首都プノンペンに到着。
土の道路がほとんどで砂埃が多く、発展途上国という
雰囲気をひしひしと感じます。少し前の内戦で疲労した
街から徐々に復活しつつあるようです。



整備された道もあればガタガタの道も。
見所はそれほど多くないですが、活気があり観光地としても
十分楽しめるような気がします。昼間の治安は良いですが
夜間の出歩きはまだ危ない不安定な町。そんな未発展な
場所に惹かれてか、日本人観光客も多く見られます。



カンボジア北部の田舎町、シェムリアップ。
ここに来る理由はただ一つ、アンコールワットです。