上海   中国地図


       最初に訪れた時、ここまで中国が都会だった事に驚いてしまった。
       夜まで町は賑やかだし、ビルが立ち並ぶその風景は、今までの
       私の中国観を一変させてしまった。その大都会、上海を紹介しよう。

                 <ホテル>

      上海の宿は、中国の中でも一番に近いくらい高い。都会ゆえの物価高。
      ドミトリーも数少なく、シングルでも2000円は越えてしまう。安く済ます
      なら浦江飯店のドミトリーに行くしかない。

   浦江飯店・・・上海の宿と言ったらここになるのかな?上海ではドミトリー宿は
           少ないから(というか、ここしか知らない)、お金を節約したいなら
           ここのドミトリーを目指そう。ただ日本からのフェリー到着場の
           すぐ近くなので、木曜・日曜日には部屋が埋まる可能性がある。
           そのためこの曜日に上海に到着するなら、他の選択肢も考えて
           おく方が良い。部屋はとても綺麗でロビーには電話もあるし、
           国際テレホンカードも売っている。ホテル前には名物「ドル両替
           おばちゃん」がいるので(今はいるのかな?)、警察に見つから
           ないよう両替をするのも良い。レートは銀行より断然いいので
           オススメです。日本語も少し話せる陽気なおばちゃん。
           この宿は観光客で賑やかな黄浦江という川がそばにあって、
           そばをブラブラ歩くのも楽しい。

   東亜飯店・・・上海の中心、「人民公園」のすぐそば、そして目の前はメイン通り
           「南京東路」が通るという最高の立地場所にある。ドミトリー以外の
           宿泊を考えているなら、安さからいってここが一番良いと思う。
           シングルが200元くらいと上海では安い部類に入る。冷蔵庫も
           付いてるし、部屋の設備もなかなか(冷蔵庫がない部屋もある)。
           何より宿の前の賑やかさが良い。上海で一番の繁華街なだけ
           あって、夜まで華やかだ。食事だけでなく、買い物を夜遅くまで
           楽しめる事ができる。「上海らしさ」を味わうには最高の立地。


                      <食事>

     上海では、あまり「地球の歩き方」を使わず、適当な所に入ってご飯を
     食べていた。大都会ゆえ、それなりの所に入るとお金が掛かってしまう
     ので、路地裏の小さな食堂などを活用した方が安上がり。「南京東路」
     あたりのレストランは高そうなので、一本裏通りの食堂でご飯を済ませよう。
     上海であっても、安い屋台街は多いので活用度大。あと、「地球の歩き方」
     にも書かれてある、「豫園」の「上海のショーロンポーと言えばここ」と
     書かれてある「南翔饅頭店」は本当に美味しい。しかも安いので、よえんに
     行ったら店内は混んでて入れないので、お持ち帰りコーナーに並んで買おう。

     上海で飲むビールといえば「青島ビール」。他にもキリン「一番絞り」
     「サントリービール」といった日本製ビールも多い。

     南京東路にはスーパーもあるので、ここでジュースを買って冷蔵庫で
     冷やして飲んだり、次の目的地への移動の食料買い込みをするのにも
     利用できる。茶葉などもあるので一度くらい覗いてみては?

                    <観光スポット>

     上海は町を歩いているだけでも楽しい。町は中国の都会っ子でいっぱいだ。
     「南京東路」は田舎の中国人達にとっても、観光スポットらしく多くの中国人
     が写真を撮っている。この通りは何でも揃っているので、ここをメインに
     上海観光を楽しもう。デパートなんかは昔の日本のような賑わいで、フラフラ
     するだけでもいい。
     歩いて面白い所は、黄浦江付近。対面には、テレビ塔など未来的な風景
     が広がっていて、夜の夜景を見るために大勢の人でにぎわっている。
     「豫園」自体はあまり面白くないが、その付近に中国っぽい建物などが
     あって雰囲気を楽しめるところだ。<食事>でも書いたショーロンポーを
     食べにぜひ「よえん」に行ってみよう。
     個人的に行ってみたかったのが「上海雑技団」。場所は伊勢丹を少し越えた
     でっかい建物の中にある。チケット売り場は少し分かりにくいので、そこらに
     いる人に聞けばいい。ただ問題なのが、当日のチケットはなかなか取れない
     ということ。私は2回上海に行ったが、そのどちらも当日チケットは買えな
     かった。時間にゆとりのある人以外、なるべく早目にチケットを買いに行こう。
     チケットは朝から売っている。開始時間は19:00頃である。

     上海はそこまで観光でドタバタせず、のんびりと町を歩き、中華料理を食べ
     楽しんだ方がいいのではないかな?
                  <インターネット>

      インターネットカフェはあるらしいが、どこにあるかは不明。都会だから
      どこかに存在するとは思うが、あまり話には聞かなかった。他の日本人
      から聞くなりして自分で探して欲しい。

                  <電話・郵便>

       国際電話は簡単にできる。南京東路には、10メートルおきに電話が
       備えつけられているから、電話をしたいならこの通りに来よう。だが
       いつも電話する人で混んでいる。国際電話専用テレホンカードは、
       そこら辺の売店で売っているので取得も簡単。郵便は大都会だけに
       何の心配もなく日本に届くはず。
                    <交通>

     上海はかなり広いので、できれば安い市バスを使いこなしたい。どこに
     行くか分かりにくいので、かなり使いにくいとは思うけれど。地下鉄もあり、
     もしその線上に目的地があるなら活用できるが、2本しかないのでそれ
     ほど使う機会はないでしょう。2人以上いるなら、タクシーが一番使える。
     初乗りは上海だと6元くらいだったかな?観光に使う範囲なら、10〜15
     元くらいで済むはず。これくらいなら、2人であっても痛くない安さ。しかも
     きちんと目的地に着くし、中国ではタクシーが便利だという事を覚えておいて
     欲しい。物価で考えても、日本より断然お徳な移動手段だ。