CSVプログラムの特徴 

活動期間中のサポート体制が整っていることがこのプログラムの大きな特徴です。

それはこのプログラムを英国で最大規模のチャリティ団体CSVが主催しているからです。また、文化教育交流会としての現地でのサービス体制もますます充実してきました。

プロジェクトスーパーバイザー

それぞれの派遣先(Project)で活動するボランティアの為にその場で実践的なアドバイスや指示を行う方々です。施設の場合はそこのディレクターやマネージャー等がその任にあたります。在宅介護が派遣先の場合には地域のソーシャルワーカーや看護婦等がプロジェクトスーパーバイザーとなります。定期的にボランティアとミーティングを開き、活動中の問題点やそれぞれのもつ意味、考えなどを話し合い活動を正しく理解して進めていく手助けを行います。プロジェクトスーパーバイザーはCSVの職員ではありませんがボランティアが活動期間中いちばん接触を多く持つ人です。

CSVボランティアマネージャー

日本に来日して参加者を面接します。面接後イギリス国内で派遣先の選定を行います。英国60カ所のCSVオフィスでマネージャーがこのプログラムの運営を行っています。参加者は派遣先(Project)でどのように適応していけばよいか相談することができます。また派遣先(Project)に関する事以外にでも相談やアドバイスを受ける事ができます。
ボランティアマネージャーは派遣先とボランティアの間に入り活動をスムーズに行えるようなミーティングを持ちます。スーパーバイザーレベルで解決できない問題はこれらボランティアマネージャーがその解決にあたります。