header.jpg (3303 バイト)

HIVの感染経路


HIVはどのようにして人に感染するのか、学習していくことにしましょう。

まず、HIVはHIV感染者の血液、精液、膣分泌液、唾液、母乳、尿、涙等の体液に含まれています。このうち、唾液や尿に含まれているHIVは微量で、それらによって感染に至ることはないようです。

まず、HIVの感染経路は、大きくわけて下にあげた3つがあります。

  1. 性行為感染
  2. 母子感染
  3. 血液を媒介する感染

それではそれぞれについて、詳しく見てみることにしましょう。

  1. 性行為感染

     現在、世界で最も多い感染の原因が、性行為(つまりセックス)に依るものとなっています。また、日本においても、新しく報告されるHIV感染者の感染理由のトップをしめています。(あとで感染原因別にまとめたグラフを見ていただきます)もちろん、HIV感染者と性行為を行うことによってHIVは感染していきます。これは、HIV感染者の精液(男性の場合)・膣分泌液(女性の場合)・血液の中にHIVが高い濃度で含まれているからです。
     HIV感染者であるパートナーと性行為を行った場合、精液・膣分泌液・血液中に含まれるHIVが粘膜をとおって血液中に入り込み、HIVに感染する可能性があります。また、性器に傷がある場合は、HIVが傷口を通じて血管の中に入るチャンスが大きくなるため、感染の可能性は大きくなります。
     性行為によるHIV感染の可能性は、0.1〜1%といわれています。(これだけ幅が広いと、ほんまかいな、という気もしますが)ただ、これはHIV感染者との性行為100回または1000回に1回、HIVに感染する可能性があるととらえるのは良いことだとは思えません。感染する機会はいつ現れるかわからないからです。
     HIV感染以外にも、性行為は病原体を媒介させる可能性である行為であることもしておく必要があるでしょう。(私の専門外なので詳しい説明は省略します)
  2. 母子感染

     HIVに感染している母親が妊娠・出産した場合、産まれてくる子供がHIVに感染する(している)可能性があります。30%〜40%の確率で感染することがあるといわれています。この母子感染は主に3つのルートにわけられます。

    胎内感染:子宮内で赤ちゃんにHIVが感染する可能性があります。このルートによる感染は防ぐことが難しいようです。
    産道感染:赤ちゃんが産まれてくる際、産道の出血を赤ちゃんがかぶることによってHIVに感染する可能性があります。このルートについては、帝王切開をおkなうことでかなり回避することができるようです。
    母乳感染:HIVに感染している母親の母乳には、HIVが含まれています。これを赤ちゃんがのむことによってHIVに感染する可能性があります。これは粉ミルクを与えることで回避することができます。

    とはいえ、医療が満足に受けられない・人工栄養が普及していない国や地域では、産道感染・母乳感染を防ぐことができないのが現状です。
  3. 血液媒介感染

     血液を媒介としてHIVに感染する可能性があります。

    ・麻薬常習者間の感染:HIVに感染している麻薬使用者が使った注射器を使って麻薬を注射した場合、針や注射器中についていたHIV感染者の血液が血管にはいることによってHIVに感染する可能性があります。

    その他の血液媒介感染:血液を媒介に感染するのであれば、輸血による感染の可能性はないのか、といった心配があります。各種のパンフレットには「心配ない」と記されています。また、献血で集められた血液は、HIVの抗体検査に必ずかけられており、HIV感染している血液は破棄されているので、ほぼ「心配ない」のは事実だと思います。しかし、平成10年5月26日の、厚生省エイズ動向委員会の報告には、以下のような文面がありました。

    輸血が原因と疑われるHIV感染例について


    1.本日開催のエイズ動向委員会に、推定される感染の原因が国内の輸血と記載されたエイズ症例が1例報告された。当該症例は平成2年に新鮮凍結血漿5バッグの投与を受けていることが判明している。
    2.新鮮凍結血漿のロット番号は判明したが、献血者の記録は既に廃棄されていた。同じ血液から製造された赤血球製剤等の使用状況については調査中である。
    3.HIV抗体検査導入後の国内の輸血による感染が推定される原因と記載され、エイズ動向委員会に報告された症例は本例を含めて4例であるが、輸血が原因と確認された症例は1例である。

    この事実について、どのように判断されるかは、お読みになる方次第だと思います。しかしながら、この現状が、輸血による治療を否定するものでは決してないと思います。


    以上の感染経路の割合は、大まかには以下のようになっています。 


      

学習の目次へ次の学習


Back to the top | About the author | E-mail

内容を転載希望の方はご連絡下さい。
If you want to use articles on my Web pages, please let me know by E-mail first.
Copyright ©
Hiroyuki Uchida 1999 (1996-1999)