9月3日(月)

支出 1ペソ=2.4円

朝食      85ペソ(2人)
動物園     6ペソ
昼食     123ペソ(2人)
鉄道      12ペソ
マッサージ  500ペソ
ジプニー    4ペソ×2回
タクシー    200ペソ(2人)
出国税     100ペソ
トライシクル   60ペソ(2人)
ホテル    1120ペソ(2人)
パン        9ペソ(2人)
菓子・ビール  66ペソ(2人)
夕食      268ペソ(2人)

合計 1596ペソ (3829円)


 
本日は朝9時に起床。チェックアウトを済ませ、朝からマニラ動物園へ
出かけた。今日もマニラは曇り空。昨日も少し雨が降ったし、この3日間
天気には恵まれていない。しかしなぜかマニラは灰色が似合う。別に灰色の
町だとは言わないけど、私のイメージとして曇っている方がピンとくるのだ。
マニラの動物園はガイドブックに書かれているよりはけっこう賑やかであった。
広さはなく動物の数も少ないけどほのぼのと盛り上がっている。6ペソ(15円)
の安さなら文句のない施設だと思う。それなりに楽しめた。
そしてその後近くのフルーツマーケットへ向かったが、これは想像よりしょぼ
かった。アジア風マーケットですごく密集し、中は迷路のように混み混みして
いる。ちなみに魚・肉ゾーンはけっこう臭い(別に腐っているわけではない)。
あまり見るべき食べるべきものもなかったので、マッサージ屋さんに行って
荷物を取りに宿に戻った。

そしてとうとう空港へ向かう時が来た!リゾートシティ・セブへ出発である。
その前にマックよりも人気のある「Jollibee」というファーストフード店で
腹ごしらえ。本当にこのJollibeeは人気があってマニラの至る所で見ること
ができるのだ。味はそこそこだったけどね。
空港へ向かったのはよかったけど、マニラは国内・国外線と別々で、ジプニー
という公共ミニバスが自分たちと意図しない所へ行ってしまった。2転3転と
行き来してやっとのこと空港でチェックインできた。ふ〜よかったよかった。
マニラ空港(フィリピン航空専用ターミナル2)は本当にキレイで快適。
飛行機もキレイでけっこうフィリピン航空気に入りました。夕方出発した
飛行機は1時間程度でセブへ到着し、暗闇の中トライシクルで予約した
バヒアリゾートホテルへ。マクタン島は思ったよりすごく田舎で、ホテルの
周囲には何もない!スキューバ客がマクタン島にはいっぱいいるのだから
屋台がたくさんあると思っていたのに観光客はどこで遊んでいるのだろう?
近くにはスーパーしかないのでしょうがなくサンミゲルビールを買って夕食を
宿で取ることにした。しかしこのバヒアホテルの食事はホテルにしては安く
すごく美味しいのだ。雰囲気も南国でプールもあって、楽しい夕食タイムを
過ごすことができました。明日からもここで食べようかな。
ホテルの部屋は小さな小屋みたいで清潔。しかもエアコン付きの快適部屋。
ホテルはプールがあるくらい敷地が広く、値段の割にすごくお得なホテルです
(ホテル代2人で2600円)。あまりお客はいないけど気に入ったね。
でもシャワーのお湯が出ないぞ・・。
食堂の天井には南国のせいか(?)ヤモリがいっぱいいて、自然の中にいる
と感じさせてくれます。
今日は夜に到着して拝めなかった美しいセブの海を早くみたいものだね。