ビザ情報



中央アジア全般に言える事だが、各国のビザ発給は流動的である。
それゆえ割高にはなるが、できる限り日本で準備して行った方が
時間の節約になるのは間違いない。情報は2000年9月現在。  


                カザフスタン

私は日本の旅行代理店(STIC)にインビテーションを取り、日本で取得した。
というのも、以前中国で取得しようとして失敗したため、安全策で日本で
取得する事にしたのだ。もし時間に余裕がない旅行なら、カザフスタンビザ
だけでも日本で取っておくべき。中国のカザフスタン大使館にはあまりやる気
は感じられず、中国で取れる保証はない。中国のウルムチで取れるという
情報があるが、中国の果てまで行ってカザフビザを取れなかったという
悲惨な人も私は知っている。
STICのホームページは tuneino@msn.com(2000年現在)
電話番号 03−5251−0488  FAX 03−5521−2389


               ウズベキスタン



カザフスタン同様、STICでインビテーションを手配してもらい、ビザは
カザフスタンのアルマトイで取得した。インビテーションを持って、有名な
現地旅行社ACS(「地球の歩き方」「旅行人ノート」参照)に行けば翌日には
発給してくれる。外国人登録もしてくれるので便利(ただこれも1日かかる)。
土日はビザ発給、外国人登録もできない。
時間に余裕がある人は、何も持たずACS社に行くのもいい。
ただビザ発給まで1週間かかるので、時間に余裕がない人は
インビテーションだけでも日本で手配した方が賢明。
できればビザも日本で取得した方がいいと思う。  


                キルギス

中央アジアの中でも比較的簡単に取れる。アルマトイの大使館で、
その場で ビザスタンプを押してくれ、「はい30ドル!」という感じらしい。
外国人登録が 済んでなければビザはくれないと聞いていたが、
無くてもビザはくれるようだ。外国人登録前に大使館に行く事も可能。                      


              トルクメニスタン



私が行った時期は、なぜか独立記念関係の式典をやる予定だったらしく、
ウズベキスタンのタシケントではトランジットビザを発給してくれなかったらしい。
(おかげで、タシケントから先に進めない日本人旅行者がいっぱいいたとか)
「旅行人ノート」ではタシケントで取れると書いてあるが、こういった事も 
中央アジアでは十分ありうるので、カザフスタンのアルマトイで取る事を
オススメする。最近できたばかりなので、「地球の歩き方」には書いてないが、
「アバイ大通り」と「アウエゾフ通り」交差点の建物(おそらくテレビ局だった)
の1階にある。住所はアバイ通り76番地、電話番号509604。
トロリーバスで、「アバヤアウエゾバ」と言えば、そこで降ろしてくれる。
47ドルという話だったが、なぜか61ドルも取られた。即日発給。    


                   グルジア

アゼルバイジャンのバクーであっさりもらえると聞いていたのだが、なぜか
インビテーションがないと観光ビザを出してくれなかった。そのため、次国の
トルコまでのバスチケットを確保してトランジットビザを取ることにした。
現在の状況は分からないが、観光ビザの発給はアゼルバイジャンでは
難しいのではないか?トランジットビザが15ドル。


                 トップページに戻る