8月17〜18日(日)

支出 1ルピー=2.6円(空港にて両替)

*食事などは2人なので割安 ^−^

Restroom       25ルピー
コーラ          30ルピー
トイレ          5ルピー
朝食(空港)     138ルピー(オムレツ、紅茶)
タクシー        250ルピー(2人)=125ルピー
ホテル(ANOOP)  400ルピー(ツインルーム)÷2=200ルピー

昼食(ゴールデンカフェ)109÷2=54.5
               (ヤキソバ、ラムandチップス、ラッシー)
チャイ          3ルピー
コーラ         10ルピー
ジャージ       150ルピー
サンダル       100ルピー

夕食(メトロポリス) 340÷2=170ルピー
             (チキンカレー、マトン&ココナツカレー、ビール)
ライター         10ルピー
コーラ(ペットボトル) 20ルピー

合計 840.5ルピー (約 2705円)


 
また出発の日がやってきた。今年の夏はインドである。
3年前に行った場所だけど、以前はタイに続く海外2カ国目だったため、
前とは違った景色に映るのではないか。そんな期待に胸躍らせ、会社生活
から離れられる9日間だ。

夕方発だったため、夜中の2時に到着。リタイアリングルーム(休憩宿)の
ベッドで寝ようとしたが、出発者のみの利用らしく、仕方なくウェイティング
ルーム(25ルピー)の床に寝袋を敷いて寝ることにした。モスクワ空港以来の
空港宿泊。背中が痛い・・。
2〜3時間ほど寝て行動を開始。まずは朝食を済まし、鉄道チケットの入手だ。
本当は早く街へ行きたかったけど今日は日曜日、旅行代理店が開いているか
分からないため、空港の予約オフィスで取るのが得策と考えた。
手配するインド人は2人だけどPCは一つ。。手際の悪さ(人は良かったけど)
&たくさんのロシア人のおかげでかなり入手するのに時間が掛かったけど、
無事に全工程のチケットをゲット!
こうしてる間にも色んな怪しい人間が声をかけてくる。さすがインド!
この怪しさがインドらしい。懐かしいねぇ。

空港を出たのが午前9時過ぎ。とても長い時間空港にいたけど、ようやく
脱出。ニューデリーの中心メインバザールへ向かった。そのメインバザール、
全然変わっていない。空港→メインバザールへの道は綺麗だったけど、
(さすが首都ゆえに)一歩タクシーから出ると「むあ〜」っとクサイ匂いが
漂ってくる。これこれ!と懐かしさを感じ、嬉しくなってくる(別にクサイのが
好きなわけではない)。ホテルへ向かう途中の人の多さ、匂い、砂埃、
牛など、北インドらしさ(偏見交じり)を堪能した。

ホテルANOOPはそこそこキレイだけど水シャワー。エアコン付きだから
まぁいいか。その後すぐに昼食がてら観光へ出かける。メインバザールは
タイでいうカオサン通りであり、ニューデリー駅前ゆえ立地的にかなり
便利である。数多くの宿、店、人、牛、ハエなどなど、ものすごく賑やかで
やかましい。それゆえ一人旅だと、その盛り上がりに安心してしまう。
私は賑やかな街が好きだ。

出かけた先はコンノートプレイス。イギリス人が作ったというこの繁華街は
ショッピングエリアではあったけど、日曜で店が閉まっていたということも
あり、とても静かだった。メインバザールの盛り上がりとは対照的。
それでも歩いてるだけで、何人もの人間が声をかけてきて物売りや
あやしい勧誘にくる。時おりうっとおしい。中には単に話しかけるだけの
男もいるのだけど、皆が何かたくらんでいるように見えてしまう。実際に
ニューデリーは油断ならない都市だから。日本→デリーに直接来ると
かなり騙されることが多いようだ。不安感をあおるダマシ術は相当長けて
いる。現地人と話をしながらも、あまり気を緩められないのが少し残念だ。

ニューデリーは今の時期、暑さでは日本とあまり変わらない。と言っても、
ずっと外にいるからかなりバテる。そんな時のコーラは最高で、何本も飲んで
しまった。残念なのは暑すぎて温かいチャイを快適に飲めないこと。もっと
うまかったはずだけど、汗が吹き出てきちゃうよ。夜はインドでは珍しい
ビールを飲んでしまった。インド人たちはビールを飲まないため(宗教上の
理由など)高いレストランでしか飲めないのだ。

夜も賑やかなメインバザール。ただ、ふと思ったのは、学生の頃の旅行と
社会人の旅行はやはり違う。前の時はもっと旅行ができたのに、今回は
非常に窮屈だ。心に余裕があまりない。同じ期間の旅行であっても、忙しい
社会生活に染まった人間と学生では心の持ちようが違うらしい。
残念だけどしょうがないことだね。説明するのは難しいけど、もう旅行に
対する姿勢が違うのでしょう。
そして学生の時と違ってあまり値切るのもやめてしまった。安くはもちろん
させるけど、一生懸命やりすぎると疲れるからね。
あと2〜3日もすればもっと開放された気分になれるのかな?