イギリス留学「ボランティアホリデー」参加する前に心に置いて欲しいこと

責任をもった「ボランティア」であることです。

ユニークなイギリス留学プログラム「ボランティアホリデー」に参加する皆さんへ、知っておいてほしいことを以下に記します。

イギリスでのボランティアホリデーに参加する際に、コミュニケーション手段である英語は必要不可欠のものです。このプログラムに参加する為には参加の時点、(より正確にはボランティアマネージャーとの面接の時点)において、自分の意志を言い表せるだけの能力が必要です。派遣先ではクライアント(介護対象者)が緊急に貴方の助けを求めることが想定されます。充分に英語の準備をしてもしすぎることはありません。通常のイギリス留学プログラムと大きく違う点がここです。

そのため、文化教育交流会(CEC)は参加者ができる限り短期で効率よく英語能力を向上し、プログラムに参加可能なレベルに達すしてもらうための協力をしています。目標を持って本気で取り組んで下さい。

参加者はイギリスでのCSVボランティアとして参加した派遣先の中で、多くの役割を果たすことになります。ボランティアは新しい空気をたずさえた、新鮮な考えを持つ新参者でありイギリスでの派遣先において必要とされる特別な援助者であり、若者の少ない派遣先での若者であり、また派遣先の専門家ではなく、あくまでも普通の援助者であると言うことです。他人のために活動できる純粋な気持ちと高い動機を持つ事が必要です。

イギリスの派遣先では、既存の活動内容を維持・発展し、それをもっと楽しく興味深いものにする事になるでしょう。派遣先ではボランティアが手を貸してあげる人々の事について考えなくてはいけません。つまりその環境に馴染み、人々に共感することにより活動も楽しめるという事なのです。

イギリスでの日本人ボランティアは、誰もが多かれ少なかれ言葉と文化の壁を感じることでしょう。しかし、心を開きどんなことにでも意欲的に挑戦していって下さい。

好奇心と対話が参加者のイギリス留学生活を何倍にも有意義なものとしてくれるでしょう。また、ボランティア期間中参加者は自分が“日本人”であることを強く意識するはずです。それは、参加者の言動や性格がそのまま“日本人”の代表としてとらえられるからです。後に続く日本人ボランティアのためにも、周囲の人々との関係、そして貴方自身の言動に責任を持って行動して下さい。