北 海 道 東 北 編
【北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島】


山形県 -米沢市-
雅山流(月華)「裏」
袋取り純米大吟醸無濾過
生詰

         
新藤酒造
酒質は黄色く、果実の華やかな吟醸香をふりそそぎ、なめらから口あたりは素晴らしい。「裏」雅山流シリーズの最高峰にふさわしい。ようやく頂けました。さらなる、高精米度の「裏」シリーズが出たらどうなるんだろう?!冷やしすぎないでね!



山形県 -天童市-

一路(純米大吟醸)
   (本生)
    「チャンピオン ・ サケ 」
出羽桜酒造
 2008年9月3日 Londonで開催された世界最大規模のワインコンテストのSAKE部門で最優秀賞の1銘柄にのみ与えられる 2代目となる「チャンピオン ・ サケ 」 を受賞。当然です。14年前から一路は知ってましたが。当時から美味しかったで・す・よ!! 純米大吟醸になって世界を制しました。



山形県 -米沢市-

雅山流(影の伝説5)
「金賞受賞酒」

新藤酒造
雅山流再登場。影の伝説は、雅山流・極月・如月ベースに醸した大吟醸で、「平成19年発表」(08.05/10)発表された【全国清酒鑑評会】で金賞受賞したもろみそのものです。こんなお酒飲めるなんて幸せです。



山形県 -米沢市-

雅山流(極月)

新藤酒造
雅山流の中の最高峰のお酒です。出品酒と同様の手法により上槽された袋取り純米大吟醸ですので、美味しくない訳が有りません。一度は頂きたい逸品ですね。



秋田県 -仙北町-

出羽鶴(袋吊り雫)

秋田清酒(株)
山田錦の純米吟醸を袋に入れ滴り落ちる雫のみを集めた逸品。大変贅沢なお酒です。アルコール度は高めですが、そのおかげで、マイルドで上品な味わいのお酒となっています。



山形県 -村山市-

黒縄(大吟醸)

高木酒造
 十四代で有名な高木酒造が醸している”黒縄”。山形県で入手しました(県内限定だそうです)。メロンが熟したような完熟の香りで、大変円やかな味です。大吟醸でこれだけ腰のあるお酒も貴重です。



山形県 -天童市-

雪漫々

出羽桜酒造
"開封直ぐにメロンような香り。とても円やで上品な甘み。さすがに年月の重みが感じさせられます。とはいっても、開封して直ぐ頂くよりも、冷やしすぎない、空気と少し触れてさせてやった方がこのお酒の本領が発揮されますね。高いお酒なので、記念日や頑張った時のご褒美として飲む酒ですね。 "



秋田県 -大館市-

長木川(大吟原酒)

北鹿
 二種類目の長木川ですが、今回もGood!でした。大吟醸での原酒のためか、香り高くコクも持ち合わせたバランスの良好なお酒です。



山形県 -東田川郡-

白露垂珠(吊雫原酒)

竹の露
 この”白露垂珠”は前年造りで、瓶詰めは最近までタンクに寝かせていたお酒です。寝かせていたためとても円やかで原酒であるためコクもあり、美味しい仕上がりでした。でも、基本的に”白露垂珠”の銘柄はパホーマンスが高い良いお酒です。



山形県 -東田川郡-

くどき上手(40%精米
純米大吟醸)

亀の井酒造
 昭和58年、夏場の酒として登場した、くどき上手。又、酵母も小川101号を使うなど、こだわりの蔵元で醸された銘酒です。吟醸香も高く、マイルドで飲み応えがあるのが良いですね。そういえば、このくどき上手(純米吟醸)には2種類(ラベルが同一)あって、精米度50%(1.8l)とは別物なので注意!!



秋田県 -本荘市-

雪の茅舎
(三石小仕込み)

斉藤酒造
 三石(300s)小仕込みの超贅沢なお酒です。味も、香りも、お値段も一級品。ちょくちょく飲めるようなお酒ではありませんが、たまにはいいのでは無いでしょうか?



山形県 -東置賜郡-

亀粋(純米大吟醸)

米鶴酒造
 亀粋(きっすい)で作られたお酒。亀粋とは亀の尾の変異種です。昭和62年、稲刈り直前の亀の尾田園を眺めていたたら、背の高い穂がありその穂を育て、生まれたのが今回の亀粋(亀の尾でも際だって優れているという意味で、命名されたいる)です。純米らしからぬ淡麗でいながら、上品で豊かな味わいです。



秋田県 -仙北郡-

滄溟海(そうめいかい)

刈穂酒造
 江戸時代末期嘉永3年に建てられた刈穂酒造の仕込み蔵”滄溟海蔵”から命名されました。また、大吟醸古酒(熟成酒)を毎年「出羽の雫」販売会がきき酒をして、限定本数に詰め、「滄溟海」として発売しているとのことです。



山形県 -天童市-

一路(純米吟醸)
   (本生・火入れ)

出羽桜酒造
 一路は出羽桜の原点だそうです。裏ラベルにはこのような蔵人からのメッセージが書かれていました。
「一切の妥協を排し、只ひたすらこの路を歩き続ける思いを込めて」



山形県 -鶴岡市-

古酒屋のひとりよがり(純米大吟醸)
(本生・火入れ)
富士酒造
 鶴岡市大山地方は昔、灘と並び賞された有名な酒どころだそうです。そんな有名な事も知らずに頂いていました。”ひとりよがり”なんてネーミングですけど、とんでもありません。純米大吟醸とは思えないコクがあって、まろやな飲みごたあえのあるお酒です。



秋田県 -大館市-

長木川(純大吟原酒)
      
北鹿
 昭和19年に2蔵が合併して発足した蔵元とのこと。 濃厚な味でしたが、まろやかで口に含んだ時の香りも高く飲み終えたときの余韻が良いですね。



前に戻る