関 東 編
【茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨】


東京都 -東村山市-

屋守 純米おりがらみ 生原酒


豊島屋酒造



群馬県 -前橋市-

純米吟醸無濾過「直汲み」

柳澤酒造
少し濁っている黄色い生酒。(無濾過ですもんね) 生酒らしい、力強いけど、吟醸香は穏やかでした。気泡が有ってピリピリ感はありましたが、円やかな口あたり。これも、なっからすげー!



栃木県 -佐野市-

開華 みがき竹皮

第一酒造
瓶を竹皮に包んで遮光しているそうだが・・・インパクトは・・・目立ちますね。原酒だけどひつこくなく、まろやかでふくよかな旨口原酒だけどピリッと辛口でもある。吟醸香もほんのり香る。お燗が特にお薦め! 



栃木県 -佐野市-

開華 立春朝しぼり
生原酒


第一酒造
 2月4日立春に搾られる、めでたいお酒です。日本名門酒会が企画しており、今年は39蔵元で搾られた模様。開華の酒質の方は、吟醸香漂いフレッシュのせいでしょう甘酸っぱいけど純米生原酒らしいこってりしていました。是非39蔵元の”立春朝しぼり”を飲んでみた〜い。



群馬県 -前橋市-

結人
(むすびと)

柳澤酒造
 純米吟醸の無濾過「五百万石」中取り生酒です。無濾過の生酒らしい力強く香り華やかで芳醇な仕上がり。この価格帯で群馬もやるじゃないですか。何気なく買ったのに旨いのは嬉しいね。



群馬県 -山田郡-

赤城山
(ふねくち)

近藤酒造
 酒槽(ふね)から流れ出る搾りたてのお酒が「ふねくち」です。アルコール度高め(18以上19未満)。今まで発売されてた「ふなぐち」の代替品のようですね。以前は精米歩合が55%でした。1月〜3月位までの期間限定です。



 茨城県 -石岡市-

太平海「無加圧」
         
府中酒造
3度目の正直でお薦め酒となりました。蔵元出荷360本限定酒。無加圧であらばしりの部分のみを斗瓶集めたお酒だそうです。本醸造ですが吟香漂う味わえるお酒です。



茨城県 -石岡市-

吟醸酒
(しぼりたて生吟)

府中酒造
 幻の酒米「渡舟」吟醸です。濾過前の本生、薫り高く、吟醸とは思えないほど濃い口で、おりが入っていて、良好です。まじこが飲酒した中で一番安い「渡舟」です。(大歓迎)



群馬県 -山田郡-

赤城山
(ふなぐち)

近藤酒造
 群馬県で人気の赤城山ですが、”ふなぐち”3度目購入で昇格いたしました。価格が手頃ですが季節酒ですので、いつでも購入できませんのでご注意を!!(2月頃が旬です)



茨城県 -石岡市-

純米吟醸酒
(無濾過前五十五)

府中酒造
 幻の酒米「渡舟」55%精白した純米吟醸です。今では府中酒造さんでしか飲めない酒米でしょう。マイルドな口当たり、すがすがしい香り、バランスが良です。



栃木県 -宇都宮市-

純米吟醸酒
         
小林杢三郎商店
 勉強不足でした。栃木県でも好いお酒有りました。フルーティ、アルコール度高め(17.2)香り、こくのバランス良し。この値段でこのお味はとてもgoodです。



栃木県 -小山市-

純米吟醸酒
         
小林酒造
 小林酒造の出荷数量はまだまだ少ないですが、お味の方はなかなかがんばってて良いですね。栃木県でも優良なお酒が有ることを実感しました。今後が楽しみな蔵元の一つです。



群馬県 -館林市-

尾瀬の雪どけ

龍神酒造
 関東地方でも美味しいお酒は存在するのです。季節限定のひやおろしで無加水、無濾過なスペック。あっさり味なのに、まろやかな飲み口で香りもあるお酒でした。ただし、全ての”尾瀬の雪どけ”がこの味わいでないところが残念です。酒どころでは、どの同一銘柄のどのランクを頂いても大きな差は無いのですが(旨さにおいて!!)関東のお酒は同一銘柄でも多いに差があり、その点が残念です。



 茨城県 -石岡市-

太平海「四十日もろみ」

府中酒造
 府中酒造のお酒は非常に良いお酒が多いです。関東でも頑張っている酒蔵ではないでしょうか。これからも頑張って欲しいです。このお酒の特徴は、「もろみ」の温度をできる限り下げて、四十日間におよぶ低温発酵で醸したお酒です。若干、濃いめですので冬場の方が良いと思います。



前に戻る