ブハラ  


         「青のサマルカンド」ならばここは「土のブハラ」。
         タイムスリップしたような街の雰囲気は抜群。  
     
              <ホテル>

         サマルカンドに比べ、そこそこ充実している。

ムビンジョン・・・ シーズンオフだったせいか、私以外誰もいなかった。オーナーの
          息子は英語ができる。人気の民宿らしいが、部屋には窓もなく
          窮屈な感じがした。夏場はものすごく暑くなるのではないか。
          風呂はオーナー達と共同なのでキレイだったが、私が行った時
          お湯が出なくて不便だった。しかし冷蔵庫が使えるのがGOOD。
          10ドルとこの街では安いが、そこまで良い環境ではないと思う。

              <食事>

  ガイドブック通り、食べる所は少ない。大体「ラビハウズ」で食べる事になると
  思うが、この場所は雰囲気抜群。ものすごく落ちつける所なので、出会った 
  旅人達とチャイや酒で乾杯するのが楽しい。ただ、メニューも少なくボルことも
  多いので、最初に料金交渉をした方が良い。後は観光名所の近くに屋台など
  がある。ただ屋台は少ないので、済ませられる時にさっさと食べた方が賢明。

            <インターネット>

  「地球の歩き方」に書いてある「ラビハウズ」そばのインフォメーションセンター
  しかない。安いと書いてあるが、10分1ドルとものすごく高かった。私が利用した
  時のお兄さんはものすごくケチで、絶対まけてくれない。接続もすぐ切れるので、
  本当に利用する用事がなければ、利用価値はない。ただ、この先の旅では 
  しばらくインターネットは使えないので、ブハラで友達にお別れを書いておくのが
  いいのかもしれない。  
                               
            <観光スポット>

  見所は多く、サマルカンドよりも狭い範囲に固まっているので、旅行者には 
  ありがたい街である。歩いているだけでも、古い街の雰囲気を味わえて楽しい。
  旅行者も少ないので、素晴らしいモスクを一人占めできることも多い。   
  ラビハウズも良い雰囲気なので、長居したくなる街である。それと「アルク城」は
  普通に観光してもつまらないので、ぜひ上からの景色を味わって欲しい。 

             <交通>

  バスターミナルからは離れているので、バスを利用すると分かりづらい。
  とりあえず「ラビハウズ」を目指すのが良い。観光スポットは歩いて回れる
  距離なので、じっくりブハラの渋い町並みを味わいながら歩いて欲しい。


                 トップページに戻る