ヒヴァ  


      とにかく街の雰囲気は素晴らしい。博物館のような街と言われる
      のにも納得がいく。ウズベキスタンの旅で、便は良くないが、
      (交通の不便さは、日記や下の交通の欄を参照)      
      このヒヴァも絶対外さないで立ち寄って欲しい所だ。  
      
                  <ホテル>

      少ない!高い!ホテルは「アルカンチ」と「ヒヴァ」しかない。

 アルカンチ・・・ ほとんどの旅行者がここに泊ることになる。25ドルとものすごく 
           高いが、3食付いてくるので(しかも朝チェックアウトしてもその晩
           までの食事は食べさせてくれる寛容さ)、レストラン探しに苦労する
           事はない。ドミトリーだが施設は充実しているので、お金があれば
           ここで長居するのも良いのだろう。街は静かだが、このホテルは
           賑やかなので、寂しがり屋にはもってこいの所かもしれない。

                  <食事>

  ホテル・アルカンチで取ることになる。料理はけっこう豪華でうまい。食べ放題
  (と言ってもそこまでメニューもない)、ワインも飲めるのでマトモな料理と 
  離れていた私は満足だった。ただ25ドルはやっぱり高い・・・。     

               <インターネット・電話・郵便>

  マトモにできる所はないと思われるので、ここに来るまでの町で済ませた方が
  よい。この先のトルクメニスタンも不便。                      

                  <観光スポット>

  城壁の中にある街は2時間もあれば、全部見られる狭さ。そのこじんまりとした
  雰囲気が物凄くかっこいい。粘土で作られたような街をぶらりと見るだけでも
  楽しいが、夕暮れ時の街色の変化も情緒深くてジーンと来る。まだ観光慣れ
  していない人々の生活を垣間見れるのも面白い。                

                  <交通>

  まずはヒヴァに近い(バスで20分)大きな街の「ウルゲンチ」に向かうことになる。
  ガイドブックには「ブハラ」から「ウルゲンチ」にバスで行ける事になっているが、
  2000年9月現在でその1日1本の定期バスはなくなった。「旅行人」で   
  ヒッチハイクできると簡単に書いてあるが、暑い中でいつ来るか分からない 
  バスを待つ事は無謀。出費を覚悟で、ミニバスをチャーターするしかない。  
  人数がいればその分安くなるので、仲間を見つけて行くのがベスト。    
  ただそれくらいの苦労をしてまでもヒヴァに行く価値はある。             


                  トップページに戻る