳士道を身につける。夫人は樺山伯爵家の令嬢。
 まさに「育ちのいい」の典型と言える。しかし、癇癪持ちで乱暴者、旧制中学時代から外国製スポーツカーを乗り回す自称「不良」だった。
 
 口癖は「バカヤロー」。親しい人にはぬくもりのある「バカヤロー」を投げかけたが、権力を笠に着て理不尽をはたらく者には容赦ない怒りをこめた「バカヤロー」を発した。

 親交のあった吉田茂がイギリス大使だったとき、商用でロンドンを訪れる白州次郎は大使館を宿にしていた。二人は地下室でよくビリヤードをやったが、「このバカヤロー」「コンチキショウ」の罵声が飛び交っていたという。大使館員は喧嘩しているのではと心配したが、親子ほど年の違うこの二人はウマが合い仲が良かった。後に、外務大臣、総理大臣として戦後処理にあたった吉田茂が、GHQとの交渉役に政治家や役人でない白州次郎を抜擢したのは、信頼の厚さを物語っている。
 なお、吉田首相は、昭和28年の衆議院予算委員会で社会党の西村栄一議員の無礼な質問に「バカヤロー」と怒鳴り、衆議院を解散させてしまった。(有名なバカヤロー解散)
ウマが合い、性格が似ていたと言われる二人だが、口癖も同じだった。
 
 戦後処理が一段落すると、白州次郎は政治の場からさっと身を引き、東北電力会長、大沢商会会長、大洋漁業や読売テレビ社外役員などを歴任した。老年期に入ると「軽井沢ゴルフ倶楽部」理事長となった。イギリス時代からゴルフに親しんでいた白州次郎は、英国風のゴルフ場を築き上げるために情熱をそそいだ。この頃の数々のエピソードが、青柳恵介「風の男 白州次郎」に紹介されている。

・車の後部座席のドアを開け、運転手にスパイクの紐を結ばせている人物を見た白州次郎は、「てめえは手がねえのか」と怒鳴りつけた。

・総理大臣が親任のアメリカ大使とゴルフをしたいが何とかならないかと言ってきたとき、「日曜はビジターお断りだ」と例外を認めなかった。

・会員の総理大臣が護衛や新聞記者を引き連れてきたとき、会員以外は立ち入りを許さないと連れを拒否した。

・台風後、必死にコースの整備をしているとき、代議士がやってきて再開させろとゴネた。白州次郎は「とぼけたことを言っていると、今度の選挙では落選するぞ」と追い返した。
(次の選挙で本当に落選してしまった)

 どのエピソードにも「バカヤロー」の怒鳴り声が聞こえてくるようだ。マナーの悪い客には誰かまわず雷を落とした。しかし、マナーを守る客には礼儀正しく、一生懸命働く者には優しかった。
 白州次郎死後、青柳氏が取材のため軽井沢ゴルフ倶楽部を訪れ、キャディさんたちに思い出話を聞いたところ、「本当に優しい方だった」と涙ぐんでいたという。

              
 5   (2005.1.1.掲載)

 白州次郎はイギリス流の「カントリー・ジェントルマン」だった。イギリス貴族は地方に膨大な領地と財産を持っていた。そして、「地方に住み、中央の政治に目を光らせている。遠くから眺めているので、渦中にいる政治家には見えないことがよくわかる。そして、いざ鎌倉というときは、中央へ出て行って、政治家の姿勢を正す」存在だったという。
 白州次郎は吉田茂の懐刀として終戦処理した後、中央政界から身を引き「カントリー・ジェントルマン」に戻った。その後、目を光らせていた内容が唯一の著書『プリンシプルのない日本』に収録されている。その中から、現在でも大きな問題になっている件を引用する。

血税濫費の「御接待」
「会計検査院が役所に出張して会計を監査する時には、何らかの形の「御接待」が必要なりと常識の様になっていると聞く。「御接待」も豪遊の類ではなさそうだから、このこと自体は大したことではないかも知れぬが、私が一番不愉快に思うのは国民の税金でやっている役所が、これ又国民の税金でやっている役所を、国民の税金を使って「御接待」するとは、何事だということだ。…事は小さいがこれ程国民をナメていることがあるだろうか」  1953(昭和28)年 「文藝春秋」6月号

*後に「官々接待」として問題になった。


借り物「男女同権」
「…ついでに皇位継承も、男に限らず女でも好いという処までいっても、少なくとも私は反対しない」1953(昭和28)年 「文藝春秋」7月号

*現在、女子天皇容論争が脚光を浴びてきた。

保安隊
「保安隊の法律的殊に憲法上の種々の疑義も勿論はっきりして貰い度い。しかしながら目下政府は保安隊を増強するという。保安隊が好きだとか嫌いだとか、違憲だとか合法的だとかいうことより、問題は目の前にある。即ち政府のいう保安隊の増強は、もっと金が要る…」 1954(昭和29)年 「文藝春秋」1月号

*この年の6月、保安隊が自衛隊にかわった。

プリンシプルのない日本
「プリンシプルとは何と訳したらよいか知らない。原則とでもいうのか。…西洋人とつき合うには、すべての言動にプリンシプルがはっきりしていることは絶対に必要である。日本も明治維新前までの武士階級等は、総ての言動は本能的にプリンシプルによらなければならないという教育を徹底的にたたき込まれたものらしい」
1969(昭和44)年 「諸君」9月号


 プリンシプルがあるということは、日本語でいう「筋を通す」に近い。白州次郎が、「日本一かっこいい男」と言われる所以は、生涯筋を通し続けたからであろう。
 「葬式無用 戒名不用」という簡単な遺言を残し、何の未練ももたず風のように消えていった。