最初の到着地は東の玄関カルカッタ(コルカタ)です。
その時は記録的な大雨に見舞われました。

初日はとても汚らしいシングルルーム



インドの駅は、想像通りの混雑と汚らしさでした。



インドのバラナシはヒンドゥー教徒にとっての聖地。
ガンジス川に対する崇高は観光客にとっても印象深いものです。
日本人バックパッカーにとっても聖地と言われています。




ヒンドゥー教徒の沐浴(お祈り)は朝早くから行われます。
朝日と人々と建物の風景はインドの別の側面を見せてくれます。




バラナシの路地はまるで迷路。
夜、迷ってしまうととてもやばそうな雰囲気があります。




インドの首都デリー。首相官邸や国会議事堂付近は
とても街が整備されています。やはり国を代表する
都市としての落ち着きが見られますね。




首都ニューデリーの市街地も他と同じく人で一杯。
都市で人を避けることは諦めなければなりません。


アムリットサルはターバンで有名なシーク教徒の総本山。
お金持ちで有名なシーク教徒らしく黄金寺院は美しい。



インドの電車も狭くてごちゃごちゃしています。
こんな風に見えてもそこそこ上級のクラスに乗っています。
地元民が乗る車両は時にものすごく汚いですよ。

インドといえばここでしょう。アグラのタージマハル!



インドの田舎は緑でいっぱい。
彼らは普段、何をして生活をしているのだろう・・



ヒンドゥー教では牛は神様。堂々と街をたむろしています。



ほぼ毎日カレーを食べていました。確かに飽きるけど、美味しいよ。